« 花と文化で一世紀 | トップページ | ベイエリアの抗争マンション »

2008年4月 1日 (火)

スミレを薫らせる

 え?。それで……。まだ宝塚で引っ張ったりする。

 実は今回の観劇ツアーは阪急さんに呼ばれたってのもあったりするんだな。

 上の写真。手前が大劇場で、奥に建ってるタワーが『ファミール宝塚』。何か地元じゃ評判悪いらしいですが……。屋根のデザインが大劇場に倣ってるから阪急が建てたのかと思ったらどうも違うらしい。

 まああれは関係ないからどうでも良いのですが、“花のみち”を辿っていきますてぇと、『宝塚ガーデンフィールズ』って所に出ます。実は手塚治虫記念館はそこにくっつくみたいにして建ってます。
 その先には今、これは阪急でやってる『ジオタワー宝塚』が建設中。さらにその傍には宝塚音楽学校の旧校舎を移築した『宝塚文化創造館』ってのもできます。

 それで今問題になってるのが、下水マンホールから漏れるニオイなんだな。蓋にスミレを刻印したところで、当然何の効果もありません。

 大劇場の公演だと1回2500人、午前午後だと実に5000人のマダムとその他ちょびっとの人達が花のみちを通ってやって来るのですが。時折出マンホールからてくる下水臭にメチャクチャ苦情が出てるそうです。

 で、これを何とかして欲しいと阪急さんから相談を受けての下見も兼ねていたんだな。
 しかし、消すだけだったらそう難しいことではないのですが。



できたらスミレの薫りがでるようにしたい。





ムリ言うなよ




 でもしょーがないからバイオ+香料で何とかできないか実験するんだな。スミレの香料ってあるのか?

 神戸のローカルテレビもわざわざ取材に来ました。しばらく月に何度か宝塚に通うことになるかも知れません。










なんて仕事が来たら良いな……。


「またアタシに留守番させる気ね!」


 ネット中に今年もまた“4月バカ”状態が蔓延しているようです(Gigazine)。便乗。

宝塚みたいにゴージャス

« 花と文化で一世紀 | トップページ | ベイエリアの抗争マンション »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

師匠おかげさまで、宝塚大劇場の中も外も、大久し振りに見せていただきました。55年位前、小学校の遠足だったか母親に連れられてだったかが最初で、何回か観に行きました。春日野八千代さんがでていらしたころです。大阪フィルのコンサートなんかでも行きました。そのせいか、実は、ちょいとだけヅカファンなんです。どこがいいって、宝塚の方は総じて立ち姿がきれいですね。

バトラー先生どうもです♪ひえ?!春日野八千代さんと言えば今だ現役。宝塚歌劇団の生きてる歴史じゃないですか。音楽学校の試験中だったので、受験生の娘さんも見ることができましたが、既にオーラが発生していました。ホントにあそこは、日本が産んだ奇跡でございます。

師匠そうですか。春日野八千代さんは現役なんですね。ということは、森光子さんのはるか上を行くではないですか。1915年生まれ・・・ひええ?いつだったか、宝塚受験のドキュメンタリーをやっていました。師匠が「奇跡」と言われるのがよくわかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731895

この記事へのトラックバック一覧です: スミレを薫らせる:

« 花と文化で一世紀 | トップページ | ベイエリアの抗争マンション »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック