« 苦渋6時間 | トップページ | 日経住まいのリフォーム博(その2) »

2008年11月26日 (水)

陰を落とす

 え〜。またもやタワーマンションのてっぺんに来ております。今日の巨塔は内陸部です。

 “魔界都市新宿”に。都庁の影に触れると、突然零下数十度の寒気に襲われる『庁舎凍』って現象が書かれていますが。こーゆー町中にタワーマンションの影が出現するとソレを思い出します。

 真下はこんなです。落ちる間におにぎり1個ぐらい余裕で食えそうです。

 内側はこんな。こっちに落ちるのは迷惑ですからやめましょう。
 

 え〜。それで。ちょっと別の意味で深刻な相談が来てます。
 『ともきち』さんから。

 私の母がにおいで悩んでいます。
 家にいるとどこからともなくいろんなにおいがするそうです。
 においの種類は洗剤だったり、たばこのにおいだったり、殺虫剤だったり何もしていないときににおってきたりするそうです。
 それによって喉もいたくなったり、鼻の粘膜が弱っているようで鼻をかむと血がまじっていたりするそうで、何が原因かわかりません。
 母は外から入れられている、嫌がらせだというんですが私はにおいをかんじないのでよくわかりませんし、そんなことできるとは思いません。
 もしそういう方法があるなら知りたいですし、ほかに可能性があるならどういうことが考えられるのか教えていただけないでしょうか。


 この『他の人には感じられないにおい苦情』は、よく遭遇します。

 実際に何らかの『におい』が存在する場合もあり、本人がそのにおいに非常に過敏に反応してしまうということもあります。しかし私が経験した同様の現場で一番多いものは、『実際にはにおいが存在していない』ケースです。

 これはいろいろな原因が考えられます。シックハウスやそれに似た過敏症であることもありますし。鼻やのど、いわゆる呼吸器の炎症だったこともあります。
 『ともきち』さんのお母様の場合。『鼻の粘膜の炎症』が非常にひっかかります。“におい”が原因で炎症を起こしたのか、それとも炎症が原因で“におい”を感じているのかが解りません。
 粘膜の炎症について、耳鼻科で診察を受けられることをお勧めいたします。その際医師に「ニオイに非常に敏感になっている」ことを伝えてください。

 『外部からいやがらせでニオイが入れられている』件につきましては、今まで経験したトラブルの中で実際にそうであった(ことが非常に疑わしい)ケースは1件だけで、割合にすれば1%未満です。
 『ともきち』さんがおっしゃる通り。そんなことはまずできませんし、面倒で困難な上にヘタすりゃ自爆しちゃう嫌がらせをするヒトはいません。

 それで、「自分の家の中で何か変なニオイを感じる」と言う不安な現象に常時曝されますと、非常な精神的ストレスが発生します。
 きれい好きな人ほどそのストレスは大きく。まれには神経症的な症状や、長期にわたって続きますとひどいときには統合失調症に近い『被害妄想』を訴えることもあります。
 「新しく引っ越してきた隣の人が24時間自分を監視して、ちょっとでも気に入らないことがあるとニオイを出してくる。10分ごとに“ニオイのかたまり”を撃ち込んでくる」と言ったような、非現実的なことを真剣に語られたことも何度も経験しました。
 
 『嫌がらせ』を訴えるのはそのキーワードに近いです。『何もしていない時ににおってくる』のもそうです。
 耳鼻科の治療で“におい”を感じなくなり、ストレスから解放されればそちらの方も解決するのではないかと思います。
 もし耳鼻科の治療でも解決しない場合には、また相談して下さい。




東京の空に住む。

« 苦渋6時間 | トップページ | 日経住まいのリフォーム博(その2) »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735515

この記事へのトラックバック一覧です: 陰を落とす:

« 苦渋6時間 | トップページ | 日経住まいのリフォーム博(その2) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック