« 件の如し | トップページ | 残業交流展 »

2008年11月19日 (水)

大川冬景

 え〜。のどかな風景でございます。何か最近この辺の仕事が多いな。

 こーゆう写真撮りますと、レンズの歪みってのが気になります。早くリコーRGが欲しいです。

 まあ肉眼で観る分には歪みは起こりません。良い眺望でございます。……眺めている場所がこんな状態↓だってコトを気にしなければですが。

 上の写真も、右のパイプがビミョーに曲がって写ってますな。良く見たらあそこはトイレだ、あれは汚水管か。
 火災の後をフィトンチッド消臭ちうでございます。精油は大嶋スペシャル3種ブレンドです。

 火事現場の消火器ってのも、何かこう物悲しい雰囲気が漂っておりますな。

 そうひどい燃え方はしなかったようですが、ソレと判るコゲ臭はしっかり感じます。
 このままボードを貼ったら、コンクリートにしみていたニオイが隙間に溜まって、換気の負圧でコンセントから吸い出されますな。今のうちに消臭しておくに越したことはありません。

 何か業者が消臭剤を設置していましたが。これはグラフト重合タイプの、しかも初期の製法のだな。ちょっと独特の刺激感があります。
 こーゆー現場では吸収方式の消臭剤は効きません。しかもこれでは置けば置くほど状態悪くなります。
 『グラフト重合』ってのは、デンプンとかいろいろな素材に放射線を照射して、何かよく知りませんが活性炭のような吸収能力を持たせたものです。
 以前にシックハウス対策で少し使ったことがありますが、確かにホルムアルデヒドなんかは良く吸収しました。でもなぜか素材が妙なニオイを発する製品が多くて、ちょっと使いにくかったです。
 こーゆー現場ですと、ひどいコゲ臭の場合には塗り込めちゃうしかありません。今回のような軽い状態なら、相性の良い香りをコンクリートにしみつかせて、不快感を減らして気にならない状態にしてしまいます。“消臭剤のご利用は計画的に”です。

 『ダブルパワークリーナー』はキッチン換気扇のダクト掃除用。関係なさそうな仕事ですが、いちおニオイのことなので臭気判定士が家事労働的に作業しました。
 



のどかな景色がございます。

« 件の如し | トップページ | 残業交流展 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735507

この記事へのトラックバック一覧です: 大川冬景:

« 件の如し | トップページ | 残業交流展 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック