« 連作障害 | トップページ | ジャストサイズ »

2008年9月15日 (月)

秋の実り

 え〜。もともと休日だってコトを失念していたくらいなので、予定が何もありません。夜中の豪雨で庭も湿気ちゃってるから庭仕事もしたくありません。つーか、臭気判定士会の仕事しなくちゃいけないんだよな……。
 それはそうと、このブログ。いつのまか4年目に突入しております。と言うことはスマッチ自体も4年目なのですな。
 まあ、2005年9月の記事ってのはテストライティングで公開は10月26日だったのですが。それにしても、『こんな変なことばっか書いてて良いのか?』とか思いながら、よく1000本も記事書いたこと……。
 リクルート社からは『石川さんの普通のブログって感じで普通〜に書いてください』って言われてるのだが、編集部の方はどう考えているのかな。一度『万寿金せんべい』持って顔出さないと……。と思っているうちに福田さんお辞めになってしまったなぁ。


 で、昨日。女房が「ウッドデッキに何か変なモノ生えてる〜」と指摘。確かに、雨にあたって腐食した部分に「何か」生えてる。

 「何か」をむしってみた。これはキノコっぽいなぁ。どーせならこんなショボいのじゃなくて、なめこでも生えてくれたら良いのに。

 放っておくと腐食がどんどん進行するので、何か手を打たなくてはいけません。関係ないけど『にゃぢ』がぬいぐるみとシンクロしてます。

 木材の腐食を防ぐには『クレオソートオイル』に漬けるって技術が昔から使用されています。線路の枕木ね。
 でも腐食が始まってしまったら、生きている木だって直すのは難しいことです。乾燥した木材じゃほとんど不可能。なので得意のこれ↑を使って固めてしまいます。

 まず硬いブラシでもって、「何か」をこそげ落とします。あんまり力入れると木もボロボロになるから手加減して。

 『パーマシールド』を塗ります。と言うか流し込みます。言い忘れていましたけど今回使うのは『アクア(水性)の18番』。番号が大きくなるほど、単位あたりの樹脂の濃度が高くなります。当然粘度も高くなる、エンジンオイルと一緒だな。
 番号が小さい番手の効能は「染み込みが良い」ってことです。30番なんかだと素材に入っていかないでコート皮膜作っちゃうこともあります。
 パーマシールドの購入方法を調べてみたけど。一般のヒトが手に入れるにはやっぱペンキ屋とかで取り寄せてもらうしかなさそうだな。いちおメーカーのホームページ。水天宮の事務所に行けばで売ってくれるはずです(事前に要電話)。

 ついでだから雨があたりそうな部を全部塗ってしまいます。腐食しているところは特に念入りに染み込ませて、ポリエステルで硬化させてしまいます。これでもう何年か持つでしょう。

 つくばの田んぼ脇に捨てられて、枯れそうになっていた稲の苗。持ってきてテキトーに植えておいたら穂が出ていました。半分陸稲状態だったし、にゃぢがネコ草と間違えて食べてましたが、結構強いものです。収穫できたら来年は種籾からやってみよう。

« 連作障害 | トップページ | ジャストサイズ »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735431

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の実り:

« 連作障害 | トップページ | ジャストサイズ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック