« マウスハント | トップページ | 腐海の底 »

2008年2月27日 (水)

狙い撃て

 ウチの事務所に温水便座が付きまして。新しモノ好きとしては、本来の目的以外についいろいろと観察してしまいます。脱臭機能は電気で触媒を熱してソコに臭気を通過させてるな……。

 こいつの暖房便座がなかなか優れモノでして、通電開始してから3秒くらいでもうほんのり暖かい。つまり始終温めておく必用がないワケですな。

 便座の左側の外に、ポチッと緑色のLEDが点っていますが、あそこから温風が吹き出してトイレ全体を温める機能が付いてる型もあるらしい。至れり尽くせりです。
 そのうち健康診断機能とか検尿機能付きなんてのもマヂで出そう。

 ひとつ不明な機能がコレでして。何で便器内を照明する必用があるんでしょ? それとも紫外線殺菌機能か? いや、それじゃ蓋閉めてないと危ないのだが……。仕様書と取説どこだ?
 メーカーのカタログを見てみると、どうやらこれは『エチケットポイント』なるモノを照らしているらしい。
 写真は薄暗い所で、ほぼ真上から見ているので全体が光ってしまっていますが、真上に照明がある場所だとLEDがピンポイントで光って見えるらしい。そこめがけて射撃を行うワケですな。
 ただしそのエチケットポイントなる場所は、便器の滝壺なる場所でありまして。これが非常に騒音を発することになる。なので慎み深い紳士としてはどーしても遠慮して手前の傾斜部分に着弾させたくなってしまいます。
 そーするてーと。弾着による破片やら何やらが飛散しまして、これが結構な範囲を汚してしまいます。
 で何やらそーゆう悲惨な飛散事故を防ぐために、『ひざ立ちで使用するための器具』ってのが販売されているようです(J-CAST)。
 便器手前に高さ15センチくらいでしょうかね? 枕みたいな台を左右に設置、そこに膝をつきますと自然と腰の位置が低くなります。そーすると華厳の滝の落差が低くなりまして着弾の際の飛散も少なくなると……。

 何か違う……。

 この足の置き所を間違えたような違和感は何でしょ?

 発明した人が楽天でショップを開いていますが、そこでこの『膝まくら』を使っているイラストを見ますと。使用している姿勢にかなり無理がある。
 この『膝まくら』を置く位置にもよるのだろうけど、腰を突き出して上体をやや後ろに反らせるような姿勢になってるんだな。そうしている時間は短いけど、これは疲れるし腰に負担がかかるぞ?。
 おまけに、射撃を済ませて立ち上がる時はどーするのだ? 取っ手みたいなモノが付いてはいるが、低くすぎるし立つ時には枕の安定に不安があるぞ。
 特にお年寄りが使用するには、非常に危険があるような気がするのだが……。この『膝まくら』使うために壁にハンドレール付けるの?

 う?ん。値段とかリスク考えたら、エチケットポイントを狙撃した方が良さそうだなぁ……。

 あ。トイレで思い出した。岸部シローさんがメントレGで、『便器狙って、ドーンと腰を落とす』っての。笑わせていただきました。ビンボーと関係ない……。

« マウスハント | トップページ | 腐海の底 »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731858

この記事へのトラックバック一覧です: 狙い撃て:

« マウスハント | トップページ | 腐海の底 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック