« 増すカレーど | トップページ | 山中鉄臭 »

2008年9月28日 (日)

洋風の誘惑

 え〜。順調に寒くなってきたようです。

 若木さん家に触発されたわけではありませんが、うちでも『おでん』を作ったりする。

 どこが『おでん』かって状況です↑。うっかりするとタマネギとニンジン放り込んでポトフ作ってしまいそうです。ばら肉頼んだのに、これはどう見ても肩ロース肉なのだが。

 安全処置として、アク抜きして鍋でカラ炒りしたコンニャクを用意します。これでコンソメ味とかトマト味にしようなんて衝動は起こらなくなります。

 とどめはコレです。コレを使ったら、もう後には引き返すことはできません。『味噌煮込みおでん』として完工させる以外どーしょもなくなります。
 ストレートの八丁味噌だと渋みが強すぎるので赤だしを使用します。本来は具が「溶岩の中で煮えている」って位の高濃度にしなければいけないらしいのですが。幸か不幸か名古屋人ではないもので、若干手加減します。

 さっきの肉塊引き上げて、冷ましてから切り分けて串刺して。下茹でしたダイコンにも串刺して。コンニャクにも串。ゆで卵は4個放り込む。

 竹竿立てて、それにつかまって跳ね踊る『田楽舞』の姿が、串刺しの豆腐みたいなので『田楽豆腐』と呼ばれたのが始まりらしいです。
 それを。1本ずつ焼くのが効率が悪いからって鍋でもって大量に煮た屋台料理が『煮込み田楽』。それを江戸では「煮豆腐売り」なんて担ぎ売りもあったようです。
 で、お決まりのどんどん呼び名が簡略化されちゃった最後が『おでん』らしい。だから食材は串に刺さってるのが正しいんだな。

 大本の田楽豆腐は木の芽味噌とかだから、味付けは味噌がデフォと言えないこともないんだろうな。しかし上方じゃ八丁味噌は使わなかったに違いない。
 残った汁は今日のお昼に『味噌煮込みうどん』で使います。

« 増すカレーど | トップページ | 山中鉄臭 »

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

なるほど、おでんのルーツがよくわかります。我が家は愛知在住ですが九州生まれでこういうふうに料理した経験がありません。息子は学校給食の影響で赤味噌が大好きです。なかなか美味しそうです。うちでもぜひ一度やってみようと思います。

まるこ様どうもです♪名古屋の料理は何でも『あんかけ』or『八丁味噌味』になっちゃうって聞きました。『味噌カツ』と『あんかけチャーハン』はすでにあちこちに進出しているので『味噌煮込みおでん』もメジャー化すると楽しいですね(味噌味好き)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735445

この記事へのトラックバック一覧です: 洋風の誘惑:

« 増すカレーど | トップページ | 山中鉄臭 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック