« ふた桁の痛さ懐かし氷点下 | トップページ | 北の驚異 »

2008年1月21日 (月)

北の家族


 行きの便はANAとAirDoのコードシェアでして。座席に灰皿付いてるって、ずいぶん古くないか?
 スカイマークは札幌まで飛んできているってのに、ドル箱路線だけ飛んでたはずのAirDoのこの体たらくは、一体どーしたことでしょ?

 ホテルにチェックインしたら、早速飲みに繰り出します。鮭と数の子を麹と塩で漬けたこれ、何て呼んだっけ?
 塩ゆで落花生とラムしゃぶサラダと刺身3品と天ぷら盛りに酒1杯で2800円は安いなぁ。でも札幌の平均にしたらきっと高いんだろな。

 “鮭ハラス(ハラシ)”580円。安い! でかい! 激ウマい!

 “ザンギ”は北海道独特の料理です。鶏肉やタコに専用のタレで味を付けて、粉はたいて揚げます。余所の地方じゃザンギを“から揚げ”と呼ぶこともあるそうです。

 最高気温です。でも東京のプラス4℃とかの方が寒く感じる。

 お宿は駅前のワシントン。安い割りに結構良いお部屋。

 吹雪に見えますが、実は晴れてます。風が吹いたら地表の雪が舞い上がってブリザード状態。風がなくたって電車が走れば雪煙もうもう。

 絶滅寸前の711系です。2ドアクロスシートなのでラッシュ時には乗降に時間がかかってしょーがないらしい。でも型式に関係なくどれも冬は雪と氷の塊になります。

 甥っ子姪っ子もでかくなりました。姪が中1でもう170になるかならないか。甥は中3で、とっくに170越してます。純朴そうな中学生に育っていてひと安心。


東京でも床暖房はいいもんです

« ふた桁の痛さ懐かし氷点下 | トップページ | 北の驚異 »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731821

この記事へのトラックバック一覧です: 北の家族:

« ふた桁の痛さ懐かし氷点下 | トップページ | 北の驚異 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック