« 眼下の敵 | トップページ | 鬼やらい »

2008年2月 2日 (土)

ときめき目盛ある


 黒魔導臭気判定士、またまた何か「ぁゃιぃ」コトをやっております。

 まるで静岡名物黒はんぺんですが、コンクリートのベースです。これに『何か』を塗って反応が起こるかどうかを確かめようって試行でございます。

 「ぁゃιぃ」と言えば、伊藤ハムが『女子高生』って言葉を商標に出願しちゃってるそうです。(CNET)
 これわ大変です。どんな悪逆非道で鬼畜なハムソーセージを作ろうとしているのか、非常に期待が大です。
 実際にそんなネーミングで発売された日にゃ、ひっそりと脳内狂喜乱舞するヒトが続出するのではないでしょうか? あ、もちろんカードがオマケで付くんですよね。
 まあそんなコトはどうでもいい。出願しただけでまだ登録になってないし。できないと思うし……。

 それで。

 昨日のコメント欄に「ざくろす」さんから質問がありました。

始めまして。臭気判定士の方にご相談できればと
思って検索してたどりつきました。
ニオイ相談です。よろしくお願いします。
私は、ブレストロンという臭気測定器で
口臭を計測しました。

具体的な数値をあげますと、

RANK (++) SEVERE
   VSC   2576 ppb
でした。過酸化水素水で舌に染み込ませて
磨き後したあとRANK (-) NORMAL
   VSC   133 ppb 
になりました。
さらに、ガスクロマトグラフィー検査しました。
硫化水素        
30.7ng/10ml  
メチルメルカプタン   
20.6ng/10ml 
ジメチルサルファイド
3.0ng/10ml 

歯周病や口腔、鼻や内臓の病気はみつかりませんでした。
これはどのくらいの臭気なのでしょうか?
口のなかのニオイがこれだけ臭ってれば、
呼吸の度に外にどのくらい臭いは拡散しますか?
あとこの臭いを消すにはどのようなことを
すればよいでしょうか?オキシドールで消毒は
人体に危険ですか?


 え?。口臭衛生(?)は臭気判定士の専門外なのですが、まあ一般論としてお答えいたします。

 まず“ブレストロン”は新コスモス電機で作っている医療用硫化物センサーですね。
 「VCS 2576ppb」というのはかなり臭っているレベルのようですが、食事や生理状態によって、恐らくこの数字は刻々変化するでしょう。
 それにVCSってのはいろいろ種類がある硫化物全部の反応らしいです。硫化物だって臭いのも臭くないのもありますので、この数字がどうだってことは判りませんねぇ。

 『空腹になると口臭が強くなる』なんてこともありますし、食べた物が消化されて血液中に取りこまれた際に硫化物が生成されることだってあります。
 ダイエットで体脂肪が燃焼した時にも血液中に老廃物として硫化物が生成されて口臭が強くなるそうです。つまり。生きてる限り健康だって口臭は出てしまうコトです。
 それにセンサーの数字だけ見て体に異常があるかどうかは、たぶんお医者さんでも判らないと思いますよ。

 ガスクロのデータだって「硫化物がごく微量検出された」という以外何も判りません。
 先にも書きましたが人間の生理現象として硫化物は体の中で生産されて、どっかから必ず排出されます。排出しなかったらそのうち死にます。
 ですからガスクロのデータで判ることは『人体の当たり前の活動による硫化物の反応が当たり前に検出された』ってことです。

 呼吸に伴って発散する口臭ですが。口で呼吸すれば当然出まくります。発散を防ぎたかったら鼻呼吸しましょう。

 と言うわけで。あなたが健康で普通に生活していても、そのようなレベルの口臭が出てしまうのは防ぎようがないってことです。
 オキシドールで口の中洗っても、血液の中に生成された硫化物が汗やら唾やらに混じって排出されますので、一時的に収まってもすぐにまた口臭は出てきます。
 オキシドールが口の粘膜を荒らして、逆に口臭を強くしているかも知れません。ムダですからやめましょう。

 それじゃどーしたら良いかって言いますと。……こっからが消臭技術者の出番ですな。
 硫化物の生成をどうしても止めたかったら、イオウ成分を含んだ食品を一切口にしないことでしょうねぇ。ニンニクタマネギやニラは当然として、肉や脂肪なんかも使わない精進料理食べるとか。
 それでも体の中で老廃物として硫化物ができちゃいますから排出も止めようがない。だったら出ても判らないようにしてしまえば良いのです。
 サプリメントやアロマオイルによる消臭原理を体の中で行うのが良さげ。代表的なサプリでは「シャンピニオンエキス」なんてのが効くらしいですな。でも自分で試したことがないので何とも言えません。
 まあサプリもなかなか良いお値段です。でもずっと手軽で比較的安い方法があります。それは『お茶』です。ありきたりと思いますが、これがなかなか馬鹿にできない効果を持っています。
 まずカテキン、いろいろ効果が謳われていますが。静菌効果でもって口の中にいる雑菌をある程度退治してくれます。薬品に比べたら効果は弱いですから、使用頻度を上げてやれば良い。つまりしょっちゅうお茶を飲む。
 で。それだけお茶を飲み続けますと、そのうち人体排水にまでお茶成分が出るようになる。つまりオシッコがお茶臭くなる。どーでも良いことですが、私は土日はオシッコがコーヒーくさいです。
 そのように。お茶成分が体の中に充満すれば、ごく微量の硫化物臭を消してくれると思います。
 できればペットボトルのじゃなくて、茶葉で淹れたのが良いですね。茶葉はある程度高い物の方が香りが高い、つまり有効成分である精油の量が多いようです。

« 眼下の敵 | トップページ | 鬼やらい »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731833

この記事へのトラックバック一覧です: ときめき目盛ある:

« 眼下の敵 | トップページ | 鬼やらい »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック