« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

叩けばホコリの出る体

 晦日でございますが、フツーに出勤しております。朝っぱらから調査が入っておりまして、午後は年賀状書きだな。去年の宛名のファイルを間違って捨ててしまったらしくて、名刺拾ってファイル作り直しです。まいったね。

 家にあるダイキンの空気清浄機、フィルターの在庫が切れてしまいました。最近フィルターの汚れが激しいと思ったら、原因は“にゃぢ(5.2kg)”だな。
 “にゃぢ毛”はほとんどプレフィルターで取れるけど、持ち込んでくる砂ぼこりはプレじゃ取れない。ホコリを帯電させて取り除く『電気集塵』機能が必要になります。この機能、家庭用のでもだいたい付いてますけどね。
 で、その帯電したホコリを2段目のフィルターにくっつけるワケなのですな。だから後ろのフィルターがなくなるとまるっきり用をなさなくなる。ケチって交換フィルターなしで運転すると帯電したホコリが清浄機から出てきて、余計に家の中汚れます。

 空気清浄機と言えば、『清浄』の一段上行く『空気浄化機』ってのが発売されてるらしいです(GiGAZINE)。それも医療器メーカーの『ニプロ』製だって言うのですから、これは凄そうです。
 しかしお値段も凄いです。200,000円だそうです。オープン価格じゃないんだな。やっぱ医療機器だわ。


 全然関係ないけど、『ツチノコポーズ』のネコを下から見たところ。(ネコ自慢大会決勝


24時間換気ってどうよ?

2007年12月29日 (土)

誇り高き仕事

 いちお昨日で仕事納めだったのですが、私自身は全く収まっておりません。

 事務所の大掃除が終わっての納会。結局午前中は調査で、帰ってきてからずっと報告書を書いていたので掃除もできず。あ、お菓子ツマミにアムステル飲んだワケじゃありませんので。

 机の上は相変わらずこんな有り様。30日にも調査です。新宿3丁目だから行き来は楽だけど。年賀はがきの束がコワいぞ。
 今日はこれからマンションの第1回理事会だし、こんな状態では家の大掃除は31日にやるしかありません。できるのか? もはやクリスマス以上にどーでも良い行事に成り下がっています。正月。
 せめてパソコンとテレビのホコリくらい払っておきましょうか。家の中で一番ホコリが溜まりやすい場所はテレビの上だそうですが(excite)、ネコがいる家だと『生ダスキン』が働いてくれるかも。

 ホコリも吹き払うだけじゃやっぱりダメで、物理的にどっかに付けて除去しなくてはいけません。この辺ニオイと似てるな。『吹き散らせば良いじゃん』なんて思っていると、大変なモノまで散らせてしまうことがあります(iza)。ご注意。

2007年12月28日 (金)

緊迫の現場

 本日は仕事納めでございます。でも朝から調査の現場でございまして、事務所の掃除は午後からですな。息つく間もなく現場現場で一年が終わる状態で……。
 ところで。何でしょ、この白い年賀状150枚は……。もしかして明日明後日に出て来て、これやらなくちゃいけないのでしょうか? もうコミケなんて行っている余裕ありません。


 そんな私の事情なんて関係なく、世間はにわかに正月ブームです。つい昨日までクリスマスにうつつを抜かしていたことなんてケロッと忘れているようです。社長のお歳暮にこんなの来たし。

 正月限定『金粉入り』ってヤツですな。金箔が入っております。「体に良い」とか「長寿がどーたら」って言われるコトもありますが、もしホントだったらオール金歯の爺様なんぞ不死身になってしまいます。
 どーでも良いコトですが。この中に入っている金箔の量、金の重量価格では1円するかしないかだそーです。もちろん金箔に加工する手間賃なんかは別の話。

 社長に金粉入りの方をいただきました。
 どーでもいいですけど『世界の金箔料理&食品』(『楽風呂』様より)。確かトップに写真が出ている“金箔サンデー”って、厨房が恐っろしく不潔だったコトがばれちゃって営業停止喰らったんじゃなかったかな?


お正月も快適?

2007年12月27日 (木)

伊達や酔狂で…


 仙台市は一番町でございまして。もしかするとここ来るの初めてかも知れません。仙台駅には1?2回降りたことがありますが。
 
 それで、時間がないからすぐ『みむ』さんの相談について。何せ仕事納めの日まで現場が入っちゃってます。やっぱ1日24時間じゃ足りません。
 え?。質問の概要は『トイレとは別に、キッチンのコンロ付近から『イオウのような』『タマゴのような』『ガスのような』ニオイが発生するそうです。しかも毎晩午前1時頃に。
 状況から考えますと、マンション地下にある汚水槽が原因と疑われますねぇ。『イオウ&タマゴ』は『硫化水素』ってイオウ化合物です。もひとつ『ガスのような』ってのも『メチルメルカプタン』ってイオウ化合物です。
 このガスは、主に汚れた水が腐ると発生します。下水処理場なんかだと致死濃度のガスになることもあります。

 恐らく、トイレの施工不良と同じ原因ではないかと疑われます。コンロの裏手に、ガス管が壁を抜いている部分はないでしょうか? そこの隙間から出ているかも知れません。緊急処置としては、とりあえず壁に穴が開けられている部分をみんなテープなんかで塞いじゃう。でもコーキング剤はちょっとまずい。
 何でかって言うと。トイレの施工不良と今回の状態(もし上に書いてある通りだったとして)を考え合わせると、壁の内部全体に汚水槽からの空気が上がってきている恐れがあるから。
 コンロ付近かトイレ付近にあるコンセントか壁のスイッチ。スイッチのプレートを外してみてください。

 プレートの隙間に爪を押し込んで一周回すとこんな風に↑外れます。ベキベキ音がするけど大丈夫。
 で、この壁の穴からうっすら空気が出てくるかも知れない。その空気が下水臭かったらちょっと深刻です。工事不良あるいは構造不良の疑いがあります。
 そーなったら私を呼んで頂くか、あるいはいっそお金返してもらって引っ越した方が良いかも知れません。大掃除ついでにガス台の裏あたりを良く調べてみてください。

 昨日のお昼。これで1380円は安かったなぁ。

 どーでも良いけど。これどーやって使うんだ?



使い方はそれぞれ

2007年12月26日 (水)

枯霜田雪蒔き行き交うこまちかな

え?。昨日「みむ」さんの質問に回答しますとかいいましたが……。実はいま「こまち」に乗って仙台に向かっているところなんだな。
 あ、いま『鉄博』の横通った。携帯だとスマッチの記事は読めないんだな。質問内容だけメールで送っておけばよかったな……。
 今日の仙台、最高気温が6℃だそうだ。昼はやはり牛タンか?お土産は「メガ萩の月」とか。
 と言うわけで、回答はもう一日お待ち下さい。大掃除には間に合うように回答します。

2007年12月25日 (火)

狂騒の日

 昨日は、どこもかしこも大混雑でして。吉祥寺にちょっと出たら、もう駅ビルロンロンの食品街なんかぎゅう詰め状態。皆さん楽しいですか?

 多摩の片田舎である武蔵境もご多分に漏れず大騒ぎでして、昔からある洋菓子屋も大変なコトになっています。

 ただひたすらケーキを作り続ける職人さん。買わなかったけどしばらく感心して眺めていました。

 世間の狂騒状態とはかけ離れながら、しっかり狂騒の一部には与ったりする。『村上精肉店』のポイントみんな使ってターキー丸焼きゲット。ウチで一番でかい皿にも乗り切りません。

 これがまた。承知の上でしたが。食っても食っても食っても減らないんだな。さすがヤンキーの食べ物。リンデのドイツパンに手を出す余裕もなく、ターキーブレストだけで腹一杯。
 でもさすが、焼きたてだと美味い。そこらで出されるターキーはパサパサだけど、熱いうちに食べると非常にジューシー。でもチキンの比じゃなく肉は多い。

 お酒はイトシアの『Vino Yamazaki』お勧めのスペイン産スパークリング“クリスタリーノ カヴァ”たったの1180円だけどこれが非常に良い。これの薄甘口『セミセコ』は和食にも合います。今度ケースで買お。

 『みむ』さんから再びご相談が、今度はキッチンだそうです。今日はもう現場に出なくてはいけないので、済みませんが回答は明日にさせていただきます。

2007年12月24日 (月)

建州の名誉

 前にも書きましたが、“クリスマスイブ”はクリスマスの前夜祭じゃありません。
 キリスト様のご生誕を祝う儀式ってのは紀元440年あたりに始まったそうですが、その頃は1日の始まりは日没からカウントしてたんだな。だから24日の夜から25日にの夕暮れにかけてがその当時のクリスマスデイだったのですな。これ前にも書いたけど。
 ウチは玄関先にそれっぽい飾りを出して共用廊下を通る方々に愉しんで頂く以外何もやりませんが……。あ、この時期に限って近所の『村上精肉店』が七面鳥焼いてくれるので注文するな。そう言えばターキーハムってのがレギュラーメニューで出てるけど、まだ食べたことなかった。
 で、相変わらず駅前の、ケンタッキー州名誉大佐のサンダースさんがやってる揚げ鶏屋が全開クサいです。あれの厨房排気ダクト調べろと言われてもイヤです。

 でまあ……。毎年12月のこの辺には同じようなこと書いているな。スマッチ書き始めてクリスマス3回目だわ。

 で。全然関係ない話題になる。

 前に、暗渠にされちゃった『春の小川』のことをちょっと書いたのですが、時々覗いている『廃墟徒然草』さんがまさにその小川(の跡)を探検なさってくれています。
 何ともまあ……、無惨な散策ではありますが……。

2007年12月23日 (日)

1コーナーをクリア

 自治会を管理組合に立て直すための臨時総会が無事終わりました。
 出席44、委任状33で無事4分の3をクリア、これで本来の目的である『管理をどーするのか』って検討に進めます。1コーナーをクリアってところでしょうか?
 何の問題もなく全会一致で向こう1年間の理事人事も可決されました。しかし3月の総会では管理方式を巡って議論が噴出するだろうな?。高速コーナー切り返してヘアピンでしょうか。

 いつの間にか人前で喋ることに慣れてしまっているので、司会と議事進行の方は買って出ました。
 マンション管理士の大原さんが書いてくれた議案を読み上げながら、その場で難しそうな部分はちょこちょこかみ砕いて解説。“におい・かおり環境学会”の座長やってる経験がこんなところで役に立つ。
 何せ学会の発表要旨集だと、データとその解説だけで読んだだけじゃさっぱり判らないことだってありますから。発表を聞いていろ間に座長質問を即興で考えなくちゃいけないこともあります。脳味噌大回転。大学は法学部だったのに、いつの間にか工学に首までどっぷり浸かってるぞ。
 次は29日に第1回の理事会。大原さんに今回の総会の公式報告書のまとめ方をご教授いただきます。

 全然関係ないけど、イヌ柄の毛布をかぶって寝る“にゃぢ(5.2kg)”

2007年12月22日 (土)

起きて繁盛寝て一錠


 昨夜は社の忘年会でして、忘年会やってから事務所に戻って実験の再セッティングやって。料理があんま上品すぎて腹が物足りなかったもので、また飲みに行って。結局午前様。
 でも『〆にラーメン』はやらなかったから、まだ健康的だったかも知れない。でも頭は働かないぞ。

 スマッチ編集部で『廃墟探訪』をやっていますが、あれはいけません。廃墟ではストロボ使ってはいけません。薄暗さこそ廃墟写真の醍醐味です。
 廃墟じゃないけど『トロントで最も小さな家いらんかね?』だそうで(excite)、28平米で2000万円って随分高いな。と思ったら、1912年に建てられた骨董品なのね。
 『ちいさな家』って聞くと、私はディズニー絵本を思い出します。またアニメ見てみたいな。
 これから明日の臨時総会に向けての打ち合わせ。頭働かない……。


2007年12月21日 (金)

蛍光と対策

 その昔。ヤマハSR400ってバイクに乗ってた頃なのですが。……余談ですが、今ではヤマハの安定した人気がある長寿車種ですが、初期の頃はコレに乗ってると変人扱いでした。
 ついでに。SRのもともとのコンセプトって、実は『ダートトラッカー』だったんだな。前19インチで後ろ18の車体に似合わないぶっといタイヤで、初期モデルのトレッドパターンは奇妙な亀甲形だった位ですから。

 それで。初期型SRってのはとにかく難が多いバイクでして、車体がスリムなのに前輪が19インチもあるから曲がりにくい、電装が弱くてすぐ故障。400cc単気筒で振動が凄いからあっちこっちのボルトが緩むわナンバープレートがひび割れるわキャブレターがバラバラになるわ。あれはバイク整備を学ぶためのバイクだったのか?
 それはともかく。直径18センチ位のでかいライトが付いていたのですが、これがまた泣けるほど暗い。ワット数がたいしたことないのに、レンズカットで山形幅広に配光するものだから薄暗いったらありゃしない。
 で、世田谷ボロ市で『ポルシェ用ジャンク品』ってホントかどうか知らないし気にもしなかったけど、マーシャルのハロゲン灯(当時はヨウ素灯と呼んだ)買ってきて、かなり無理ヤリ加工して付けた。
 これがまた。迷惑なくらいflair明るいflair。赤信号突破しようとした対向車にパッシングしたら、目がくらんだのか急ブレーキで止まったくらい眩しい。
 ポルシェ用が本当なら、アウトバーンを180キロ位で走るための装備だから、半端な明るさでは役に立たないわな。

 で、また前置きがやたら長いぞ。

 “COZY ROOM”さんとこで書いてた記事。『明るさについて考える』で白熱灯が消えちゃうと嘆いていらしゃいました。
 地球温暖化対策のため『白熱灯の製造販売打ち切り』(GiGAZINE)って言ってますが。エジソン様が怒るぞ。
 しかし、そこまで心配しなくてはならないほど白熱電球の使用量って多いのか? 多く使用されている場所って『電照菊』の栽培くらいしか思いつかないのだが。そう言えば白熱電球がなくなったら電照菊農家はどうするんだ? 蛍光電球でも大丈夫なのか?
 だいたい白熱電球って取り付けスペース食うから、最近の一般住宅じゃ使われなくなってると思うんだけどなぁ……。クリプトン球も白熱灯の一種だと思うけど、あれは代替品がないから禁止になったらすごく困るぞ。それにハロゲン球はどうなるのだ?
 前にダイヤモンド専門店を調査したことがあるのですが、商品(当然ダイヤ)を照らす照明は全て『スペクトル調光ハロゲンランプ』でした。ダイヤの輝きが映える光なのでしょうね。

 ……あれ? ……ってコトは。お店で見た『あの輝き』は、普段目にすることはできないのか?

2007年12月20日 (木)

足りないのは時間か睡眠か

 朝、丁度良い時間と天気ですと。小田急から地上に出るとこんな風景が望めます。私はたいがいもっと暗い時間に通過しちゃう。ちょっともったいないな。

 だいたい11時半寝の5時半起き、6時間睡眠。もうちょっと寝たいところですが、もう中央線は6時半から新聞読むのが難しいような乗車率になっていますので、ぜひともその前に出社しておきたい。
 そう言えば『7?8時間の睡眠が健康維持に最も効果的である』そうですな(yahoo)。でもこれ以上寝たらまともな生活ができなくなる。1日が24時間じゃ足りないってことか?

 最近目が腫れぼったくて困っています。週に3?4件の報告書を書いているからだな。あと電車の中で水滸伝読みを敢行しているせいだ。そう言えば、読書なんか電車の中でしかできなくなってるな……。メガネ換えなくちゃいけないのだが、やたら高いからコンタクトにするかな。
 今月中ににあと2件提出しなくちゃならないし、調査も1件入ってるし。住人が海外旅行行く前に済ませておかなくちゃならない臭気対策もあるし。何か頭が働かなくなってきているような気がするぞ。最近キーボードのタッチミス多い。

 渋谷の某マンションからの眺望。夜はキレイだろうな。


景色のいいとこ、どうですか?

2007年12月19日 (水)

香気制圧

 え?。オタクですらない、夢も何も持ってない人間ってのはホントのどーしょもないモノで。単なる暇つぶしに電車止めたりする何でもありんす)。
 こんなヤツは1ヶ月くらい刑務所に体験入所させて、『全く何もできない』ってのを体験させてやればいい。

 あ、でもヘタするとシャバより刑務所の方が楽だってことに気が付いてしまうかも知れないな。何せ。


         刑務所           サラリーマン
----------------------------------------------------
労働時間  8時間厳守         大体10時間以上
----------------------------------------------------
始業時間  7時50分          8時30分?9時
----------------------------------------------------
終業時間  16時30分         21時?24時
----------------------------------------------------
通勤手段  徒歩数分          満員電車1時間
----------------------------------------------------
昼食     食う              食えない日がある
----------------------------------------------------
夕食     食う              食えない日がある
----------------------------------------------------
夕食後    テレビや読書など自由  仕事
----------------------------------------------------
残業     全くない           ない日がない
----------------------------------------------------
残業代    残業がないから無い   残業あっても無い場合がある
----------------------------------------------------
休憩     午前午後それぞれ15分 上司次第
----------------------------------------------------
土日祝    確実に休み         出勤する日もある
----------------------------------------------------
年数     刑罰に応じる        自動的に40年
----------------------------------------------------

ってのが事実ですから。刑務所で暮らしたがる人間がいるってのも判る気がするぞ(ここからのコピペ)。最初からシッポを垂れているようなヤツなんかすぐに順応しちゃうから、刑務所に入るために犯罪やるようになるかも知れない。まるでゴミが人のようだ。
 実際、私もシャバにいるのに自由になる時間がほとんどなくなってしまった。昼食なんか完全に刑務所の食事以下です。

 まあそんなコトはどーでもよくて……。
 ややこしい案件がドサドサドサドサ積み重なってまいります。マンション1階に入っているスポーツクラブの排気が、上の住宅のベランダに上ってくるとか、フードコートの焼き肉のニオイがカフェに入ってくるとか……。おかげで机の上が図面だらけ。

 街中の調理排気が苦情になりはじめてずいぶん経ちますが(アロマライターが語る「香りのある生活」)、ぼちぼち今度は『香料の苦情』ってのも増えてくるのじゃないかって気がしてます。

 新宿駅の南口近くに『LUSH』ができたのですが、てきめんにこの通りがもう何つーか“ラッ臭”になってしまいまして。いや、良い香りだから文句はないんですけどね……。
 そう言えばスポーツクラブの排気。ずっと苦情を言われてはいなかったのが、去年あたりから突然文句を言われ始めたっての。もしかして“六詩譚”がブレイクし始めてからじゃないのか?

2007年12月18日 (火)

レシプロの空

 『立命館大学大学院言語教育情報研究科の言語情報コミュニケーションコース科目(異文化コミュニケーションII)』ってところからアクセスが来てますが、一体何でしょ? におい・かおり環境学会がらみで立命館大学の先生は存じ上げておりますが、学部が違うし。“異文化コミュニケーション”ってところで該当したのでしょうか?(どこが)
 え?、それで。水曜日からは渋谷のマンションを消臭作業で、金曜日は作業の撤収と学会の会合と忘年会、26日は仙台行かなくちゃならなくなりました。その前に23日は組合の臨時総会だ。もうわやくちゃです。

 それで。12月17日は『ヒコーキの日』なんだな。金杉さんがもう書いてるけど。これは所沢の『航空発祥記念館』。仕事のついでにちょっと覗いて来たんだな。
 上の写真はその昔この辺を飛んだ機の現物。不時着して地元の農家の納屋に保存されていたそうです。後ろにあるのがそれのレプリカ。
 昔の航空機エンジンってのは、エンジンシャフトが固定されていなくて、星形エンジンがプロペラと一緒にグルグル回る構造でした。これ見ると良く判る。第一次大戦あたりまでずーっとそれだったんだな。
 合理的なんだかどうだか知らんけど、精密ベアリングがない時代でよくエンジン支持架が保ってたこと。それにどーやって燃料を供給していたのやら。

 これはV-44と言う骨董品で、現在陸上自衛隊で使っている『CH-47 チヌーク』のご先祖様。金杉さんの写真で編隊組んで飛んでるのがそれです。
 ローターふたつの大型ヘリは“バートル”って呼ばれますけど、ホントは“ボーイング・バートル”だってことはどうでもいい。これを作っていた時は“パイアセッキ”だったってことはもっとどーでも良い。

 愛称は“フライングバナナ”だったそうです。さもありなん。ベトナム戦争初期はこれが飛んでたんだな。その後『バートル』と言ったらそれを指す“V-107 シーナイト”に代わります。
 チヌークは箱フグみたいにボッテリしていてシーナイトほど格好良くないのだが、まあ兵員と物資に加えて車両の輸送もするのだから仕方がない。運べてなんぼの機体。

 ちなみにバナナちゃんの中はこんな。狭い。当然だけど居住性最悪。おまけに2枚目の写真で『日の丸』から後ろはでかいレシプロエンジンが入っているから、多分メチャクチャうるさい。怒鳴らないと会話なんかできなかったと思う。
 当時の米兵さんはこのヘリに乗せられて、重いM14ライフル持たされて、ジャングルに送り込まれて行ったのですな。
 しかしレシプロ1400馬力のエンジン1個だけで、よくこんなでかいヘリが飛んでたな(チヌークは3,700馬力×2個)。それが一番凄い。

 ここでは風船の数で体重を量れます。

 私が飛ぶには4900個いるそうです。水と食料を持ったら6000個は必要ですな。そう言えば『風船おじさん』は、まだどこにも到着していないのでしょうかね?

2007年12月17日 (月)

古い紙物で暖まる

 北海道じゃあまりにも灯油が高くて、冬を通しての燃料代が十数万円に上るそうです。やはり皆さん薪ストーブやら石炭ストーブを検討なさっているらしいです(これからはノホホンな生活)。
 ちなみにこちら↑のブログ、懐かしいストーブの写真がいっぱいあります。
 現在では石炭配達してくれる燃料屋も無くなっているだろうし、今の住宅に何百キロもの石炭を入れる場所なんてあるはずもない。私が子供の頃には各家に石炭庫付いていましたが……。
 で、北海道の皆さんどうしているかって言うと。市街地ではムリだけど近くに山がある所なんかじゃ『薪ストーブ』と『薪拾い』が復活しているそうです(多羅のロクロのつぶやき)。←こちらは北海道じゃなく千葉県だそうです。ネコ写真もいっぱい載ってます。

 札幌は藻岩山の近くに住んでいた頃は、冬になると社宅の人総出で薪割り大会をやった記憶があります。雪が積もる前に廃材やら倒木やらがトラックでごっそり運び込まれて、それをノコやらまさかりで切って割って。ほとんど1日がかり。何せ土建屋の社宅でしたから、要らない木材なんか捨てるほどあったのですな。
 海があるところじゃ流木拾いって風流なのもありますな(空のお気楽日記)。

 東京じゃ薪が拾える里山なんてあるはずもないし、そこらの街路樹が倒れたってすぐ清掃工場に運ばれて行っちゃう。
 どーしらた良いかってーと。こーゆー優れモノがあります(gizmodo)。

 新聞なんかを少し湿らせてから押し込んで、上下左右から人力プレスしてレンガ状に固めてしまう道具です。新聞紙を固く巻いて薪にするってのはキャンプなんかのテクですが、これなら貯蔵しておくにも便利ですな。
 古紙再生も大事ですが、古新聞回収に出したって家は暖まりませんからねぇ。昔懐かしルンペンストーブでこれ燃やすってのもアリでしょうね。

 こっちは古紙じゃなくて古本。

 土曜日に女房が世田谷ボロ市で見つけてきてくれました。

 なかなか良い写真がいっぱい載っています。

 これで100円は大めっけモノです。これだからボロ市覗きはやめられない。

 私が生まれる3年前の100円ですから、現在の1000円くらい? 私が小学生の時でも100円あったら中之島公園の遊園地で、乗り物2つ乗って5円のジュース飲むって豪遊ができました。

2007年12月16日 (日)

電車斬り

 何でしょうかねこの↓ニュース
貨物列車でお婆さんを轢いたような気がしたけど調べても何もなかったよ?!(毎日jp)』

 「うわぁ?ん! 恐いよぉ?!」な話題ですけど、現実もっと恐いニュースに事欠きませんので、何かほのぼの感すら感じてしまいます。ソースは不明ですが、この付近では2003年にも同じような出来事があったそうです。

 んで……。
 以前相談をいただいた『みむ』さん家のその後についてコメいただきました。あ、女房が会社の同僚から天日干し秋田米いただきました。柔らか甘々、オカズなくてもガフガフ食えます。日本人で良かったと感じた週末。
 え?と……。それで。
 私の質問にお答えも頂いておりますが、『みむ』さんニオイの原因を自力で発見できたようです。

 せっかく取り上げていただいたのにご返答が遅れてすみません。半分ノイローゼになったりしていたのですがこのたび臭いの場所が判明しました。しかしまずご質問に返答させていただきます。

�@入居したのはこの11月です。
�A入居日です。
�Bそもそも分譲のマンションですが賃貸ではいりました。
�C14階です。
�Dよくわかりません。便器はきれいですがウォシュレットの裏側はひどいものでした。(はずして清掃しました)トイレの壁紙は張替えをしていません。
�E管理会社に相談しましたがなしのつぶてでした。

 で、ある日トイレの床に頭を擦り付けるようにして床から壁を調べていたら、トイレの排水が床でなく壁につながっているタイプなのですが、その管を通すために壁に開けてある穴の下部分が大きめに開いていてふさがっていないということが判明しました。いまはそこに綿をつめてマスキングをして応急処置をしていますが、まだ臭いがあるもののレベルが激減しました。
 現在では、管理会社に直す許可をとりつけているところです。それが分かったのは、こちらのブログからいった日本デオドールの、臭いの鑑定ページで、いろいろ覗き込んだらわかった、というところを拝見したためです。
 同様に、キッチンも、コンロとコンロ上部のタイルの間の充填剤が、経年ではがれてかつそこに5ミリぐらいの隙間が発生していることも分かりました。そこも埋める予定です。
 換気と空気の移動の考え方など、すべてこちらのブログとサイトから学ばせていただいたおかげで、見つけられたようなものです。本当にありがとうございました。そして長い間こちらにうかがわず本当に失礼いたしました。まだ解決したわけではありませんが、なんとか戦えそうです。重ねて御礼申し上げます。


 なるほどなるほど。どうやらPSに汚水管を繋いだ開口部の手当がいいかげんだったようですね。このブログが役に立てて嬉しいです。
 しかし、管理会社そんなコトにも気付かないのか? 事前点検とかまともにやってなかった雰囲気プンプン。
 管理会社に文句を言っても埒が開かないのでしたら、不動産屋を通してオーナーに苦情を言ってみるのもアリかも知れませんよ。

2007年12月15日 (土)

竜か麒麟か鳳凰か

 え?。そうか。
 ……ってコトは、大嶋は新宿のハンズしか行ったことないのか? 確かに吉祥寺は街中で全部用が済んじゃうからなぁ。ヨドバシもできちゃったし。でも昔々は東京中みんなそうだったらしい。

 誰だったか忘れたけど、娘が銀座の三越で買い物をしてきたら、お婆さんが「三越がウチに買い物しに来てくれるんじゃないんだよ」と諫められていたとか。万事町内で持ちつ持たれつで暮らしていけたし、遠くで買い物をするなんてのは一大行事だったんだな。

 それでまあ。そんなのとは全然関係なく。

 また非常に『ぁゃιぃ』コトやってます。知らないヒトに見られたら通報モノです。『硫化水素』って温泉ガスを作っているところ。

 中では大嶋もやっぱり『ぁゃιぃ』実験をやっております。実験室がもう箱根大沸谷状態。


吉祥寺ってどんなとこ?

2007年12月14日 (金)

生息地の落とし穴

「においの事件簿」ご覧の皆様、初めまして。
弟子の大嶋でございます。
師匠より指令が下りましたので、嬉し恥ずかし初登場です。どうぞよろしくお願いします。

師匠も申しおりますが物心ついた時から「住みたい街一位shine吉祥寺」に住んでます。ちょっと自慢です。とはいっても都下ですが。
吉祥寺の「ここが好きheart02」ってのは特にないのですが、不便さを感じたことがないのできっと良い街なんだと思います。
あ、美味しい和菓子屋さんがいっぱいあるとこは好きかも。

しかしこれが甘い罠。
駅前で大抵の物がそろってしまうため、都会に出る気になりません。
だから都会が全然わからない。
いまだに渋谷駅からハンズにたどり着けません。
こういう地元吉祥寺っ子、意外に多いんですよ。
便利と言われる街ほど、結構こういう人が多いのでは?

初回なのでまじめに投稿してみました。
師匠、書いてみたので今日の大ちょんぼは堪忍してください

棲んでいる街

 学生時代、豪徳寺の山門まで歩いて数十秒って場所に生息していました。社会人なって、お寺をはさんで反対側のアパートに移りました。その時の引っ越しは、軽トラ1回で済んでしまった。もしかしたらリヤカーでも足りたかも知れない。
 その時の仕事は某お堀端新聞社の報道バイクだったので、当然通勤もバイク。RZ250にYUZOチャンバーという世にも迷惑な騒音発生装置だったので、豪徳寺?梅ヶ丘?若林という住宅地を抜けるまでは4000回転以下でモソモソと走りました。
 若林陸橋から淡島通りに出た瞬間、一気に8000回転まで上げてモソモソ走りの間にチャンバーに溜まった油煙を抜く。小田急バスの車庫前を煙幕で覆ってもの凄い速度で渋谷まですっ飛んでいきます。
 渋谷?青山?赤坂と抜けて、お堀を半周して会社に到着。そしてまた都内を一日中走り回る仕事。

 あの仕事をやってる時は『オレは東京の赤血球だ』とか考えていました。ずいぶんとやかましい赤血球だ。
 淡島通りと世田谷通り、それと青山通りが『オレの街』と勝手に思っていました。普通に考えたら、ただ走り抜けるだけで生活の類で関わりを持っていないのですから『俺の街』も何もあったものではないのですが。
 まあ当時は走ることそのものが生活だったワケでムニャムニャ……。

 そして今や、住む場所の条件が『静かで付近に車が少ないこと』だってンだから、まあ人間ってのは勝手なモンだ。
 で、“都民が一番住みたい町”が吉祥寺ですか。何せ街中に幹線道路がないってのが大きいですね。井の頭通りと五日市街道って狭い道しかないから、車が押しかけてこない。通り抜けるだけってのも不便だから迂回しちゃう。
 それでもって鉄道が2本来てて。片方は新宿に繋がって、もう1本は渋谷とのバイパスですから。これで人が集まらない方がおかしい。

 でも休日の吉祥寺を歩いていると、人の年齢層がすっごく幅広いことに気がつきます。と言うか、渋谷新宿なんかの年齢層が偏りすぎている。あと巣鴨とか。
 吉祥寺に来る人間は、はベビーカーからお年寄りまで非常?にバランスがとれた構成なんですね。移動速度も程よくゆっくりだし。あんま速歩きしちゃうとすぐ街を抜けちゃう。
 美味い蕎麦屋があるし、ラーメンもつけ麺屋もあるし、変わった食材屋には事欠かないし。ロンロンじゃリーキ売ってるし。でも模型屋が壊滅しちゃったなぁ……。
 住むとしたら五日市街道から向こう行った方が良さそうだな。公園側は高くて休日は人が多すぎる。もちょっと離れて電車でひと駅ふた駅でも良いと思うんだな(武蔵境の負け惜しみ)。

 あ、そう言えば弟子の大嶋は吉祥寺がフランチャイズじゃないか。何か書け。

2007年12月13日 (木)

暴発とは、忘れ去ることなり…

 ひろぽんさんのご近所で起こった『ライフル暴発事故』(iza)。ニュースで見た当初から「何か変だな?」と思っていたのですが、読売の記事見てやっと何で得心が行かないのか判りました。
 『弾は体を貫通して床にめり込んでいた(記事より)』と書かれています。これは警察発表でしょうから事実ですね。

 暴発したのはクレー射撃用の散弾銃じゃなかったんだ。だって、“ショットガン(散弾銃)の良いところは、人を撃った時にいちいち死んだことを確認しなくても済むことだ(『失投』?ロバート・B・パーカー)”なんてくらい威力がありますので、至近距離から撃たれた2歳の子供の体なんて直視できない状態になってしまうはず。
 病院に運ぶ(気になる)状態だったのであれば、それは小口径の競技用ライフルだったのではないかと思います。読売の記事にはちゃんと『ライフル銃と散弾銃の計4丁』と書いてある。

 クレー射撃用の散弾銃だと。使い終わった後の手入れなんか、こんな風に真ん中から折って行いますので。暴発のしようがない。
 『射撃場で1発残して帰ってきた』なんてアホすぎる事態もありえない。撃った後の空カートリッジが固着しちゃうし、だいたいこのタイプの銃はセイフティだって付いてないから帰りの車の中で絶対暴発する。
 小口径ライフルでも、1発ずつ弾丸込めて撃つタイプだと残弾なんか起こらないはずなのだが、自動式連発だったのか?

 いずれにせよ『残弾抜き忘れ』って一番事故が発生するミス+『銃の手入れを行う場所に子供が入れる』って怠慢な取り扱いでは、事故が起こってあたりまえでしたね……。やっぱ暴発しても事故が起こらないビームライフルとか……。あ、でも連邦軍のビームライフルは戦艦の主砲並の威力が……。

2007年12月12日 (水)

紫煙に私怨を支援する

 8時半に西荻窪駅集合なのですが。そんな時間の上り電車になんか乗りたくありませんので、またすンごい早い時間に事務所に来てます。
 あ。風邪ですが、症状収まってきました。
 嗅覚がどの程度ダメージ受けているかは嗅覚検査やってみないと判りませんが、いちいちそんなコトやっていられません。睡眠時間を長目に取ってるからフリーになる時間が短いこと短いこと。
 
 で、私が武蔵境駅で電車に乗る位置ってのは、他の人がだいたいそうであるようにほぼ決まっておりまして。そんなだとテロリストに狙われやすいのですが、襲撃を避けるためには時間も通勤経路も不規則に変える必要があろそうですが……。まあ私は国の重要人物じゃありませんし、政治的にどーのこーのってワケでもありませんからそんな心配要りませんが。

 そうじゃなく。

 境駅が高架工事中でよく階段の位置とかホームの幅が変わるもので、今は私が乗るあたりに喫煙所が来ちゃったんだな。
 まあ、迷惑ではあるのですが。どっかに作らないとあちこちで吸われちゃうから場所を作っておいた方が良い。
 煙草も紙巻きじゃなくてパイプ煙草ならそこそこ良い香りの物もありますが、外でパイプくわえている人も滅多に見かけないわな。あれは歩きながら吸うモノじゃないし。

 自宅の中で吸えない『ホタル族』の方も気の毒ではありますが、だからって吸い殻をベランダの外に捨てるのは許しません。ウチの庭にも時々吸い殻が落ちているんだな。そーゆーことやるからどんどん喫煙者は迫害されて行くんじゃないか。
 ウチのビルの1階に灰皿があるのですが、灰皿があると喫煙者は「煙草を吸っても良い場所」と勘違いしてしまいます。

そこは煙草を消す場所で、あって吸って良い場所じゃない!

 『禁煙ファシズム』なんて言葉もありますが、

 歩き煙草やってて人のカバンに火のついた煙草ぶつけて、それで人を迷惑そうに睨むバカ喫煙者がいるかぎりもっと迫害は続くぞ!

 つーか。そのうち街で煙草吸ってたら殴られることになりかねないぞ。

2007年12月11日 (火)

神社の効用

 え?。どうやらカゼひいたらしいです。そう言えば金曜日に会社で「顔が赤い」とか言われていたし、昨日は飲み過ぎたわけでもないのに目が充血していました。「何でかな??」とは思いましたがそうかそうかカゼだったのか。
 と、あっさり納得しているバヤイではありません。某新聞社のイイ歳こいた記者さんが、昔「ワープロって場合』が変換できないぞ。何でだ!」と散々文句垂れて。よく調べてみたら『ばやい』と入力していたなんてことはどうでもいい。
 そう言えば、小学生で『八つ』を『はちつ』と読んでしまう子供が少なくないそうです(yahooNews)。作文書かせたら全部ひらがなだったり。こっちはどうでも良くはない。こんなのは家庭で覚えてくることだから、家の中で使われていない言葉だってことだな。やっぱヤバいのは親の方だ。

 え?と。全然関係ないぞ。今週は土曜まで調査の現場が3つも控えていますモノで、ちょっと今日は午前中だけ急用、じゃなくて休養。午後はやっかいな実験をやっつけなくてはいけません。嗅覚の感度はあんま関係ない実験だってのが幸いです。
 で、葛根湯と精製アスコルビン酸とハチミツ生姜湯を飲みまくっております。

 ウチでは生姜を洗ってよく水気を取って、薄切りにしたのをそのままハチミツに漬け込んでいます。2・3日すると生姜の水分が表面に浮いてきますので、全体に良くかき混ぜます。これやらないと表面がカビることがあります。ちょっと底の方が結晶してきたな。そろそろ新しいの仕込まないと。
 コレはテレビで見た東北地方の家庭常備品のやりかたです。向こうじゃ梅酒用のでかい瓶でどっさり作っていました。でもこっちじゃ生姜をすり下ろして作る方が多いのかな?はっぴぃ*Blog) 『ビン入りドリンク生姜』ですか? 効きそうだな。

 今日、帰ってきたらこれ飲も。


ゆっくりお風呂も入りたい。

2007年12月10日 (月)

電飾の魔宮(4.5ボルト)

 昨日は午後の1時頃に帰宅しまして、懸案だった臭気判定士試験問題の解説を仕上げて。これまた懸案だった玄関先の『例の場所』用にクリスマスっぽい飾りを作りました。

 自由が丘の100均で見つけた金属ツリーもどきに電飾を仕込みます。よく見えませんが3Vのムギ球を編み込んでいます。
 ちなみに背景は私の玩具道具箱です。シャア専用ザクは関係ありません。

 そんで次に用意するのは変光LED。ご覧のようにダイオードも最初からくっついているので、そのまま直流4.5V繋ぐと7色に光の色が変化します。確かアキバのラジ館で780円。

 電源はこれ。ボタン電池LR44を3個入れるホルダ。ワニ口クリップが付いているから便利です。東急ハンズで980円だったかな? 加えてお断りしておきますがシャア専用ザクは関係ありません。

 ツリーもどきを置く台はこれも100均の。ネジ蓋が付いていて何段にも重ねられる小物入れ。ハンダごてでもって穴を開けます。バイスが行方不明なもので非情手段。

 アルミホイルでテキトーに包んで、LED挿します。内側はショート防止のためにセロテープで養生します。

 電源押し込んで、テキトーにセロテープなんかで固定します。やはりここでもシャア専用ザクは使いません。

 台にツリーもどきを乗せてできあがりです。工期30分、総工費約2000円。てっぺんのムギ球は明るすぎるので1.5Vで点けることにします。電源どうしよ。
 四季にあわせて色々な電飾やってみたいような気もしますが、なかなかネタがみつからないものです。でも夏の終わりにこれ飾ってみたいです(そんなあなたに)。

2007年12月 9日 (日)

手軽な危険


 え?。日曜の午前6時半、新小岩駅前のアーケードからお伝えしております。4時起きなので眠いです。

 世はクリスマスに向かってばく進してらっしゃるようですが、とても構ってる余裕ありません。もう管理委員会の会合がある土曜の午前中まで現場行かないと、とてもこなせない状態です。
 とか言いながら、順調に調査は終わったので。事務所に寄って記事書いてます。
 何か大ガード西の交差点で、トラックの下に自転車が入り込んでいたようですが、人も一緒なのでしょうか? レスキューが来てたから多分そうなんだろな。
 あの交差点。淀橋の青果市場に行く大型トラックが、青梅街道から小滝橋通りに入るために反対車線にまで大きくはみ出して左折します。
 そこ持ってきて、自転車の人ってのは平気で車の前に飛び出したり、反対車線走ったり、自殺行為に等しい走り方するのが珍しくない。ロクに回りを見ないでトラックの内輪差に入り込んじゃう恐れ大。

 この間は渋谷の松見坂かどこかで、坂を下ってきた自転車がお婆さんに衝突して死なせちゃったなんて事故もあったし。
 自転車だと速度がないから飛ばされずに激しく転倒ってことになって、頭を強打することになるんだな。
 車の場合、36メートル飛ばされても一命を取り留めた事例があるそうです(excite)。『車にはね飛ばされた距離世界一』ってギネス記録だそうです。破られることは、多分ないような気がします。

 ウチでは最近、ソファに座っているとネコの下敷きになる事故が多発します。

 30分も下敷きになっていると脚がしびれます。

2007年12月 8日 (土)

Silly Walk

 え?。何か久々に『予定なし』の完全休日です。と言っても、臭気判定士試験の解説書かなくちゃいけないし、明日は7時に新小岩の現場だし、クリスマスの飾り付け考えなくちゃいけないし昼には“丸幸”のラーメン食べに行きたいし。結構忙しい。あ、洗濯終わったぞ。
 クリスマスの飾り付けったって別にツリー立てるワケじゃありませんが、何か毎年あれこれ考えています。明日の記事ネタだな。
 その昔。高校生だったのじゃないかと思いますが。北海道の地元のオモチャ屋でクリスマスプレゼントを宅配するバイトをやったことがあります。もちろんサンタのコスプレして。ヒゲもつけて。
 今考えるとそれなりの演技もしていたような気がします。「ホ?ッホッホ?」とは笑いませんでしたけど。でも韓国の“サンタ学校”じゃ笑い方の指導まで受けられるらしい(excite)。でも写真見ると若い女性が勉強していますが、彼女たちもあの笑い方するのか? 恐いような気がしますが。

 バイトで結構難しかったのが、サンタなりの威厳を持った歩き方。と言ったって、ゴム長ですから威厳も何もあったモノじゃありませんが。ちょいと『のっしのっし』って感じでそっくり返って歩く。でも気を付けないと滑って転びます。道は凍ってますから。
 こーゆう時の歩き方は、カカトから接地させちゃダメで、靴底全体を一度に接地させます。『ベタッ』って感じですが、微妙に力を抜かないといけません。難しいようですが、住んでりゃすぐに覚えます。覚えなかったら転んで骨折します。
 
 そう言えば。最近のヒトの歩き方って、何であんなにドカドカ足音立てるんですかね? わざとやってるのじゃないかと疑うくらい。そーゆうヒトがフローリングを歩くと、もう床を踏み鳴らすような状態です。階下のヒト大迷惑。
 そんな状態なんで、謎院さんの記事にもあるみたいに『早朝から深夜まで足音が続く』なんて苦情になってしまう。
 私なんか170センチ70何キロですが、ほとんど足音立てずに動き回ることが出来ます。ついでに、ほとんど気配消して行動することもできます。隠密行動を取るときの秘訣は。すり足と、呼吸を減らすことです。
 床を鳴らすような歩き方ってのは、まずカカトから接地させています。それ自体は問題ないのですが、『ドン』と音が出てしまうってコトは、それだけ余分な体重がカカトにかかってしまっている状態です。
 何が問題かって言いますと。正しい歩き方ですと、踏み出した脚にかかる荷重を膝の関節が吸収して衝撃を和らげている。だから足音はあまり発生しません。長距離走とか行軍の歩き方。
 ところが『ドン』と音が出る歩き方ですと、膝のサスペンションが効いていないために衝撃がモロに脚全体に伝わる。踏み出した足に体重が掛かりすぎるためにさらに脚の筋骨に負荷がかかる。つまりムダに疲れる歩き方だってコトなんだな。
 足音を立てる歩き方は、音の大きさに比例して体に負担がかかっていると見て間違いないです。『赤の広場』の衛兵の歩き方なんぞ、これ以上ない悪い歩き方の見本ですな。
 その他色々な歩き方を知りたい方は、『バカな歩き方省』(Okakei'scupoftea)を見て勉強してください。

2007年12月 7日 (金)

携帯ノー

 え?。もはや月内の仕事スケジュールがオーバーフローです。実験なんか来月の1週目あたりに入れないとムリっぽそうです。はあ、今度は仙台ですか?
 いつも出張先から記事をアップしてるのはB5ノート担いで行っているからですが。こいつもそろそろ老朽化が来てまして、始動時にファンがイヤな音をたてます。早めにデータをどっかに移しておかなくては。
 老朽化と言えば、こいつ↓もすでに5年だか使っておりまして。

 型式アタマが“2”ですよ。2。
 ドコモショップからのお知らせメールが来ても、容量が足りなくて受けられません。先日ショップのプレゼントでゲームアプリが当たりましたが、そんな機能たぶん付いていません。ちなみに待ち受けは“にゃぢ(5.2kg)”の寝姿です。
 弟子の大嶋が持っている型でも“化石”とか呼ばれていますから、コレは何と呼んだら良いのでしょうか?
 ムーバ機種が生産終了になっているって話もあるし(じぇーご写真部ブログ)。あ、←このブログの方もまだF212iを使い続けているそうです。
 ここまで使っちゃったら、もう壊れるまで使うしかありません。次機種はスマートフォンと決めていますので。……何せ出張にノート背負って行かなくてすむようになるし。ノート本体より電源の方が邪魔くさいんだよな。

 こーゆうストレートタイプは手にすっぽり収まるので、端で見ていても通話していると気づかれない利点があります。だからと言って電車の中でかけたりしませんけど。
 でも来年にはEC内で飛行機内で携帯通話可能になりそうなんだな(CNET Japan)。離着陸時はダメなんだけど、上空では他の電子機器と同じくつかえるようになるらしい。
 何せEC内の飛行機移動ってのは、日本の新幹線みたいなモノですから利便性が重要なんだろうな。でもやっぱり座席間は狭いだろうから、隣席で携帯なんか使われたくないぞ。
 昔、わずか30分程度のシャトル便で提供される専用のカクテルってのがあったそうだけど。今じゃそれすら飲んでるヒマなく携帯使わにゃならんのか? 携帯を脳に埋め込む技術が開発されたら喜ぶ人間も出そうだな。

2007年12月 6日 (木)

セワ師走

 今月も見事に予定が埋まってしまいました。昨日思わず「来月最初の週で……」なんて言ってしまいましたが。来月の最初の週って連休だったのか。
 もう今月の土曜は全部総会の会議だし、今週の日曜も現場だし。この分じゃクリスマスだって何もできそうにないぞ。来年の夏までに夏休みも消化しておかないと。う?ん、でも出社もどんどん早くなってるような気がする……。

 新宿駅に降りて、向かいのホームに中央本線の電車がいると。もうなんっ?か、『あ?、またこんな時間に出てくるハメに…』と鬱になります。ちなみに6時半くらいまで止まっていて、その後確か高尾まで回送されます。昔は確か『新宿発甲府行き普通列車』だったんだよな。新宿出たら次の停車駅は立川。

 昨日、多摩地区の現場で……。現場が駅前のモールだったワケですが、近頃防寒用品の品揃えが良い○イソーが入っていまして(excite)。待ち合わせの時間つぶしに見ていたら。

 採尿カップに“し瓶”まで売ってました↑。もう何と言ったら良いのか。そんなにし瓶って需要があったのか。しかし採尿カップを100均で買うヒトたちって何者? 昔冗談でコレにビール注いで出したら、やっぱドン引きされました。
そんなコトはどうでも良くて……。

 100均が活躍したおかげなのか景気のせいなのか、東京の物価が世界13位まで下がったそうです。ホントに暮らしやすくなったのかどうか知りませんが。地元のヨーカドーで買うタマネギサラダが20円だか値上がりしてましたが……。
 でもこのタワーマンションは物価と関係なく絶対に住みにくい。(アルファモザイ師)

2007年12月 5日 (水)

風邪をブロッグ!

 ここ最近、日付が変わってから見に来る方が多くいらっしゃるようで、午前7時に既に100PV超えてるコトが珍しくない。どんなヒトがご覧になるようになったのか、興味があるところです。
 しかしまあ。2006年の7月頃から毎日毎日よく書くこと。自分でも感心したり。中学だかの希望する職業に『小説家』と書いて先生を当惑させただけのコトはあるようです。人間望みを捨てなければ、それなりに路ができるらしい。
 まあそれも、インターネットって世界ができて、さらに“ブログ”ってモノが発明されたおかげだな。
 
 『そもそもブログは誰が何のために書いているのか?』なんて問いかけもされているようですが(CNET Japan)。どーせ世の中のブログの半分くらいはアフォ狙いのスパムブログだと思うぞ。それが証拠に“臭気判定士”ってブログ検索かけると笑えます。
 『臭気判定士の猛勉強中です』とか『家族と臭気判定士について話し合いました』とか『臭気判定士を知らない人なんてもういませんよね』なんて、その臭気判定士ってところを他の資格やら何やらに換えて無数のスパムブログ作ってるのが見え見え。しかしそれが検索の上の方にずらっと並ぶのだから気分が悪い。
 
 あ、ところで。今年の開幕インフルエンザはAソ連型なんですか? 何かこの間受けたワクチンはホンコン型だったような気がするのですが。ワクチンって予想外れたら返金してくれないの? 残念賞でマスクとティッシュくれるとか……。

2007年12月 4日 (火)

Smoke on the water

 だいぶ前の記事に質問が来ました。『はい。次の質問ど?ぞ♪』なんて書いたモノで、マヂでそこに書いて頂けたワケですが。

「さちこ」さんから。

 この秋からマンションの部屋に帰ってくると洗面台付近からたばこの吸い殻を水に浸したようなにおいがして困っています。
 考えてみても、今年のお盆に洗面所のパイプが外れて水が漏れて大家さんがパイプ交換をしてくれた以外、何も触っていないのですが・・・。
 大家さんに頼んで水道屋さんに診ていただいたのですが、異常なしと言われ、さらにあまりにおいがしないとまで言われてしまい、参っています。
 云いがかりのように思われるのも嫌なので、大家さんにまた相談するのも気が引けます。


 一部略しましたが、要は『洗面台の排水パイプが外れちゃって、直して貰ったのだけど変なニオイが残っちゃった』ってコトですね。
 洗面台のパイプが外れて、どこにどのくらい水が流れちゃったのかが問題ですねぇ。

 一番疑われるのが。
『洗面台の収納部、もしくは床のフローリングなどの木材に水がしみ込んでなかなか乾かない』って状態。
 水が流れた場所が悪かったり、あんまり大量の水が流れたりするとフローリングの下にある“捨て板”って厚い合板にもしみ込んでしまう恐れがあります。そーなるとちょっとやそっとじゃ乾かない。
 合板に水がしみこむと、なぜだか判りませんがちょっと『いがらっぽいニオイ』が出ることがあります。ムクの木でも、種類によって出ることがある。これが“タバコの吸い殻を水に浸したようなにおい”なのじゃないかと思うのですが。

 え?と。まず濡れてる場所の特定です。一番考えられるのが洗面台の下に収納が付いてる場合。ユニット式の洗面台だと、収納になっている箱状のスペースの下にさらに空間があります。その下の床板か、あるいは洗面台の木材かがまだ湿っている恐れが大きいですねぇ。
 収納の底板はネジなんかで止まってますから、ソコ開けて風を通して乾かす。自然に乾くの待っていられなかったらドライヤーで熱風送って乾かしても良いけど、ヘタやると床板とか反るからできたら冷風でやった方が良い。

 洗面台に収納がなくて、排水管が直接見えちゃってる場合(最近少ないとは思いますが)。床板を電気ストーブなんかでゆっくり温めて乾かすのが良いと思います。電気のファンヒーターなんかだと一番良い。
 どっちにしても木材の内部まで湿っている恐れがありますので、時間をかけて乾燥させて下さいね。
 もしお宅がこの条件にあてはまらない洗面台の場合は、ここのコメント欄に引き続き質問してください。

2007年12月 3日 (月)

クエん奴らだ…

 先日。イトーヨーカドーの地下で、レジ横にこんなモノが積んであって。形が面白いのでつい買ってしまった。7&iホールディングスの販売計略に見事ハメられてしまったワケですが、まあそんなコトはどうでもいい。

 レモン型のスポンジなのだが、“パワーズ クエン酸ブラッシュ”と何だかタダ物ではない雰囲気の名前が付いております。

 指先で持つサイズなもので、本来はキッチン回りや洗面台に使う物らしいです。

 こんな具合↑に、クエン酸と研磨剤が添着されているそうです。ちっちゃな割に結構洗浄力があります。

 酸が入ってますから。物によって錆びて黒変したり、ツヤがなくなったりする恐れがありますのでご注意。

 で、何でわざわざコレを記事にしたかって言いますと。こいつをお風呂で使ったワケなんだな、私は。面倒くさがりなので、でかいスポンジやらブラシでガシガシやるのがおっくうで。自分を洗うついでに周囲50センチくらいをこいつでちまちま掃除してました。そしたら。

 4日目で“お風呂のニオイが変わった”んだな。うっすら水カビのニオイが消えなかったのが、キレイさっぱりなくなりました。
 まあ、次亜塩素酸ソーダ臭の風呂に入るのがイヤなもので、あんま徹底した掃除ができなかったって理由もありますが、これわ凄い。重曹より効果テキメンでした。確か6個入りがひと箱298円とか。

※ご注意:あんまり使いすぎると、酸でタイルの目地が痛む恐れがあります。

2007年12月 2日 (日)

何とかうまく行き総会?

 え?。気がつくと、すっかり寝る前に歯磨きって習慣がついています。でも世間的には歯磨きは朝するモノなのでしょうか。それとも寝る前と起きてから両方するのか? 歯がすり減りそうな気がしますが。
 しかも。『朝磨くのは起きてすぐなのか、それとも朝食前なのか』って論争もあるらしい。
 毎食後磨かない限り、どっちでも同じだと思うですが。歯磨きの直後にオレンジジュースかグレープフルーツジュースを飲めば、どっちが正しいかはすぐ判る。

 それで。昨日はまた管理特別委員会の会合がありました。

?前回まで?

『このマンションの管理体制は一からやりなおしだ!』
 マンション管理士大原氏の号令が響いたこのマンション。有志による“管理特別委員会”は四苦八苦というか七転八倒しながら、いよいよ今月中旬の出直し総会へ向けて、まだ足元危なっかしくも着実に進んでいるような気がするのであった。


 総会の議案書ができました。『作ってもらった』ってのが正しいのですが。まあ、今回の総会では。
1号議案:自治会を組合に改変する
2号議案:新理事と監事の選任

 決めるのはこれだけなんですけどね。通常、新築マンションで新規に管理組合を立ち上げる場合には、まず管理組合の設立を居住者(区分所有者)に承認してもらって。それからちょっと休憩取って、その間に打ち合わせで理事とかを内定させてからまた総会で承認をもらうのですが。今回はもう委員会の中では割り振り決まっちゃってるから、そのまんま引き続いて承認をもらってしまいます。事前の意見公募でも、特に何も来なかったし。

 で、この総会開催案内を5日に配布して、20日あたりまでに出席通知か委任状を取り付けます。世帯数の4分の3以上集まれば、まず第1関門突破ですな。
 このマンション、スーパーが入ってたり。賃貸になってるところがあったり、会社が持ってる部屋があったりと、なかなか複雑。組合員数を表記するのに、『○○人』と書くと計算が複雑になってしまうので『○○戸の所有者』としました。賃貸の居住者でも総会に出席して構いませんが、当然議決権はありません。
 総会に正式の出席ができる人は『区分所有者またはその配偶者』です。配偶者以外の同居親族(子供とか)も代理出席は可能ですが、その場合子供への委任状が必要となります。
 
 今回、平成20年1月1日をもって新管理組合が発足します。すぐに予算編成と、これが眼目つーか台風の目である『管理体制をどうするか、自主管理続行か外部委託か』の具体的な協議に入ります。もはや12月の土曜日は全て委員会の会議予定が入ってしまいました。総会後の29日は第1回理事会。
 ……コミケの初日じゃないか。3日目しか行かないから良いけど、でも3日目って大晦日じゃん。絶対数千人が移動中に年越すな。

2007年12月 1日 (土)

演歌ナトリウム

 さっき消防署のサイレンがひと声吠えたんですけど。何だったんでしょ? それきり消防車が出場した音も聞こえないし爆撃機も来ないし。

 で、またマンションの天井裏なんかに潜り込んでおります。25メートル素通しのこの共用廊下の天井裏をちょいと何とかしなくちゃいけません。それにしても凄いなこの懐中電灯。5ワット高輝度LEDですが平気で2?30m先を照らします。ショボいスクーターのヘッドライトより明るいです。
 しかしまあ……。一昨日休んだとは言え、2週間ぶっ通しで現場現場じゃたまったモノじゃありません。

 さすがに今週中程に近所の『小滝橋二郎』でパワー補給したりする。しばらく行ってないうちに、ちょっとレベル上がったような気がするぞ。昔初めて入った時は『二度と来ね?!』と思うぐらいひどかったのだが。
 スープがなかなか良くなったが、当然完飲は禁物です。強い豚出汁と大量の脂に合わせるために、醤油なんかが結構量を使った濃い味ですから。たちまち塩分の過剰摂取。
 アメリカでも『食品の塩分量を減らせ!』と専門家が言い始めたようです(excite)。『塩分量を半分に減らせば、年間15万人の人命が助かる可能性がある』(記事より)そうですが、絶対そんなコトないと思うぞ。塩味が薄いからって、スナックにディップやケチャップをどっさりつけるに決まっている。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック