« 臭合住宅 | トップページ | プラもええ »

2008年4月16日 (水)

プラ萌え


 何か最近“つくばエクスプレス”の利用が多いです。おかげでSuicaのチャージがすぐなくなってしまいます。

 「速ええ?」と思ったら120kmで巡航してる。どーりで常磐道の車と競争してるはずだ。

 で今日は。作業服にヘルメット、鉄板入り安全靴に防護メガネの完全武装でやって参りました。
 これを作っている工場でございます。ペットのトイレ砂みたいですがもっと粒が大きいです。アップで撮るの忘れました。

 今まで『プラごみ』はほとんどが埋め立てになっておりましたが、それじゃ埋め立て処分場があっというまに塞がってしまいますので、廃プラも何とかしなくてはならなくなりました。
 昔、新潟は小千谷で埋めた廃プラ掘り出して焼却する工場に1年以上関わってたな。中越地震の前の話だ。長岡駅前の『お米サブレ』の店無事だったのかな?
 一時は製鉄所が溶鉱炉の燃料に使ってくれましたが、ごみはどんどん発生してくるから使い切れません。それに不況で高炉の稼働率も落ちてきたし。
 で、紙ごみなんかも混ぜて。溶鉱炉だけじゃなくて色々なボイラーでも燃やせるようにしたのが『RPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)』です。正しくは『RPPF』だな。詳しくはここ見てください(エコネットのエコ通信)。

 しかしまあ。これも廃棄物なモノだから当然臭います。中でも、ちゃんと分別してくれなくて、生ごみと一緒になったプラごみなんか、ニオイは生ごみそのものです。
 しかも、この工場も周辺がだんだん開発されちゃって住宅が建ち始めてます。このままではお約束の「臭い工場はどっか行って!」になってしまいます。あんたらの出したごみを資源に戻してる大事な工場なんですがねぇ。

 本格的に暖かくなる連休前にとりあえずの対策に着手して、夏までには簡易でも設備を入れないと。
 これは大変だぞ?。やり甲斐あるぞ。良い勉強になるから新人みんな連れて来なくては。

おすすめ再開発地域

« 臭合住宅 | トップページ | プラもええ »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

いつもブログ見させていただいてます。見てて思うのですが、匂いのトラブルというものはいっぱいあるんですね。今回のゴミ焼却場など、住宅じゃなくいろんな所で匂いの問題が起きていて、いつもブログを読んでビックリしています。またブログ見にきます。

エコネット吉田です。RPFの件ご参考にしていただき光栄です。臭気判定士でいらっしゃるのですね。さぞや嗅覚に優れた方でしょうね。これからも参考になることがございましたら、是非ご利用ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731909

この記事へのトラックバック一覧です: プラ萌え:

« 臭合住宅 | トップページ | プラもええ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック