« 電飾の魔宮(4.5ボルト) | トップページ | 紫煙に私怨を支援する »

2007年12月11日 (火)

神社の効用

 え?。どうやらカゼひいたらしいです。そう言えば金曜日に会社で「顔が赤い」とか言われていたし、昨日は飲み過ぎたわけでもないのに目が充血していました。「何でかな??」とは思いましたがそうかそうかカゼだったのか。
 と、あっさり納得しているバヤイではありません。某新聞社のイイ歳こいた記者さんが、昔「ワープロって場合』が変換できないぞ。何でだ!」と散々文句垂れて。よく調べてみたら『ばやい』と入力していたなんてことはどうでもいい。
 そう言えば、小学生で『八つ』を『はちつ』と読んでしまう子供が少なくないそうです(yahooNews)。作文書かせたら全部ひらがなだったり。こっちはどうでも良くはない。こんなのは家庭で覚えてくることだから、家の中で使われていない言葉だってことだな。やっぱヤバいのは親の方だ。

 え?と。全然関係ないぞ。今週は土曜まで調査の現場が3つも控えていますモノで、ちょっと今日は午前中だけ急用、じゃなくて休養。午後はやっかいな実験をやっつけなくてはいけません。嗅覚の感度はあんま関係ない実験だってのが幸いです。
 で、葛根湯と精製アスコルビン酸とハチミツ生姜湯を飲みまくっております。

 ウチでは生姜を洗ってよく水気を取って、薄切りにしたのをそのままハチミツに漬け込んでいます。2・3日すると生姜の水分が表面に浮いてきますので、全体に良くかき混ぜます。これやらないと表面がカビることがあります。ちょっと底の方が結晶してきたな。そろそろ新しいの仕込まないと。
 コレはテレビで見た東北地方の家庭常備品のやりかたです。向こうじゃ梅酒用のでかい瓶でどっさり作っていました。でもこっちじゃ生姜をすり下ろして作る方が多いのかな?はっぴぃ*Blog) 『ビン入りドリンク生姜』ですか? 効きそうだな。

 今日、帰ってきたらこれ飲も。


ゆっくりお風呂も入りたい。

« 電飾の魔宮(4.5ボルト) | トップページ | 紫煙に私怨を支援する »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731741

この記事へのトラックバック一覧です: 神社の効用:

« 電飾の魔宮(4.5ボルト) | トップページ | 紫煙に私怨を支援する »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック