« 社会の窓 | トップページ | ここにタッチしてください »

2008年9月22日 (月)

日的混沌布袋

え〜。臭気判定士として超忙しい身でありながら、時々このブログの写真にも写りこむ『よけいなもの』愛好会の代表みたいなコトもやっております。

 何やってるかって言うと。HPの運営(かなりさぼっている)とイベントの参加。このように↑『ちゃむり』の飼い主を募集して媒介普及に努めております。やればやるほど赤字なんですけど。好きでやってるのだから仕方ない。

 で。昨日もイベントに参加して。打ち上げは新宿の『老辺餃子館』にしようと参加者を募ったら、何と10人以上も集まってしまって。豪華特別室で貸切パーティとなってしまいました。これが間違いの始まり……。

 飲み物も来ないうちから、既に不穏な気配が漂いまくっております。

 わらわらわらわら。『余計なものが』出るわ出るわ。しかし、ここに子供は一人もいません。

 『乾杯〜!』の頃には、もはや何がなんだか判らない状態。既に無礼講です。

 前菜と蝦の炒め物に続いて、こちらの名物餃子です。蒸し餃子4種。アップを撮り忘れましたが、やはり美味い。下段のスープ入りは八角が効いた私好みの味。お代わり欲しいくらいですが、いけません。先はまだ長い。

 何か知りませんが、早くも酔いつぶれたのが出ています。

 お店のヒトにヌルく見られていました。

 鶏とカシューナッツ炒め。濃い味で美味いです! 飯が欲しいところですが油断してはいけません。つーか、そろそろメンバーから「苦しい……」の声が漏れ始めました。

 お箸の進み具合と反比例して、事態はますますヒートアップしています。もう店員さんが入れ替わり立ち代り覗きに来ます。何せこのヒトたち↑、台湾の人気テレビ番組のキャラクターです。

 炒飯が出た頃に『木偶さま(霹靂布袋)』が登場するに至っては、ついに店員さんたちによる写真撮影まで始まってしまいました。この後、何とコックさんまで見に来てしまいました。

 日本なら、辻村ジュサブローの『新八犬伝』か『真田十勇士』の人形がいきなり出てきているような状態なのでしょうか?

 そして。派手な銅鑼の音と共に遂にやってまいりました『皇帝鍋』。エンペラーポットでございます。煮えたぎっております。
 今回は特別室に隔離されていますが、これをほかのお客さんがいるところで銅鑼鳴らして持ってこられると、もう注目の的です。

 鍋を皆でつつくのではなく。こうして取り分けてくれます。
 ところで。「主役の料理なのに何でお腹がいっぱいになったコースの最後に出てくるの?」と疑問に感じます。それに『皇帝』って名前の割には料理自体そんなに豪華に見えません。実は、それには理由があります。

 具材は。水餃子、干しナマコ、シイタケ、ニンジン、白菜などです。塩味清湯スープでじつにあっさり。しかしこのあっさりスープが只者ではない。それとは感じないがかなりの漢方食材で取っていると見た。
 何せ。かなり満腹の胃にするっと入ってしまう。そしてあれだけ脂っこい料理が入った胃がすっと軽くなる。

 つまりこれはshine食中で一旦胃を休めて、さらに食欲を増進させるための漢方スープshineなのです。

 きっと皇帝様は、これを飲んでから次なるコースにとりかかるんだな。これだけ食って、ツィンタオビールも飲んで5千円でオツリが来るとは安いぞ。笑いすぎて腹筋も痛いし。

 老辺餃子館の皆様、ごちそーさまでした。お騒がせしました。

 『布袋劇』の歴史についてはこちら。
 『布袋劇』の映画やTVはこちら。




・お家でもおいしいごはん

« 社会の窓 | トップページ | ここにタッチしてください »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735438

この記事へのトラックバック一覧です: 日的混沌布袋:

« 社会の窓 | トップページ | ここにタッチしてください »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック