« IKEAでKAGEYA(その1) | トップページ | IKEAでKAGEYA(その3) »

2008年10月15日 (水)

IKEAでKAGEYA(その2)

 季節の変わり目ってのは、およそ無粋なモノでも感じられることでして。

 およそ毎日通るこの殺風景な交差点でも。

 プリンスホテルの排気塔から湯気が吹き出すようになると、「もう冬が近いんだな〜」って気がします。
 それはそうと。『押井守監督が宮本武蔵を作る(GiGAZINE)』そうで、両方大好きな私としては非常〜に楽しみでございます。
 『「五輪書」の極意を新解釈で表現する"押井節"全開の新しいエンターテイメント作品』(記事より)だそうですが、また『何度目覚めてもまだ夢の中』ってコトか?

 え〜。それで。

 この、「たいしたことのないカラフルな商品をドカ積みする」っての、効果的ですな。要らないのに欲しくなってしまう。

 買い物は後にして、調べなくてはいけません。

 とにかく開けて嗅ぐ。

 開けて家具を嗅ぐ。

 棚板なんかも外しちゃいます。のんびり見回っているお客さんの中で、私だけやたらキビキビ動いてます。完全に調査モード入ってます。かなり不審です。

 危なく買いそうになった大工道具セット798円。

 キッチンユニットも、木製のモノは全部調べます。

 キッチンの引き出しに敷いてある、このシートのシトが結構溶剤くさかったです。

 あ。使徒じゃなくてエヴァでしたか。
 このシート。ニオイが気になるシトは、使う前に広げて風に当てた方が良さそうです。

 − 戦いはまだ続く −

 続くと言えば……。『終わりなき戦い』をリドリー・スコット監督が撮るんだよな〜! これも楽しみ〜!



IKEAが近い!

« IKEAでKAGEYA(その1) | トップページ | IKEAでKAGEYA(その3) »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

あ、このラショネル、うちの食器棚にありますね。ブログにも書いたような。。これかな?古い記事ですねhappy01

IKEAの策略に乗って、我が家にはこの袋を止めるパッチン(品名がわからない…)あります(笑)ラグマットは結構臭かったような…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735463

この記事へのトラックバック一覧です: IKEAでKAGEYA(その2):

« IKEAでKAGEYA(その1) | トップページ | IKEAでKAGEYA(その3) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック