« 高密度にもほどがある | トップページ | 増すカレーど »

2008年9月26日 (金)

東京消防庁にきいてきた

 前々から気になっていることがありまして。
 「屋内の階段を換気することに問題はないのか?」って単純なことなのですが。

 以前に新築マンションの非常階段で、建材臭が非常に強いために苦情が出ている現場がありまして。換気すれば良いじゃないかと言ってみたところ。「換気できる構造にすると火災の時に煙が入り込むからダメだ」と管理会社に却下されました。

 消防法を調べてみましたが全く解らなくて、しばらく忘れていたのですが。今度はビンテージマンションで換気が悪い共用廊下と階段をどーにかするって案件が出てきました。
 折良く九段下近くで調査の現場があったので、お堀を回って東京消防庁まで訊きに行ってみました。
 何で電話しないでわざわざ行くのかって言いますと、単に行ってみたかったからなのですが……。

 清水堀、千代田区公会堂のあたり。何でしょねアレは? 水の中の輪っかがリベット打ちで作られているあたり、そーとー古いモノみたいです。

 ついでだから『お堀の内側』を通って行ったりする。

 中は彼岸花だらけでした。暑いです。



 予防課予防係で話を伺いました。

私「え〜と。マンションの避難階段としても使われる屋内階段がですね。常時 閉鎖防火扉で仕切られちゃって換気が悪くて、住民から苦情が出ていること があるのですが、屋上に換気口付けても良いんでしょうか?」
 
消「消防法には非常階段の換気についての規定はありません。建築法だと何か 規定があるかも知れませんが、『換気してはいけない』というのはあり得な いと思います」

私「それじゃ、屋上に通じるドアにルーバーを付けて、常時閉鎖の防火扉を検 知式の常時開放に代えても大丈夫ですか」

消「防火扉の機能を阻害しなければ問題ありません」


 といった具合で、たった5分ほどで用件は終わってしまいました。いくら調べても判らないはずでした。最初から書いてないんだもの。
 まあこれで、階段部分に換気を取るのが違反じゃないってことが判りました。

 ちっちゃいヘリだな〜。これで火災で気流メチャクチャな上空行って消火剤撒いてたのか? 今も昔も、火消しに関わる人間は勇敢です。



・湿気対策

« 高密度にもほどがある | トップページ | 増すカレーど »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

非常階段は屋内にあるのですよね?そうすると、階段などはひとつの防火区画になる(俗に言う「縦穴区画」)ので、換気扇をつけられないと回答してきたのではないのかしら?…違っていたらすみません。

がらさん毎度どもです♪良くわかりませんが、管理会社も「何となくマズくね?」みたいな感じで言ったのではないかと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735442

この記事へのトラックバック一覧です: 東京消防庁にきいてきた:

« 高密度にもほどがある | トップページ | 増すカレーど »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック