« 家庭用ドライ(以下略) | トップページ | 家庭用ド(以下略) »

2008年8月15日 (金)

家庭用ドラ(以下略)

 え〜。コミケが始まっておりますが、手荷物検査やら問題のエスカレーター運転中止やらで混乱が予想されますが(GIGAZINE)。大丈夫でしょうか?
 さてもういっこの、これはホントのドライミストを作ることができるノズルが残っております。ただしこっちはエアー源がないと作動しない。

 なので会社で眠ってた榎本マイクロのCM380を復活させてエアー源にしてみる。ノズルの規定空気量にちょっと足りないが、他に使えそうなポンプがないので仕方ない。

 US1Jにも配管部品を取り付けます。こっちはエアー用。

 もう片方は水の吸い上げ用。エアーの方は圧力がかかりますから、いーかげんなビニールホースは使えません。ナイロンブレードホースって耐圧用です。
 水タンク代わりにサントリーの山崎プレミアムソーダの瓶を使用します。このソーダはとっても上品。とても柔らかい舌ざわりです。それだけに同じ88円でもペットボトルソーダの半分しか量がありません。

 試運転〜。そら噴け〜!

 ……ノズルのところまで吸い上げてはいるのですが、噴いてくれません。やはりエアー量が不足して空気圧が立たないのか。重力給水してやれば噴くかな? またペットボトルでテケトーに……。

昨日のプラごみで全部捨てちゃったよ……。

 自分ひとりだけ涼しいマイクロミスト製造器ってのが人気らしいです(tyuboyaki)。でも手押しポンプ程度の圧力でドライミストなんてできるのか?


−やはりまだ続くらしい−




家庭用?

« 家庭用ドライ(以下略) | トップページ | 家庭用ド(以下略) »

ドライミスト冷房とか…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735310

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭用ドラ(以下略):

« 家庭用ドライ(以下略) | トップページ | 家庭用ド(以下略) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック