« 東京消防庁にきいてきた | トップページ | 洋風の誘惑 »

2008年9月27日 (土)

増すカレーど

 会社の近所は昔は元祖『ラーメン激戦区』でして、今でもまだ新店ができては消えたりしています。最近はどうやら『つけ麺バトル』です。

 プラス。最近はカレーもバトルになっているようです。上みたいな「ナン食べ放題」って呼び込みがあっちでもこっちでも。

 ココイチも『カレーラーメン専門店』なんての出しております。しかしあいにく、仕事中はカレー食えないんだな。嗅覚感度に影響出そうで。
 どれほど感度に影響出るかなんて調べていないし、ホントに影響が出るかどうかも判りませんが、何となく自分の嗅覚に自信が持てなくなるのでやはり仕事中の昼食には避けてしまいます。

 それほどの影響力を有している(かも知れない)カレーでございますので。当然カレー国のお方が住まわれますってぇと、室内への影響いかばかりかと心配になってしまうのは当然です。

 『ゆかねこ』さんからの相談。

 住宅のにおいのことで相談させて下さい。自宅(一軒家)を賃貸することにしたのですが、現在、インド人のご家族が入居を希望されています。
 よくインド人が入居すると家にカレー臭が染みついて住めなくなるといった噂を聞きます。実際、家ににおいというのは染み付くものなのでしょうか?そして一度染み付いたにおいは消すことはできないのでしょうか?
 色々な疑問が生じて二の足を踏んでおります


 え〜。確かに、家にニオイはしみつきます。で、特徴的なニオイってのは、やはり調理の時に一番多く発生します。
 ちょっと考えただけでも。中国のヒトは調理に多量の油を使用します。ニンニクやショウガもどっさり使います。さすがに臭豆腐を頻繁に使うことはあまりないでしょうけど。
 ベトナムやタイのヒトだと、ナンプラーやニョクマムと言った魚醤が特徴的です。あと香菜(コリアンダー)だな。そーゆースパイシーな料理には良くコロナとかシンハーとかのビールが出てきますが、あんな薄いのじゃない方が料理に合うと思うのだが。サッポロの『赤星』定番にしないのかな?
 こーゆーエスニックな食材でもって料理を行いますと、やはり最低でもキッチンの壁や天井、換気扇にも独特のカホリがついてしまいます。
 
 インドのお方ですと、どう考えたってカレー系のスパイシー料理を作る頻度は高いでしょうね。日本人が醤油味の料理を作ることが多いのと一緒だ。
 昔、サンフランシスコの日本人街は、醤油と味噌のニオイで地元のヒトに嫌われたそうです。今はアメリカ本土でも『ショーユ』を使っていますが。
 生スパイスゴリゴリ擦って、それで魚やチキン炒めますので当然スパイシー蒸気が多量に発生します。
 一般家庭用換気扇はそんなに効率よくありませんから、香りが最低でも1階全体に広まってしまうのは防ぎようがないと思います。

 ニオイが付着するのは
�@カーテンとかの面積が広い布類
�A壁や天井のクロス
�B家具類
�Cフローリング

 という感じで強く付着します。わざわざ書きませんでしたが、換気扇そのものにも当然強烈に付着します。
 なので。数年お住まいになったとして。退去なさった後で家具類が全部なくなった後も、調理に伴う何かしらのニオイは残ってしまうと思います。これはどこの国のヒトが住んでも、何かしらのニオイは残ります。
 もし『カレー臭』が気になるほど残ってしまった場合には。

�@壁と天井クロスの貼り換え(最低でも1階全室)
�Aフローリングのワックスがけ
�B換気扇とダクト内の清掃または交換
�C1階に畳の部屋があった場合には表換え

 このような処置が必要になるでしょうね。もしクロスを剥いで、ボードを直接嗅いでカレー臭がするようなら、脱臭が必要です。オゾンで取れると思います。ウチで機械の貸し出しもやっています。

« 東京消防庁にきいてきた | トップページ | 洋風の誘惑 »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735443

この記事へのトラックバック一覧です: 増すカレーど:

« 東京消防庁にきいてきた | トップページ | 洋風の誘惑 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック