« 粉砕せよ | トップページ | 臭気判定九州巡業(初日) »

2007年10月28日 (日)

撃ち砕け!

 昨日の記事ですが。あんまり長文になってしまったモノで、途中で削除した部分があったもので若干変な文になりました。『騒音と言えば……』ってあたり。

 で、消した部分を今日書く。忘れてないんだからたいしたものだ。ひろぽんさんが、『少し前までは音がうるさくて、という文句を見かけたものですが』と書いていらっしゃいました。それが何でか? ってコトを書こうとしたんだな。
 
 ご存じのように、“ディスポーザー”はアメリカからやって来た機械でございます。メリケン人の考え方ってのは、当然日本とはま??????ったく違うモノでございまして。いろいろあるけど、たとえば下水処理。
 日本の下水処理は、なるべくニオイ(ガス)が出ないようにして微生物を働かせて水を浄化していきます。建物も密閉して、あちこち蓋して。
 ところがアメリカ式下水処理になりますと、ニオイ(ガス)をガンガン放出する方式だったりします。
 汚水槽の水面あたりに微生物リッチな水の槽を作ってそいつらがもの凄い勢いで汚水を分解して硫化水素なんかのガスとして大気に発散して行くシステムになってるらしい。そんな豪快なシステムだから負荷にムチャクチャ強いって話しを聞きました。

 あ、で騒音。アメリカ製ディスポーザーをモーターだけ100Vに換えて日本のシンクに取り付けると、そりゃうるさくなります。何でか。
 実はこれが太平洋戦争中の日米戦車戦と同じ現象なんだな。実はアメリカの台所シンクはステンレスの厚さが違う。さらに『鋳鉄製シンク』なんてとんでもない代物もあったりする。もちろん南部鉄瓶みたいなのじゃなくて、ホーロー加工されてます。
 そんな頑丈なシンクだから97式の57ミリ砲じゃ歯が立たなかったのですな。きっとカップ焼きそばのお湯を捨てても“ベコン”と音が出ないに違いありません。
 日本のステンレスシンクなんて押せば凹む薄さですから、ディスポーザーをつり下げるのが精一杯で、振動を吸収するなんてとても不可能。共振して騒音を大きくするだけだったかも。
 国産になって軽量化されたから共振しなくなったんだな。あるいは支持架台作っただけとか。

 また長くなった。それで……。ニオイの取り除き方だ。いろいろ調べてみましたけど、やはり破砕部へのこびりつきが一番の原因でしょうね。水跳ね防止のゴムフラップ裏側が汚れるってのもありますけど、それは普通に掃除すりゃ良いことだ。
 あ、そう言えば注意書きに『熱湯流すな』ってあったけど、パスタや蕎麦の茹で湯は流せないのか。ディスポユーザーのヒトはどうやってパスタ上げてるんだろ? まあどうでも良いけど。
 破砕部のこびりつきを取り除くために、皆さんいろいろ苦労なさってます。氷入れて破砕とか、それも酢水の氷とか。そんなモノいちいち作るってのが凄いです。
 私が考えた掃除法ってのをここで発表、『考えた』って言うか『思いつき』何せディスポ付いてないから実験のしようがない。
 
 �@水を流さずコンニャクをむしり入れて破砕
 �A流す
 �Bその後緑茶の出しガラを破砕
 �C流す


 これでこびり付いた脂分なんかがこそげ落とされて、ニオイも取れるはず。言っておきますが実験はしてません。ディスポが故障することはないと思いますけど保証はできません。大規模マンションで全世帯が一斉に破砕コンニャクを流した場合の負荷がどうなるのかってのも検証してません。でも誰か試してみて。

 調べてたら、こんな掲示板みたいなものが出て来たのですが……。書き込んでいる皆様、社会人で良いお歳の方がほとんどだと思うのですが……、何かどっかの掲示板と変わりないような気がします。何でネット上だとこうもムキになるんでしょ?

 次回は『単体ディスポーザー付けちゃったけど、これからどーしたら良いの!?』ってのを考えてみようかと思います。(調べてるけどムリかも知れない)

« 粉砕せよ | トップページ | 臭気判定九州巡業(初日) »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

師匠こんにゃく、緑茶攻撃は良さそうですねえ、実験のチャンスはなかろうか……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731695

この記事へのトラックバック一覧です: 撃ち砕け!:

« 粉砕せよ | トップページ | 臭気判定九州巡業(初日) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック