« ストレージが重要だ | トップページ | 死角い吸いか »

2007年10月18日 (木)

参内する

 どーやら風邪をひいたらしいです。『声が変で顔が赤いと』言われまして、そう言えばちょっと体調が優れなくて文章も優れていない。言われないと気が付かないあたりがナニですが、とりあえず昼にメガ牛丼GiGAZINE)食べてパワー補充に努めてみましょうか。食えるかな? スタ丼食えるから大丈夫か。でも体に悪そうな気がするぞ、ラーメン二郎の方が野菜入ってるからまだマシか……。
 こーゆうのを、『甲乙付けがたい』じゃなくて『丙丁付けがたい』って言うんだな。

 え?、それで。またこの『貼り紙が多い裁判所』でございまして、この猫執行案件なかなか進行しません。

 出廷を求められた人は、ここで名前書きます。

 朝廷じゃなくて……。

 考えてみたら、東京地裁に行った時もこんな感じだったな。設備はかなりマシだったけど。そう言えば地裁のネタ、まだ書いてなかったな。

 そうそう。16日のコメ欄に質問をいただきまして。

人のニオイを判定してほしいという依頼もありましたか?
そういうことがあるとしたら、
どのように対策をとられるんですか?

 
 とのことですが。はい。毎年数件『体臭・口臭』について調べて欲しいとか、番組内で実験してくれって依頼はあります。でもほとんどの場合お、断りいたします。
 『ほとんど』ってコトは一部受けてしまうってコトを含んでいるのですが、お台場にある某テレビ局の依頼だと断りにくいんだな。

 それはどうでも良いのですが、何で原則お断りなのかって言いますと。何せ、臭気判定士ってのは環境省の管轄でして、人体は厚生労働省の所管ですから手が出せません……。
 ってのはウソですが。保健医療に関することは知識やデータがないので、人体にかかわるニオイは臭気判定士には評価が不可能です。
 国家試験でも人間の嗅覚に関する問題は出てきますが、人体が出すニオイに関しましては全く触れられておりません。

 『臭気判定士』でググりますと、手相で適職を占った結果とかと一緒によく引っかかるのが。お姉さんのワキの下を嗅いで「Good!」ってニッコリ評価するオバサンのことが出てきますが。アレはキッパリ臭気判定士ではありません。
 ワキの下のニオイをサンプリングバッグに採って……、どうやって採るのか判りませんが。それを持ち込んできて「臭気指数を出してほしい」って依頼はお受けできます。でも『ワキの下嗅いで』ってのは臭気判定士だって嫌です
 実際、この体臭なんかに関する問い合わせは「もう結構!」ってくらい多いようで、私のところに来た相談は『におい・かおり環境協会』経由でどっかのクリニックの先生に回すことが多いのですが。最近連絡が取れないことが多くなったようです。きっと逃げてるんだな。

« ストレージが重要だ | トップページ | 死角い吸いか »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731685

この記事へのトラックバック一覧です: 参内する:

« ストレージが重要だ | トップページ | 死角い吸いか »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック