« 御釜池 | トップページ | とっても急騰 »

2008年9月 1日 (月)

悠々地適

 え〜。腹いっぱい美味いモノ喰って、帰ってまいりました。お世話になったお宿↓は『時悠々「楽游」』ってところ。

 ご覧のように山の中腹。急坂を登らなくてはならないので、歩いて登る場合には金剛杖と缶入り酸素が必要です。
 内装は非常に今風シックに作られていますが、元はどうやら古い保養所か何かの建物だったようです。中の廊下など、所々で古い旅館のニオイがして微笑ましかった。

 お部屋もこのように。古色ゆかしい和室を、その風情を残したままリフォーム。なかなか良いカンジに仕上がっています。窓の解放感が素晴らしい。

 まあこのような温泉地も、不況のあおりと競合する施設との競争なんかでお客を呼ぶのも大変です。ここは不便な場所にあることを逆手にとって、『落ち着きと静かさ』をウリにしているようです。
 そのためか。広い方のお部屋は満室で、私たちが泊まったのはレギュラーのお部屋。こちらでも充分楽しめましたけど。
 「楽游」のロゴデザインを手がけたデザイナーさんのブログに、良い方の部屋が紹介されています本音夕)。

 それと料理ですな。私にとってはお風呂と同等の重要な点です。楽游さんでの食事は、レストランの広い半個室でゆっくりと。

 チーズの西京漬け、甘酢茗荷、アワビの煮貝、キノコの和えもの酒盗味。食前酒は白桃のリキュール。

 主菜は『溶岩焼き』この牛肉は生でも食べられるそうです。

 一番気に入った『蓬麩と穴子、海老芋の蝦葛あんかけ蒸』お代わり欲しかった。日本酒が欲しいところでしたが、実はこの時点でまだお風呂に入っていませんでした。何せ普段の夕食は午後9時……。

 スイカのゼリーに沈んでいるのは杏仁豆腐。豆乳を使ったティラミス風だそうですが、どう味わってもブラウニーだったのだが。コレも実に美味かったけど。

 朝ごはん。タラの西京漬け、豚の角煮、イカの沖漬みたいなの、小菜盛り合わせ、サラダとフルーツ。ご飯2杯食べました。げふ。
 ひとつ残念だったのは、地元河口湖で採れた食材が見当たらなかったこと。ムリして海モノ出す必要ないと思うのだが……。
 廊下の換気なんかも、もう少し工夫すればもっと快適になるはず。メール出してやろうかな……。

« 御釜池 | トップページ | とっても急騰 »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

隣家のエコキュート(室外機?)のにおいについて石川先生、はじめまして。どちらに相談していいかわからず悩んでいたところ、こちらのサイトをご紹介いただきました。どうぞよろしくお願いします。私は築3年の戸建住宅に住んでいますが同時期に建った西隣の家のにおいに悩んでます。隣家はオール電化住宅で敷地の東南の角にエコキュートのボイラー?でしょうか、冷蔵庫くらいの大きさのものを設置しています。それにエアコンの室外機が2機接続されてます。我が家から見ると南西の角にあたります。隣家は家族に喘息の方がいるとかで窓を開けることは殆ど無く1年中休みなく空調を稼働させています。私は季節の良いときは家中の窓を開けますが南風に乗ってプラスチックの燃えるようなにおいが容赦なく入ってきます。窓のそばの机で1時間程作業をしていると頭痛がしてきます。オール電化住宅の場合このような排気のにおいは普通なのでしょうか?それとも隣家のものだけ何かトラブルがあるのでしょうか?2年は我慢してきましたが最近つらく感じるようになり、何か解決の手だてがあれば、と思っています。アドバイスいただけたら大変嬉しく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735414

この記事へのトラックバック一覧です: 悠々地適:

« 御釜池 | トップページ | とっても急騰 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック