« ジャンクに非ず | トップページ | クレベリンを買ってみた »

2008年11月30日 (日)

黄金林檎伝説

 昨日も書きましたが、北海道ってのは妙に食品のテスト販売が多いところでして。飲料やらインスタントラーメンやら、本州では「何それ?聞いたことない」ってな商品がぞろぞろあったようです。
 ぐぐっても出てこないけど『マルちゃんの高級ラーメン』とか、『リャンタンメン』とか。
 あ、そう言えば。全国販売だったけどハウスの『本中華』と明星『劉昌麺』復活しないかな。今なら箱買いするぞ。あ、写真見つけた

 中でも都市伝説化してしまった『ファンタ ゴールデンアップル』(現状と現況)とか(某掲示板では、ナゼか必死になって存在を否定する人間が多いと聞く)、私は間違いなく飲んでおりました。
 上のリンク先のブロガーも「何で販売していない物を復刻するのだ?」と首をひねっているようですが。たぶん北海道限定だったんだな。

 で、もひとつ思い出した。

 駒澤大学岩見沢教養部(現在はなくなったらしい)に通っていた頃、部活の仲間と良く飲みにいった店には『カエル焼き』と『アイデアル焼き』がありました。
 アイデアルってのは『コーモリ』のことですな。蝙蝠の塩焼きだ。コレを食って女の子に悲鳴を上げさせるのがお約束でした。
 考えてみたら、蝙蝠ってネズミの仲間なんだよな。『野うさぎ』だの『ワニ』に比べるとデイリーポータルZ)結構ゲテだったんだな。
 そういえば境駅に行く途中に、ワニやダチョウ料理を出す飲み屋があったのだが、いつの間にか不動産屋になってたな。

 え〜。それで。

 『日経住まいの(以下略』です。いつの間にやら重いことになってしまいました。全体を3周も回ってしまいましたので、5・6ホールだけのイベントなのに東館全部回ってしまった勘定になります。こりゃ疲れるわ。

 時間があるので、200円で東京駅まで行けるバスに乗って帰ります。初めてだな。豊洲から送迎バスに乗ったことはあるけど。
 そう言えば『全日本科学機器展』だったか。バブルの頃は豊洲からハイデッカーの観光バスで送迎してくれたのだけど、翌年は普通の都バスに格下げになってて、何とも笑えたなぁ。

 この路線の車窓は、湾岸タワーマンションの展示会です。ここは豊洲の石川島播磨跡。まだ建つんだな。
 海に近いタワーは、やはり風を逃すために海には角を向けなくてはいけません。そーじゃないと『海風陸風』で換気扇が逆流します。『雪風』は人間に反抗します。

 向こうは月島です。レンズにゴミ付いてます。どーやら中に入ってしまったらしい。参ったな。

 振り返って豊洲側。奥が『キャナルワーフタワーズ』ですな。「キャナル」つーと火星の『東キャナルシティ』を思い出しますが、きっと全然関係ないな。

 これは『リバーシティ21』ですか? ここもまだ建つんだな。




これから販売のマンション

« ジャンクに非ず | トップページ | クレベリンを買ってみた »

ムダなこだわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735519

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金林檎伝説:

« ジャンクに非ず | トップページ | クレベリンを買ってみた »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック