« 箱根八里は鉄の道 | トップページ | 敗戦処理 »

2008年7月15日 (火)

ベルチェ素子

 夏に涼を取るには、扇風機とビールに限りますな。ビールと言ったら枝豆です。蚕豆も好きですが、独特の香りと「こりっ」とした歯ごたえが枝豆の命。しかし、スーパーで『詰め放題』なんかで売ってる茹で枝豆は味も素っ気も歯ごたえもない。

 従って、味にうるさい臭気判定士は自分で茹でる。群馬県産天狗印に岩塩振って、茹でる前に揉みます。
 10分置いたら大量の熱湯で約3分一気に茹でて、ザルにあけてまた岩塩振ってウチワで仰ぐ仰ぐ仰ぐ。水で冷ましたら味も香りも抜けてしまいます。立ち上る独特の香りだけでもビールが飲めます。
 
 これとビールがあればエアコン要りません。寝るまでの話ですが。
 寝るときは、2時間の『おやすみモード』にして『熱さまマクラ』あてて寝ますが、午前3時頃に暑くて目が覚めてしまいます。しょーがないからまた2時間のおやすみモードにする。
 そうそう。エアコンと言えば『Kさん』が脱臭機能付きエアコンのことをコメントに書いていましたが。これのことかな?(家電Watch)
 内部をステンレスにして掃除をしやすくして、『ミスト脱臭』で除菌消臭を行うそうですが。何だそりゃ?

 給気の風で本体内部に組み込まれたペルチェ素子の放熱部を冷却。これによって発生する結露を吸湿ピンが吸い取り、高電圧によってイオン化し放出。水を補給することなく、空気中の水分だけで、帯電した20〜80nm(ナノメートル。1nm=1mの1/10億)のイオンミストを完成させる。 (記事より)

 だそうですが。『ベルチェ素子』って秋葉の秋月電子で千円ぐらいで売ってる熱モジュールのことか? 何であれでミストができちゃうんだ? 結露が発生するのは、どー考えたって冷却側だよな。
 あ。ベルチェ素子ってのは電気を通すと表から裏にもの凄い勢いで熱を移動させます。だから熱側をしっかり冷やさないと素子自体が壊れちゃう。
 これ使って超小型の窓用エアコンを作れないか考えたこともあったけど、ちょっと考えただけで排熱と結露がどーしょもないことに気がついて止めました。
 で、やっぱ結露は冷却側に出るよな。熱かかった所に結露ってありえないもの……。まあいいや。
 とにかく結露を『吸湿ビン』に取って、それに高電圧をかけると……。もしかしてオゾン水か? オゾン水ミストを放出すれば、そりゃ脱臭効果あるわな。カーテンとかの脱臭ができるって言ってるから。
 もしかしてオゾンでエアコン本体がやられちゃうからステンレスにしたのかな? あ、もうすぐテレ朝の放送が始ま……、レポーターの木内さんから電話かかってきたぞ。




ビール飲めるスペースもある?

« 箱根八里は鉄の道 | トップページ | 敗戦処理 »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

どうでもいい話ですが、わたしの母の名前は「素子(もとこ)」です。びびった。

有馬ゆえさんどもです♪『ベルチェ素子(もとこ)』って、攻殻機動隊のヒロインみたいで格好良いような気がします。

昨日ヨーカ堂にエアコンを買いに行きました。私の思っていた脱臭機能付きのエアコンってのは「エアコンその物の臭いを取る」のだそうです。部屋に染み込んだ臭いを取る機能付きは20万円位するそうで・・・とてもじゃないけど手が出ません(^_^;)ガックリしながら、今日も相変わらず壁裏の強制換気作戦を繰り返す日々です。私も登山列車の混雑はひどすぎると思います。あれじゃ年寄りは箱根に行けません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735265

この記事へのトラックバック一覧です: ベルチェ素子:

« 箱根八里は鉄の道 | トップページ | 敗戦処理 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック