« インターセプター | トップページ | 四角な死角に潜む刺客 »

2008年10月 7日 (火)

辛苦の下

 え〜。『流し関係』の質問が溜まってしまったのでまとめて回答。ついでに浴室のことも回答。
 『住まいの相談室』に「何でユニットバスの外側は断熱しないの?」って質問が出てます。

 ユニットバスの下ってこうなって↑ます。だいたいFRPで一体構造になってます。本体も排水管も確かに断熱されていませんね。実は必要がないので断熱していないんですね。床下の空間が高温多湿で、ユニットバスから冷水が流れるって状態なら、そりゃもう床下びしょびしになるくらい結露します。
 でも実際はそれほど湿度も高くない床下空間に、温度の高い排水が流れてますので結露は起こりません。
 真夏に床下が高温多湿になって、家の中が寒いくらいに冷房かけたら少しは結露するかも知れませんが、たぶん床下の換気でもってすぐ消えてしまうでしょう。以上。

 で次。その前に。
 「ルネッサ〜ンス!」の髭男爵が、『衣装が臭くなって困ってる』そうです(iza)。そりゃそうだろな。あれ一着きりなんだもの。毎日ライトガンガン浴びてたら汗もかくし。
 それに『美食ワンダーランド』の時に、くさやとか臭豆腐とか、キョーレツなニオイに晒されて、あれ絶対ニオイ付いたと思う。

 え〜と。それでシンク下とか洗面台下のニオイ。だんだん時間なくなってきたぞ。(本日8時出発)
 「麦畑」さんと「イソラウリ」さん。シンク下と洗面台下の下水臭です。
 シンクの排水も洗面台の排水も構造はほぼ一緒です。トラップの構造が違う程度。
 で、キレイにしているのにニオイが出まくるって時は。収納部分のさらに下に原因があることが多いです。

 これは洗面台下。排水のパイプが真中で、左右がお湯と水の配管。ユニットの底をU字型に切り取ってパイプを通しています。塩ビの板でその隙間を隠していますが、気密性はないから下からニオイが上がってきたら止められません。
 排水管は。洗面台の場合、このまま鉄パイプで下水管につながりますが、キッチンの排水管はジャバラホース(洗濯機ホース)で排水管に繋がっていることが多いです。シンク下はいろいろな設備が入ることが多いので、自由度を稼いでおく必要があるんだな。

 実はこの『自由度』ってのがクセ者であることが多いんです。ジャバラホースは軟質塩ビのキャップでもって塩ビの下水管に固定されていますが、これが結構抜けちゃってることがある。その「抜けちゃってる」写真がどっかにあるはずなんだけど……。あ、あった。

 上から見ると、きっちりはまっているように見えますが、よく見るとホースに引っ張られて塩ビ管からすっぽ抜けちゃってるってことがあります。それで……。あ〜時間がなくなってしまいました。続きは帰って来てから。




・マイホームにはわからないことがいっぱい…

« インターセプター | トップページ | 四角な死角に潜む刺客 »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735455

この記事へのトラックバック一覧です: 辛苦の下:

« インターセプター | トップページ | 四角な死角に潜む刺客 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック