« 陰を落とす | トップページ | 日経住まいのリフォーム博(その3) »

2008年11月27日 (木)

日経住まいのリフォーム博(その2)


 産業交流展2008で日本デオドールブースにお立ち寄り(無理やり引っぱり込まれた)いただいた皆様。ありがとうございました。
 おかげさまをもちまして、2日目もたくさんのお客様を香りで引き込んでしまいました。2日目はカモミールを発散しまくってみました。

 眠りと目覚めの香りアイテム“ティフラ”も注目を集めました。来月の発売開始が楽しみです。ちなみに、上にはこんなふうに↑アクセサリーを置くことができます。

 設営に5時間でしたが、撤収はたったの1時間。クロスをキレイに剥ぐのに一番時間がかかりました。

 関係ないけど、例の西館のエスカレーターはまだ閉鎖されていました。


 え〜。それで、書くネタがいっぱいあるぞ。日経住まいの(以下略)もまだ途中だったし。


 INAXの次はTOTOに向かいます。おや、カメラにノイズが入ったぞ。霊障か?

 これこれ。こーゆうのを見たかったのです。これは新型のネオレスト。

 トラップの構造がよく判ります。やはり3次元で見ないと。このモデルは水のブースターポンプを積んでいて、水圧が低い場所でも洗浄効果が落ちないそうです。

 問題の汚水配管との接続箇所。技術の方とちょっと話ができたのですが、やっぱ設置空間(トイレ)内の気圧低下は考慮に入れていないそうです。
 まあそれだけ強固な接続を行っているってことなんでしょうけど。でも現場じゃ漏れているのですから、やっぱ何か考えていただきたいところです。





最新の住宅

« 陰を落とす | トップページ | 日経住まいのリフォーム博(その3) »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

どうもたいへんご無沙汰しています.名古屋から,室内負圧の関係ではお世話になっています.あれから2年ですが,まだやってます... (_)今度ついに,150Φの差圧給気口をもうひとつあけることになりました.高さ2mのサッシに隙間を10mm弱あけると,トイレの異臭がほぼなくなることがわかってきまして,同等面積の穴をあけることで対応することになりました.トイレの接合部については,そのあとまだ現象が解決しなければ,再度検討することになりそうです.設置空間(トイレ)内の気圧低下は考慮に入れていないとは,恐ろしいことです.また報告します.

youさんごぶさたですお元気ですか♪給気口追加ですか。躯体に穴を開けるから大工事ですねぇ。フィルターなどで圧力損失が発生しますので、完全負圧解消とは行きませんでしょうけど、台所の換気扇が効かない現象だどは、かなり解消されると思いますよ。気圧低下の件は、そんな現象が起こるようになったのがここ10年くらい。タワーマンションが建ちはじめてからだと思うので、まだトラブル情報も集まっていないのではないかと思います。各社にしっかりと情報を流してきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735516

この記事へのトラックバック一覧です: 日経住まいのリフォーム博(その2):

« 陰を落とす | トップページ | 日経住まいのリフォーム博(その3) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック