« 先進疑術 | トップページ | ベルチェ素子 »

2008年7月14日 (月)

箱根八里は鉄の道


 現行ロマンスカーで一番古いLSE型でございます。もう20年選手ですな。横に何か写っていますが気にしないでください。

 このテーブルは対面4人掛けの時でないと不便なだけです。弁当がないのでちゃむりが非常に不満そうです。

 登山電車のスイッチバック。あっちの旧型に乗りたかったのですが、時間がないので選んでいられません。車内は中央線並のぎゅう詰め。これに立って乗ってるのは、なかなか疲れます。

 最高時速80kmってことでしょうか?原付バイク並みのメーター。運行速度は原付以下です。

 強羅からのケーブルカーは、もう凄い行列でした。キップは買ったものの、ひと駅のために何十分も並ぶのがバカバカしいので歩いてケーブルカーに先回り。

 バブルの遺産でしょうか、廃墟と化している保養所らしきもの。

 現場のベランダからの眺望。住人は毎朝窓を開けて「ヤッホー!」と叫ばなくてはいけません。

 帰りはあまり好きじゃないEXE型のスーパーはこね。台車の配置が1両2台なので(LSEは2両に3台づつ、連結部についてる)、ロマンスカー特有の「タタン、タタン、タタン」って走行音がしません。

 無事務めを果たしました。やれやれ。何が疲れたって、登山電車が一番疲れました。




箱根に住んでみる!

« 先進疑術 | トップページ | ベルチェ素子 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735264

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根八里は鉄の道:

« 先進疑術 | トップページ | ベルチェ素子 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック