« 過酸化酢い素の使い方 | トップページ | 罹楽ぜーしょん »

2008年5月23日 (金)

螺旋の力

 え〜。もうすぐ今年も折り返し地点にさしかかりますが。いいかげん忙しすぎてヘタれてきました。でもヘタれてるとこ持ってきて、今日は6時半出社で夜の8時から調査の現場が入ります。来週はニオイサンプリングが午前2時半なんて無茶な現場もあります。九州でクラゲ10トン消臭なんて恐い話も来てます。かなりヤバいです。

 6月と言えば、『におい・かおり環境学会』です。そろそろ“学会の先生モード”に入っておかなくちゃいけません。

 私の担当は、におい・かおり成分濃縮の新技術と電子機器から放散されるにおいの評価か。2日目(6月6日)にはエステーや小林製薬、ライオンと言ったメーカーの研究発表もあります。
 特別講演(5日)は日本獣医生命科学大学の松石教授が『食肉のおいしさとその因子』って内容。日獣と言えば武蔵境です。以前中央線挟んだ向かい方に住んでいたこともあります。

 それで……。天井裏のニオイで困っていた『北』さんから。

台所の換気扇作戦実行しました。外の排気出口をみてみたら、浴室換気扇と比べて排出量がすごいですね。何か期待出来そうです☆

よどんでいたあたりの壁に丸孔を電気ドリルで開けてみました。

ここからドンドン悪臭を吸い出してくれて染み付いてる臭いも薄くなってくれたら良いと思っています。


 かなり強硬な作戦に出たようです。壁に穴開けたって……。たぶん1センチ程度でしょうけど、良いのかな? 私が勧めたワケじゃないよな。(汗
 え〜。空気の流れを作るには必ず入り口と出口が必用ですので、その……。『新設した通気口』からしっかり空気が抜けるように、どっかから天井裏に外気を入れなくてはいけません。って、またドリル持ち出さないように! 躯体に穴開けるのは御法度です。

 電線なんかのケーブルが引き込まれているパイプの詰め物を取っちゃうとか。どっかに開けられて、その後塞がれた穴を活用しましょう。
 それから、前に書かれていたように扇風機で風を吹きこむってのも良いでしょう。
 できたらダクトファンみたいなもので、奥の方まで空気を送り込めたら都合が良いのですが。ニオイを追い出すには熱をかけてやればもっと良いのですが。……だからジェットバーナー持って来ちゃダメですってば。

 ジェットと言えば……。全然関係ありませんが。パルスジェットのエンジンってのはプロパンガスでも作動するんだ。ここに動画が載ってますが、プロパンガスボンベの傍で、個人製作のパルスジェットエンジンが灼熱しながら動いてます。近くにいたくないほど恐ろしい光景です。
 そして。それをコトもあろうに自転車に搭載して走るってンだから(WIREDVISION)。もう狂気の沙汰です。恐ろ面白そうで乗ってみたいです。でも自転車のブレーキじゃ止まれないどころか減速すらできないと思います。

自転車ですぐ

« 過酸化酢い素の使い方 | トップページ | 罹楽ぜーしょん »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735209

この記事へのトラックバック一覧です: 螺旋の力:

« 過酸化酢い素の使い方 | トップページ | 罹楽ぜーしょん »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック