« ジャストサイズ | トップページ | 熱闘7分 »

2008年9月17日 (水)

バールのようなもの

 そういえば。土日でウチの防災用品をチェックするはずだったのに、すっかり忘れてしまったぞ。水の備蓄も減ってきたからちょっと真面目に見直さなくてはいけないなぁ。

 この間。もう何年もいろいろ相談を受けているマンションで、またいろいろな設備の点検なんかを頼まれてしまいました。ほとんど便利屋状態。まあ面白いからいいけど……。

 ついでだから関係ない防災倉庫まで点検してしまう。あの木製ハンマーは何に使うんでしょ? 扉を打ち破るのかな? でもここにあったんじゃ、これを取りに来るために扉を打ち破らなくちゃいけないのだが……。やっぱ餅つきだよな。

 え〜。七輪が5個とカセットコンロが5個……。
 ちょっと待て、このマンション300世帯あるんじゃなかったのか? ホントにこんなので足りるのか? 水と食料はどこだ? スコップやらバールのようなモノだって必用だぞ。

 そういえば。良くニュースで『金庫がバールのようなモノでこじ開けられた形跡があり……』なんて言葉を耳にしますが。やっぱこの、腰がふらついたようなモノの言い方はいろいろと揶揄の対象になっているらしいです(News47)。

 ……しかし、こんなことのアドバイスまでやらなくちゃいけないのか?

 その『バールのようなモノ』ですけど。破壊用の道具ってのは平時には犯罪の道具になっちゃいますが、災害時には非常に役に立ちます。
 「たたき壊す・テコに使う・打ち破る」って救助方法は、鉄のバールならばこその威力です。その気になれば、ロックされた車のドアぶち破るくらいのことはできます。普通はわざわざドア破らないで窓割りますけど。
 あ、車が水没した場合。電気系統が生きている間に窓を全部開けて、シートベルトは外しておけば死ぬ確率が大幅に下がるそうです(SAFETY JAPAN)。
 窓を開けておかないと、完全に水没しちゃったら車内に『バールのようなモノ』がないと脱出できなくなります。
 

« ジャストサイズ | トップページ | 熱闘7分 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

『バールのようなモノ』、ニュースで聞くたびに気になっていました。バールじゃないのか? バールじゃなかったら何なのか? と・・・。やはり気になっている方はいるんですね。類似語の「鈍器のような物」も気になります!

キタニ様どもです♪そうそう『鈍器のようなモノ』の方が雰囲気恐ろしいです。漬け物石みたいなのでガン!とか、直径1mの丸太でゴン!とか。様々にオソロしい想像が沸いてきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735433

この記事へのトラックバック一覧です: バールのようなもの:

« ジャストサイズ | トップページ | 熱闘7分 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック