« 消臭作業は力任せ | トップページ | しっこハウス症候群 »

2007年9月 3日 (月)

バイオでワンション

 よろよろしながら出社してきております。さすがにまる1週間現場が続いたから、足にキてるなぁ。今日は会議と火事現場の確認、明日は所沢で裁判になっちゃってる猫屋敷の修繕下見。ああ、箱根のホテルの調査日程決めないと。報告書も溜まってる……。

 そうそう『犬しっこ』だ……。車のシートにワンちゃんが粗相しちゃって……。

「やられてすぐ掃除」=これは当然洗剤か何かで拭いたのでしょうね。これは当然のことで問題ありません。
「ファブリーズ」=これも問題ありません。ただ、全く効果がないってのがおかしいですねぇ。使う量や場所を間違えていない限り、それなりに効果はでます。相当クサいスニーカーだって、びしょびしょになるまで吹きかけたらニオイ消えましたから。
 一度。シートの表面が湿る程度ではなく、中まで浸みるほど吹きかけてみてください。表面から数ミリくらいオシッコが浸みている疑いがあります。
「光が当たると消臭してくれる消臭剤」=これは光触媒のスプレーか何かでしょうか? これは効きません。シートの表面に光触媒コートを施しても、シートそのものは脱臭できません。

 さて。何でニオイが取れないかって考えますと……。ところで、車のシートって“座席”ですよね。外側にかぶせるヤツじゃなくて。
 やはり布地だけではなく、中のクッション材にオシッコが浸みて残っている疑いが濃厚です。丸洗いできないのならこのような方法を試してください。
�@シートを車から取り外して、汚れた部分を良く陽に当てる。
 →熱してニオイを飛ばしてしまう方法です。
�Aバイオ系洗剤を使用して、浸みたオシッコ成分を分解させる。
 当社の製品ですと『バイオC』または『GB610』です。ただバイオCは独特のニオイがありますので、今度はそっちが気になっちゃう恐れがあります。
 それにバイオ剤には酵素製品と生菌製品がありまして、だいたいが酵素製品。生菌の製品はあまり販売されていませんが、こんな製品もあります。ただし生菌の製品は、常時湿気がある場所じゃないとうまく働きませんので、この場合は酵素製品の方が良いと思います。


●ペットと快適に暮らす

« 消臭作業は力任せ | トップページ | しっこハウス症候群 »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731640

この記事へのトラックバック一覧です: バイオでワンション:

« 消臭作業は力任せ | トップページ | しっこハウス症候群 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック