« 雨に唄えば | トップページ | 螺旋の力 »

2008年5月22日 (木)

過酸化酢い素の使い方

 東京都民は温暖化や環境問題には非常〜に不安を感じているそうですが、そのために何かやろうとはしないそうです(AFP)。
 マヂっすか? 「環境保護は経済成長よりも重要だ」と口では言っておきながら電気点けっぱなし、見もしないテレビも点けっぱなしですか。
 これわ『でんこちゃん』にチェンソー持たせて、都内に乱立してる自販機ぶった斬りツアーに行ってもらうしかありませんな。あ、もちろんチェンソーはAC100Vのね。たぶんCM減ってヒマしてるだろうから。

 どーでも良い自販機も止められないなら。ここはやはり東京都専用の原子炉を都内にぶっ建てるしかありませんな。クリーンで安全なんだから、土地が空いてる有明に建てたって別に問題ないでしょ。
 あ、どーせなら土地が汚染されまくりの豊洲がちょうど良いか。(完全に都知事にケンカ売ってます)


 それで、え〜。アーサー君の『よどみ水臭』は植物+雨水でビンゴだったようです。う〜ん……。そのニオイ対策が思いつかない。とりあえずちょっとワキに置いて、次のハガキ読む。
 「しみたろう」さんから。

 全自動洗濯機のカビとりをするために、以前おふくろに教えられるまま食酢を使用してしまったことがあるのです。
 半年ほどは何も思わなかったのですが、最近(ここ1ヶ月)なんだかとっても洗濯機が臭い!しかも、お酢臭い!

 排水溝かなとか思ったのでパイプマンなんかを使用し、排水溝の掃除をしたり、洗濯機の洗浄にキッチンハイターや洗濯機用カビキラーなんかを使用してみたのですが翌日の夜にはお酢臭い…orz

正直、ちょっと困っています。
 洗濯機もまだ2年ぐらいしか使用していないので買い換えるわけにはいかないんです。

 ちなみに、使用する洗剤によって翌日の臭さが激変します。ニュービーズやボールドなどの香料たっぷり系はやっぱりあまり臭くありません。
 しかし、アタック等の洗剤の基本性能のみのものは翌日夕方には激臭を放ちます。(洗濯後の洗濯物は全く臭くありません)


 半年も経ってからお酢復活ですか? それわあり得ないでしょ……。あんま濃い酢を使ってしまったためにネオプレンゴムのパッキンやOリングに酢のニオイが染みついちゃったってのならあり得ますが、それならすぐに気が付くはず。半年も経ってからどっかからじわじわ酢が出てくるなんてキモチ悪酢ぎま酢。

 『お酢』と言えば。ウチは結構酢の消費量が多いで酢。ゴボウのアク抜きに米酢、中華風炒め物には香醋をたっぷりぶっかけるし。
 『ゴボウのアク抜き』ってのが、これがまた不思議な表現でして。ゴボウを切って真水に浸しておくと、水がどんどん茶色になってしまいます。
 昔は知らなかったモノで、一生懸命水替えて、色が抜けるまでやってました。アレやっちゃうと、残ったゴボウには栄養分がほとんど残らないのですな。みんな流れ出ちゃう。
 今はもう『洗いゴボウ』なら皮もむかず、切ってざっと酢水に潜らせる程度で調理しちゃいます。要は切ってから火を通すまでのスピードですな。だからキンピラなんかでもニンジン切ってる余裕がない。……って先にニンジンを切っておけば良いのか。
 酢水に浸すってのは、漂白効果ではなく栄養分がゴボウの中に固着される効果だと勝手に思っていますが、違うのかな?

 え〜と。キンピラゴボウの話じゃなく……。
 恐らく。「しみたろう」さんが感じている『お酢臭い』ってのは、酢が残留したのではなくてカビ類の繁殖じゃないかって気がしま酢。
 ハイターカビキラーの複合攻撃にも耐えてるってのですから、塩素系のクスリじゃ一時的に脱臭か塩素臭にマスキングされるだけで、カビそのものは全然取れてないのでしょうねぇ。ニュービーズなんか使うと一時的に良くなるってのも同じ効果だな。
 
 どーしたら良いのかって言いますと。細菌の最近は、人間が普段からあんまりいろいろな化学物質を使いまくるもので、すっかり体制を整えて耐性ができちゃってるんです。
 だから『キッチンハイター』と『カビキラー』って基本的に同じ成分のクスリ使っても全然効かない。次亜塩素酸ソーダと界面活性剤ですからね。色とニオイだけ一時的に抜けても、またすぐ復活しちゃう。
 そーなったらもう、攻撃するクスリの成分を替えるしかありません。私の仕事だったら過酸化水素を使います。
 ドラッグストア行って『オキシドール』を5〜6本買ってきて、それを洗濯槽の中に注ぐ。アマゾンか何かでケース買いするって手もあります。大量に買っても過酸化水素で自殺ってのは多分ムリですから不審がられることはないような気がします。
 でも過酸化マンガンにぶっかけて純酸素吸いまくったら酸素中毒で死ぬかな? でも半端に吸って失敗すると健康になる危険があるので勧めません。

 え〜。それで。オキシドールが足りなかったら『ワイドハイター』の詰め替え用を2本ほどで水増ししても良い。

 『キッチンハイター』じゃなくて、黄色い容器↑の『ワイドハイター』です。お間違えなく。
 オキシドールと塩素のキッチンハイターが混ざると、半端じゃなく泡だってそこら中塩素臭が充満します。たぶん死にませんがしばらく食欲が失せると思います。
 過酸化水素ですと、塩素攻撃を凌ぎきって油断しているカビに対して意表を突いた攻撃になります。
 市販のオキシドールですと過酸化水素の濃度は5%以下でしょうから、槽洗浄コースを一時停止させて、浸しておいた方が良いかも知れませんね。
 私たちが使う過酸化水素は35〜40%の劇物ですので、カビなんか一瞬で泡吹いて溶けます。皮膚なんか真っ白に灼けて激痛で跳び上がります。ヒドラジンと混ぜたらMe163が飛びます。
 関係ないけど、『EA−6Bプラウラー』の推進排気に吹き飛ばされて遊ぶ飛行甲板クルーの動画(※もの凄い音が出ま酢)

 え〜。今日もまた余計なコトいっぱい書いてしまったぞ。こんなコトやってるからスマッチが重くなるんだな。



いま有明がアツいんです!

« 雨に唄えば | トップページ | 螺旋の力 »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735208

この記事へのトラックバック一覧です: 過酸化酢い素の使い方:

« 雨に唄えば | トップページ | 螺旋の力 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック