« いやなもの | トップページ | トラジマ »

2008年8月12日 (火)

家庭用ドライミス(以下略

 え〜。調子悪いです。

 何がって。何だかわからないけど気力が出ない。暑くて寝られないからだとは思いますが。それとも最近注目の『社内うつ』(GiGAZINE→kousyoublog)でしょうか? 仕事が多すぎて気持ちが仕事を拒否しているとか……。

 こんな時は仕事より遊ぶコトを考えた方がいいですな。

 つーワケで。スプレーイングシステムスジャパンからノズルのサンプルが届きました。ありがとさんです。

 なんだか在庫がない番手ばっかり頼んでしまったようで、近い性能のを選んでくれたらしいです。

 手に持っている金色のが『ワールジェットB5』0.02MPaで1L/毎分の粗ミストを吹きます。どっちかと言うと散水ノズルに近いです。

 その下のゴツいのが2流体アトマイジングノズルの『SU1A』。
 まるで旧ソ連の自走砲みたいな名前ですが、毎分11Lのエアーを流してやるとサイフォンで水を吸い上げて、毎時500ccから800ccのドライミストを噴きます。

 もういっこは『ユニジェットTT-SS+T-SS2W』って1流体で、0.2MPaの液圧で毎分100ccくらいの準ドライミストを作ります。「準」ってのは細かいミストと粗いミストが混ざって出ちゃうからなんだな。

 さて。コレを使って実験をして遊ぶやらかすワケなんだが。このノズルをホースに繋ぐためのフィッティングが手持ちにないんだな。みんな4分の1ネジだから。
 これはフツーの金物屋では売ってません。ホームセンターでも売ってるかどうか。神田紺屋町の鈴木ブロンズ継手、まだやってるかな?




どう使う?活用法を大公開!

« いやなもの | トップページ | トラジマ »

ドライミスト冷房とか…」カテゴリの記事

コメント

実験たのしそうですね!ドライミストがあればニオイもとれちゃいそうですね!

うちの工場内にも霧を出すようにしています。(確か、25年くらい前に親父が、業者に頼んでつくったやつ。)同業の工場にも何軒かあると思うけどもう廃業しているからなぁ。うちのは地下水のポンプからパイプで工場内に数ヵ所と一部は屋根にパイプを伸ばし熱い日に屋根も水を流し、工場内も噴霧するという方式だけど今は使用してません。(笑へたに出すと室内ですから、サウナです。(笑工場内温度40度近い毎日ですから。いずれ、外して200万住宅の外回りにつけようかと目論んでいます。

塾長様実験も、実験にこぎつける過程も楽しいです。アンモニア臭なんか、水を噴くだけでかなり取れちゃいます。ららさんどもです♪ミスト冷房には通気が欠かせません。ミスト混ぜた風を工場内に「どーん」と押し込んで反対側から抜けば快適になろと思います。(そー簡単には行かない場合が多いですが…)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735301

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭用ドライミス(以下略:

« いやなもの | トップページ | トラジマ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック