« 自治会解散 | トップページ | 窮覚検査 »

2008年1月16日 (水)

拘禁消毒

 今日も今日とて、ニオイ対策の仕事ちうでございます。

 何をやっているかって言いますと。リフォームしたマンションなのですが、買った方がどうにもニオイが気になるとおっしゃいまして。私が調べたところ、洗面台カウンター裏の前から貼られてあった合板が経時劣化してニオイを発していました。
 強度には問題がないので、そのニオイだけ止めようって作業です。お得意のポリエステル樹脂塗料でコーティングです。
 この写真、上半身だけカウンターの下に潜り込ませて、仰向けになって撮ってます。かなり苦しいです。

 この塗料殺菌効果もあって、塗った面にいた菌は壊滅。乾いた後も表面には菌が繁殖しにくいと書いてありますが、これだけ溶剤キツかったら当然でしょうな。ヒトだって死にそうになるくらいですから。

 『菌』で思い出したのですが。去年ワシントン市の小学校で、コンピューターのキーボードやマウスを介して100人がノロウィルスに感染(かもされ)してしまったそうです(そらのたま)。さすが、機械になってもネズミはネズミです。

 そうじゃなく。

 マウスは良いとして、キーボードなんてどーやって消毒したら良いんだ? 簡単なのは無水エタノールをスプレーすることですが、ノロさんはエタノール平気なんだなwink。確か。
 ニュースの中で『希釈した漂白剤で消毒』と書いてありますが、次亜塩素酸ソーダのことだな。ハイターとかその辺。
 『次亜塩素酸ソーダ』はサリンだって分解しちゃいますから結構強力です。でも激しくクサい。手に付いたらちょっとやそっとではニオイ取れません。
 もちっとニオイの少ない『塩酸クロルヘキシジン』なんかどうなんだろ? “5%ヒビテン液”って楽天でも売ってるし。タオルに浸して固く絞ったのでキーボード拭いたら良いんじゃないかな?
 そうそう。風邪やインフル予防にはうがいよりも手洗いの方が効果的だそうですから、石鹸で洗った後にヒビテン消毒やりましょう。
 あ。わんこのお耳消毒にはよく使われているようですね(Moty's House)。


もうクサイとは言わせない。

« 自治会解散 | トップページ | 窮覚検査 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731816

この記事へのトラックバック一覧です: 拘禁消毒:

« 自治会解散 | トップページ | 窮覚検査 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック