« バイオスフィア | トップページ | 地に還す »

2007年11月18日 (日)

今度は理事かい

?前回まで?

 建ってより現在まで『仲良しクラブ』的自治会で、それなりに上手いこと管理運営されてきた私の所のマンションだったが、およそ30年近く働いてくれた管理人さんの引退を始まりとして管理体制にいろいろいろいろいろいろ…(略)不備があることが明らかになってしまった。

 住民代表による『管理特別委員会』が立ち上げられるが、今までほったらかしにしていた管理規約の改定なんてめんどくさい壁が立ちはだかり、ついに「自分たちだけじゃムリだ」って結論が出たのはおよそ2年もごちゃごちゃやった後だった。
 私が臭気調査の現場でお世話になった“株式会社マンション管理総合研究所”の大原さん(マンション管理士)に、どのようにしたらいいのか指導を仰ぐこととなるが……。
 何と。大原さんが打ち出した作戦は、『全部一からやりなおし』と言う超荒技だった!
 管理特別委員会メンバーの苦闘が幕を開けた!

 
 と言うワケで。埋もれていた管理規約を発掘したり、散逸したマンションの図面を拾い集めて再生したり、アンケート取ったけど返答は何もなかったり、管理人さんの引退をクビと勘違いした住民から見当違いの抗議を受けたりと、1トンのコンクリート塊をズリズリ押すがごとく進行しております。
 現在の『管理特別委員会』メンバーが新管理組合の理事を務めるしかありませんので、7人のメンバーから『理事長・副理事長・会計』を選ばなくちゃいけません。役所で言えば『○○長・助役・収入役』ですな。広報だの営繕の緒役職はその後。

 で……。当然のコトながら。『理事長』って、東京ドーム4つ分くらいでかい肩書きを背負うのは皆さん尻込みなさいます。距離で言ったら月と地球1往復半ってところでしょうか? とにかく凄い肩書きのような気がします。これはやはり、『顔が利く』人に就いてもらうのが一番です。
 と言うわけで委員一丸となって渋りまくる長老格の委員にお願いする。とにかく「ああ、やっぱり○○さんが理事長やってくれるんですねぇ」と住人の方々に納得して貰えるだけの“格”があることが重要です。
 あとは年功序列みたいに副理事長と会計が決まると、何となく広報や営繕担当も決まってしまう。私は2階に住んでる建築士さんと営繕担当。図面が読めるし、いろいろ見て知ってますから。

 新しい事務体勢が決まりましたら、いよいよ臨時総会に向けて議案書作りです。と言ってもこれは大原さんが全部作ってくれるので、私達は読み合わせをするだけ。
 あとは総会の開場を確保して議案書を配布して委任状取ってと、非常??に手が掛かる段階が始まります。
 それから『現自治会』はまるっきり解散にするのか、それとも管理に関わりのないところで活動を続けるのかが問題です。何しろ自治会運営のために留保されている“自治会費”ってのが結構あったりする。マンション住民のためのイベントでも開催すればどうかな?と思ったり。


週末にイベント・特典のあるマンション

« バイオスフィア | トップページ | 地に還す »

自治会ドタバタ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731717

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は理事かい:

« バイオスフィア | トップページ | 地に還す »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック