« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

年取りの晩

 と昔は呼んでおりました。皆正月でもってひとつ年齢を重ねたのですな。
 私の子供の頃には「数えでいくつ」って年齢の数え方がまだ残っておりました。数え歳と満年齢の違いが解らなくて、ずいぶん困ったこともありました。

 で。何だかんだで大晦日の食卓準備。メインはやっぱり蕎麦です。昼も食ったけど。
 あ、何か「GooTa」の冷凍天蕎麦がスゴいらしいです(GiGAZINE)。

 ちなみに刻んでるマグロは『にゃぢ』用です。にゃぢは数えでいくつになったんだろうね?
 では皆さん。来年は『良い年である』と思い込んでしまいましょう。

ナポリの正道

 え〜。大晦日になってしまいました。

 正月を迎える準備は何もしておりません。仕事してます。可能な限り時間とって文章書かなくちゃいけません。あ、某局からの資料も目を通してメル打ち合わせしなくては……。

 今日はお昼に浅草橋更科に行って蕎麦を食べて、年越し蕎麦を買って来る予定です(立ち食いそば食べある記)。ここ数年、大晦日は昼と夜が蕎麦ってのがお約束。

 で、元旦の朝は多分またコンビーフサンドとコーヒーなんだろな。

 麺つながりで、最近のウチのブーム。熊本は五木食品の『ナポリ風スパゲティ』。スパゲティを標榜7しながら堂々デュラムセモリナ0%のソフトめんです。素晴らしいです。はっきり言って細丸うどんです。
 しかも「ソフトめん」の下にわざわざ『生タイプ』って書いてある。もう泣ける蛇足っぷりがたまりません。

生じゃないソフトめんってどんなのよ!



 まあそれはそれとして。あ、「2個入り」ってのもあるんだ(こんなの食べたよ)。

 ……でも五木食品に聴いてみようかな。大晦日に「生じゃないソフトめんってどんなものでしょうか?」って東京から電話かかってきたら、目が点になるだろな。まさに麺くらうってヤツだ。

 え〜。このソフトめんの何が良いかって言いますと。「のびる心配しなくても良い」ってところですな。最初っからのびてるから。

 しかも、この五木子守唄の全然不幸そうじゃないキャラと『ナポリ風』の見るからに力の抜け切った字の組み合わせがもう、おどま盆ぎり盆ぎり盆から先ゃおらんとです。

 これわもう、ジャンクに作らなくても既に存在自体がジャンクです。生マッシュルームは邪道です、缶詰使わなくてはいけません。あとは思いっきり安いプレスハム、フチ赤いビニール付いてるのを使わなくちゃいけません。しかもタマネギなんかちょっと焦げてたり。
 間違ってもエクストラバージンオイルにマイスタームラカミのボンレス切り落としなんか使ってはいけません、美味しくなっちゃうから。ねんねこしゃっしゃりませ。

2008年12月30日 (火)

混み混みのコミ


 え〜。何かビックサイトの駐車場で大惨事が発生したらしいですが……。消防出初式のデモ用セットだな。

 ビックサイト東館全てが見渡す限り人で埋め尽くされております。日本最大のイベント、コミックマーケットでございます。
 もはや『ヲタクの祭り』だけではなく『いろんなヒトがいろんな好きなことを作って見せて楽しむイベント』です。

 私が向かうのは『鉄道・ミリタリー・バイク・廃墟』の辺りなのですが、それだけで400サークルはあります。今回は『痛車』ステッカーを作って売ってるところが目立ちました。何気に流行っちゃってるんだな。

 そして何より。
 鉄スペースが激込み〜!
 動けない〜!
 本見れない〜!
 出られない〜!
 ど〜なってるんだ〜!

 とりあえず。新刊出てた。そうか『鉄』がいま熱いのか。

 10円って……。本単体でも赤字だろ……。このように、『自分が作った本を買って読んでくれるヒトがいる』ってことを楽しむ参加者もいます。

 毎回言ってますけど。コミケってイベントは運営する人間も、本を作って会場で売る人間も本を買いに猛暑極寒の中を長時間並ぶ人間も、等しく『参加者』です。ここに来たからには皆が楽しめるように、このイベントを無事成功させる義務があります。
 だから、純粋な『お客さん』は西館上の企業ブースにしかいないことになってます。
 そんなモノで、慣れてない人間が『オレは客だぞ!』の考え方で下に降りてくると、とんでもない異世界に踏み込んでしまうことになってしまいます。

 そう言えば。ここにももうひとつ異世界があるな。西館上に納まりきらなくなったのか、コスプレ広場が地上に下ろされています。企業スペース行く列とカブっちゃうからな。(※真上通路からは撮影禁止です)

 どっかで見たことあるモノがいます。

2008年12月29日 (月)

椿姫三十郎

 え〜。暮れも押し詰まってまいりました。

 ヲタ年中行事を済ませて、早仕事再開でございます。って言っても年賀状ですけど。
 ってワケで出社しています。ダメ社員モード全開です。
 宛名プリントするのはあっという間なのですが、裏のメッセージを手書きするのがもう大変……。
 
 夕べ織田裕二の『椿三十郎』を見たのですが。
 ……テレビで映画を全部見るっての、実は滅多にやらない。最近で全見したのは『紅の豚』くらいかな。

 まあその……。何だ……。血がしぶくの、を映像じゃなくて効果音だけで現すっての、何か違和感ばっか感じるな。

 さすらい浪人の着物が擦り切れても垢じみてもいないってのは何よ。そこでもうリアルってモノがどこにもなくなってしまうのだが……。
 役者も演出も表現がテレビだから、映画じゃなくてドラマ見ているような気がしてしょうがない。女房も「セリフの間合いが悪い」と言っていた。

 最後の豊川悦治との斬り合いも。斬新な殺陣で良かったのに……。三船敏郎の抜き打ちなんか今や誰にもまねできないからあーゆう演出したのだろうけど。まあアレはアレで良かった。

  でもスロー再生なんかするな。

 ただその後のシーンに繋げば『じんわりとした余韻』があってそれで充分だったのに。
 キメのアクションシーンは絶対スロー再生しなくちゃならないって思い込んでるのかな? あそこで何もかもぶった切られてしまったのだが。
 肝心である最後の「馬鹿野郎!」まで白々しく聞こえてしまった……。

2008年12月28日 (日)

やっと入れた

中はいつもの状態。やはり企業ブースが異常なのか。
 いったい何が盛り上がってるんだ?しかし今度は繋がらないぞー。

出撃ちう

西館(企業ブースが)大混雑。東館分離誘導。こんなの初めてだ。

PIXを換える

 最初に購入したデジカメがフジの『FinePix』だったもので、そのまま済し崩しで都合3台を使ってきました。
 一番最後に買ったモデルも既に3年目。ずっとカバンに入れっぱなしなモノで痛みも激くなって参りました。レンズの中にゴミ入っちゃったし……。

 リコーの『GR』が欲しいな〜。とは思いながら、予算がないから手が出せず。でも仕事で使うからファインピックスがぶっ潰れる前に何か手に入れておかなくてはと焦っておりました。

 そしたら。

 先日。いつもの『GiGAZINE』で「ニコンの高性能コンデジが1万円!」って記事を見て、思わずニコンダイレクトで「ぽちっ」としてしまいましたP60。

 何か画面に「受付は終了しました」って字が見えたような気がしたのですが……。
 なぜかそのまま申し込み画面に入れてしまったので「え〜? ウッソ〜! ヤっダぁ〜! 気がつかなかったぁ〜!」ってことにして購入手続きしてしまいました。
 ちゃんと送られて来たんだな。

 軽う〜。ボディはプラだな。何せ前のF550用のサンヨーエネループがたくさんあるもので、単3仕様の方が良いんだな。
 カメラ使いのヒトには「昭和の時代に2万円程度で買えた安物カメラの画質に近い寝ぼけた画像」(バイクにのる人)とか言われていますが、1万円ならば我慢できる性能は持っているそうです。
 ってコトはやっぱお買い得だったのか。とりあえず、FinePixがツブれてもこれでネタ写真拾いには困らないぞ。

 さあこれ持ってコミケ行ってこよう〜。

 ウチ、SDカードがなかった……。

2008年12月27日 (土)

ラスト現場in2008


 え〜。本年最後の現場も、やっぱ『こうきうマンション』でした。しかしだだっ広いリビングです。
 一体今年は何件のこうきうを嗅いだりしたんでしょ?

 なぜか4畳半程度の納戸みたいなお部屋にバストイレが付いています。もしかして『メイドさんのお部屋』でしょうか?

 仕事納めだって言うのに他の現場にも人をとられて、ここは私独りです。

 今日やっつけるのはここのキッチンです。インドのお方が住んでらしたそうで。はい。もの凄いカレー臭が残存しております。
 こーゆう場合は、レンジフードが吸いそこなった油煙がキッチンカウンター方向に流れて付着ってパターンが多いです。

 いちお全部チェック……。外国の方が去った後のお約束です。冷蔵庫の中身そのまま。

 おや。これわもしかして……。

 おお!探していた『ふりふりパンケーキミックス』ではありませんかsign01
 この容器に水を入れて、取っ手持ってシャカシャカ振って粉を溶かします。で、そのままフライパンにトロッと注げば誰でも失敗なくパンケーキが焼けるって優れモノです。

 アメリカ製じゃなくてオーストラリアのモノだったのね。ここにコレがあったってコトわ、やはりインターナショナルマーケットか明治屋で売ってるんだな。帰りに見て行こうかな。でもさすがに作業服で入るのは気が引けるなぁ……。

2008年12月26日 (金)

仕事お醒め


 仕事の続きと。大片付けと。仕事納めを一度にやっております。やっぱ年内にもう1日出てこないと終わらないな……。

今年のお正月は中止になりました。

 え〜。このブログへのリンクなどはご自由にです。つーか、どんどんやってくださいませ♪

 それで……。仕事納めです。今朝の中央線、これから北海道へ帰省らしい親子連れが乗っておりました。仕事納めが昨日のうちに収まってしまったのですね。羨ましいような気がします。

 私は全然収まりません

 もう30分もしたら麻布のこうきうマンションに行ってインド人ご一家が退去なさった後のカレー臭と闘わなくてはいけません。納めどころじゃありません。
 他の現場の報告書も残ってるし施設改善の提案書なんかも作らなくちゃいけないし、机の上何とかしないと社長に怒られるし……。

 それで、正月休みの間には5日ほど集中して文章書きまくらなくちゃいけません。そこでやるしかない仕事が来てしまいましたモノで……。やれやれ。あー年賀状はいつやったらいいんだ……。


 で……。昨日移動中に通りかかったアーケード。

 『カステラ』じゃなくて『かすてら』ですか! でもクリスマスだからケーキしか置いていませんでしたが。もしかして、ケーキの間にクリームじゃなくて“あんこ”入ってたりして。

 『ジャムロール』とな? ちょっと待ってろよ。今度買いに来てやるからな。

 それわそうと。端っこに見えるアレは何ですか?

 何か凄いんですけど。
 店の開け閉めの度にわざわざ出したり入れたりしてるのかな?それにしては電源繋がってないけど……。ちょっと10円入れてみて良いですか?

 カツ丼の盛りが萌えです。いちいちしつこいくらいに立ってる値札が良い。
 ラーメンとバナナパフェを頼んだら、きっと問答無用で一緒に持ってくるに違いありません。たぶん勝ち目はないので無用なケンカは売らない方が賢明です。

 う〜ん。どうやら昔っから激しく濃いところだったらしいです。これは絶対ジャムロールを買いに来なくては。





こんな家で年越ししたい

2008年12月25日 (木)

本気の香り

 事務所の中、ぼちぼち掃除が始まってしまいましたが。調査とか実験とか開発の部門はいまだ掃除どころじゃありません。仕事納めの明日も現場なんだな。
 眠りの香り発散機『ティフラ』が、そろそろ旅館ホテルで使っていただけるようになりました。水上温泉“水上館”さんの“癒されNIGHT♪”ってプランのお部屋に置かれます美国探訪)。

 それで……。何でしょうかこれわ?

 『眠気追放、脳本気、気分爽快キモチ集中“脳活だるま”』ですと?
 ウチの『森のカプセル』が、何つーかスゴい姿になっていますが。

 へ〜。『クスノキ+ローズマリー』か。学業に良く効くあのお印もちゃんと入ってますな。やっぱ太宰府で売るのかな? 谷保天満宮でも売らないのかな?




本気入れて部屋探し

2008年12月24日 (水)

7時のニュース

 ほとんど『どーでも良いコト』なのですが、クリスマスです。

 先日もテレビの歌番組で、誰かが『清しこの夜』を美しく歌っておりましたが。私はサイモンとガーファンクルの『7時のニュース/清しこの夜』が好きです。
 二人の歌にラジオのニュースがかぶってくる演出なのですが。ニュースの記事が、見事に暗〜い内容ばっかりが淡々と読み上げられていくんだなmohariza07メモ)。

 現在のニュースかぶせたら、もっと殺伐とした救いようのないネタばっかになるな。半分ぐらい殺人事件とか……。


 え〜。それで。

 どん。

 マイスタームラカミで焼いてもらったターキーです。ご生前は5kgあったらしいです。ちゃむりがたかるたかる。

 1年かけて貯めたマイスターポイントをここで使ってしまいます。クリスマスの時でなければ、インターナショナルマーケットにでも行かない限りターキーは手に入りませんからね。

 ネタ写真を取り終わったら切り分けます。半分は友人宅におすそわけです。2人+猫では絶対食いきれませんから。
 切るつーか、ほとんど力任せにたたき割ってます。中には首が入っています。見ないようにして首が付いた側はおすそわけにしてしまいましょう。

 めでたく半身になりました。けっこう重労働、汗かきました。

 保温&汁漏れ予防で、お裾分け半身はこんな有様に。

 踏切パンのバゲットと、生バジル。なかなかターキーと良い相性です。やはり焼きたてのターキーは美味いです。サブウェイのターキーブレストってパサパサですからね。
 その、ブレストの7割と手羽を食べただけでもう満腹です。でかいレッグはそのまま残りました。これでスタッフ(詰め物)入ってたら大変なことになってたな……。
 『踏切パン』はALLABOUTの記事になっていたんだな。知らなかった。




明るいニュース、ある?

2008年12月23日 (火)

準備ちうが終わらない

 『何か』に感染して退治できないから、仕方なくスタンドアローンで使っていたMURAMASAにバスター2009をインストールしようとしているのですが。

 「拡張セキュリティ対策機能モジュール」ってところでひっかかって、いつまで経っても終わらないんだな。中で『何か』とバスターの戦いが繰り広げられているのでしょうか?


 終わらないと言えばこれ↑も終わらないんだな。一年で一番憂鬱になる代物を片付けなくちゃいけません。
 しかも、社のパソコンが新しくなったのにまだ『一太郎』を入れてなかった。年賀用のアドレス帳は一太郎に入っていたんだな。

 ここでお決まりのトラブル。

 IDもシリアルナンバーも忘れてしまったんだな。これが。
 幸い『月極ATOK』だけ購入していたので問い合わせして見たら、これが過去に買った製品についてもちゃんと判る仕組みになっていたんだな。ジャストシステム偉いぞ。今度『月極一太郎』も出してくれ。

 無事アドレス帳を呼び出してチェック入れてみたら……。

 ハガキ70枚じゃ全然足りなかった。

 もう事務帰っちゃったよ。



セキュリティ万全!

2008年12月22日 (月)

光の海

 え〜。毎度の東京宝塚劇場でございます。宙組の『パラダイスプリンス』。2階席は初めてでしたが、ここも悪くありません。

  いつもは全く見えないオーケストラボックスの中が見えます。セリ下の配電盤なんかも見えてしまいますが、そんなの見えて喜んでるのは多分私だけでしょう。

 エントランスにはでかいツリーが飾られております。

 ツリー下にはプレゼントならぬチャリティー募金箱が。さすがです。札が一杯入ってます。コイン入れるのが後ろめたいような気がします。



 日比谷シャンテ前のは何か美味しそうです。

 どこもかしこも光っております。

 老いも若きも外国人も、光に魅せられるように写真を撮りまくっております。しかし、何〜か雰囲気がないと思ったら。今日はやたらに暖かすぎるんだな。

 どっかのレストランのシクロサービスらしいです。通りのイルミネーションツアーをしてくれるらしい。





こんな家をイルミネーションで飾りたい

2008年12月21日 (日)

出直し1年


 第12回の理事会。ってコトは、出直し管理組合発足から、もう1年経ってしまったワケです。早いこと早いこと。
 これで来年3月の定期総会で予算と新規約について承認が取れたら、現理事会の仕事はひとまず終了です。ただ、任期がどうなるのかは総会が終わって見ないとわかりません。
 とりあえず、私は営繕のことがあるから引き続きってことになりそうです。つーか、こんな面白いネタの宝庫、やめる気がありません。

 管理会社から来期の見積もりも出てまいりました。現在エレベーター屋が高架水槽やら水周りの点検もやってくれているのですが、その辺一括で管理会社に委託すればいくらか経費節減になるようです。
 将来的に全面委託するときのことも考えて、整理したほうが良いでしょう。

 『マンション管理組合総合保険』が契約期間終了になるので、管理会社がプランを組みなおしてくれました。施設賠償責任と個人賠償責任包括の支払い限度額をちょっと上げておいたほうが良いそうです。支払い額は数千円しか変わらないし。
 ただ、組合で加入していることを知らないで、個人でもその辺の保険に加入してる住民さんもいそうなので、そっちは解約してもらわないとまるっきりのムダになってしまいます。

 今年最後の理事会が終わって。いちお慰労会つーか忘年会つーか。あのー、まだ午後1時なんですけど……。
 マンション管理士の大原先生にも引き続きもう1年ご指導いただくことになりました。

2008年12月20日 (土)

産業廃貴物

 え〜。冷え込んでおります。今日はこれから冷蔵庫のような集会室でまた理事会です。今日の御題は損害保険の見直しですな。
 そう言えば。何かゴミ置き場に農薬(殺虫剤)捨てた住人がいたけど、あれ結局名乗り出なかったのかな? 750mlのビンに半分くらい残った液だったけど、産廃に出したら処理費用1万円もするらしい。
 農薬じゃ再利用の方法もないし、マテリアルリサイクルのしようもないわな。焼却するっきゃない。

 そー言えば。携帯電話リサイクルがあんま進まないらしいけど。みんな古いの後生大事に持ってるんだなIT-mediaNews)。『手放すのは悲しいのでリサイクル義務化に反対』ってヒトが4割もいるそうだ。既に『電話』って通信機器じゃなくなってます。
 そう言えば吉祥寺ヨドバシで新しいの(型式覚えてない)買ったとき。家に帰って見たら袋の中に古い201が入っていた。
「コレをどうしろと?」と思ったけど、もって帰るのが普通だったのか。

 そう言えば。京都を破壊するつもりなら、今後ヨドバシで買い物するのはやめるぞ。

 先日見た街中の産業廃棄物リサイクル屋。

 一見しただけでは何だかわかりません。

 これはT-33練習機のドロップタンクかな?やっぱ買って帰るにしても
「袋いりません」って言わなくちゃいけないんだろな。

 主脚が折れたらここに買いに来れば良いんだな。黒い半円錐みたいのは機首のノーズコーンだな。後ろにある翼の切れ端、断面が汚いけど、まさか事故機体の部品?

 場所は横浜、京急の能見台駅近く。

2008年12月19日 (金)

木石混合

 都内某所のお屋敷街でございます。

 カーポート脇の丸石も高そうです。玉砂利じゃなくて、握り拳大です。
 子供の頃、札幌は豊平川の近くに住んでいたことがありまして。河原で石を割って遊んでいました。
 『丸い石の中には化石が入っている』と何の根拠もなく思っていたらしいです。火成岩も堆積岩も区別付きませんから、手当たり次第に大きな石に叩きつけまくってたんだな。何とも不毛な遊びでした。

 そー言えば。
 中国で400年前の明代のお墓から腕時計にしか見えないモノが出土しちゃったんだな(GiGAZINE)。
 まるで『イエスのビデオ』(掬ってみれば無数の刹那)みたいなお話です。つまらないオチで終わらなければ良いのですが。


 え〜。それで。

 大型の住宅や地下部分にも部屋がある住宅ですと。道路の下水管より低い場所から生活排水を出さなくちゃなりません。
 当然、ただ下水管に繋いだら、下水管から住宅側に下水が流れて来ちゃいます。その場合部水道局からお金を貰えるかどうかは別として、やっぱりそれは困るからそれなりの設備を作ります。
 やっぱり地下2階とかがあって、下水管よりはるかに低い場所から排水するビルなんかと一緒で、排水を一度溜めてポンプでもって下水管に流してやらなくてはいけません。

 ってコトは。家の地下に台所やお風呂やトイレで使った水が常時何百リッターか溜まってるのですな。
 数年前からぽつぽつ出始めたのですが、最近やっぱトラブり始めました。一般住宅の汚水ピット。大きな建物のピットですと中で水が腐らないようにエアレーションをかけるのですが、実効1トンあるかないかの住宅用ピットじゃそんなものありません。
 なので。夏頃になるとピットの中にあんなモノやこんなモノが溜まって汚水の表面に浮いて、そこで腐って大変なコトが起こります。
 さらに悪いことに。汚水槽にはエア抜き管って物が必要でして、ビルだと屋上に出せば別にどーってことありませんが。住宅だと高くに付けたって屋根の上しかない。で、隣がそんなに離れていなければ2階の窓を直撃です。

 こーゆう場合、バイオ剤を使って槽の水が腐らないようにするしかありません。『デオクリーン1003』って粉か、脂が固まっていなければ『GB610』でも効くかな。


 近所には昭和初期っぽい住宅も残っております。

 昔の部分を一部残して、新しい建物作り足しています。屋敷稲荷もちゃんとあります。

 新築だけど全部木造のアパート。これいいな……。




いますぐ見られる新築

2008年12月18日 (木)

怒りの手打ち

 先日の堆肥化工場へ行った日の昼なのですが。

 何か非常ぉ〜に『あやしい』雰囲気の蕎麦屋を発見してしまいました。
「店主以外誰も言わない隠れた名店」とか「奮闘準備中」とか。非常に不穏な雰囲気です。
 何か知らんけど許せません。これわ私に対する挑戦に違いありません。

 怪しからんです。芸細でふざけてきてます。

 紐育と羅府と巴里と倫敦にも支店があるそうです。これわ油断がなりません。

 さらに何と次の支店は月に置くつもりらしいです。どーでもいいことですが、果たして月で月見そばを供してもよろしいものなのでしょうか?

 店員の出勤表がありますが、オヤジ独りでやっているような気がするのはなぜでしょう?
 ビールは人民元での支払いもできるらしいです。でもウォンは「時価」にしておかないと大損ぶっこく恐れがあると思います。ドルもか。
 念のはいったことに、この価格表の横には『飲酒運転撲滅推進模範店』の張り紙もあります。

 なぜか100円も安いうどんは販売休止だそうですが、この様子では最初から出す気などないに違いありません。ふざけてます。

 トイレの中まで念入りにふざけてます。これわもう許せません。腹いせにもり蕎麦は大盛りを頼んでやりました。少しは懲りるといいのですが。

 これでスパゲティ用のステンレスの平皿で蕎麦が出てきたら、笑いながら一気食いしてからテーブルひっくり返した後で店の土台に丸太ぶっ挿して店ごとひっくり返さないと気がすまないところですが、大真面目な蕎麦が出てまいりました。
 しまった。これは見事なフェイントです。
 しかも美味いし、量あるし。これで800円なら安いぞ。

 とりあえず。今日のところはその出来合いの素朴な暖簾に免じて許してやろう。この次来た時は100円のそば粥ってのを10杯は食ってやるからな。覚悟してろよ。

 この超ふざけた蕎麦屋は関越花園インター近く。確かこのへん。営業は11:50〜14:00、夕方18:00〜20:00と書いてはありますが、夕方の営業はあんまアテにできない雰囲気です。休みは月曜。

 まったくふざけた店です。絶対に行かないでください。




お料理上手

2008年12月16日 (火)

手探りの危険

 この季節、やっぱ鼻の中も乾きます。私の場合仕事で一生懸命鼻を使いますから余計に乾くのかも知れません。しかし乾くだけならまだしも、詰まってくるので困ります。

 なモノで花粉の季節でもないのに鼻スプレーを常備しているのですが。最近買った目薬が、大きさも形も非常〜に鼻スプレーに近いんだな↑。
 パソコン仕事しながら目薬さそうとしてポケットまさぐって、目元まで持って行ったら鼻スプレーだったなんてコト、既に2回やりました。そのうちマヂで眼に入れてしまうところまで行くな。
 鼻薬が実際に眼に入ったらどうなるのか非常に気になるところです。そう言えば、目薬も一度に大量に使うと眼から鼻を通って食道に達することがあって、高血圧の薬と複合作用起こす恐れもあるらしい。
 酒に混ぜて悪酔いさせたりとか、結構危険な薬なんだな。

 あ、それで。先日話題にした『空気ソムリエ』の資格。費用のこと書いてあるブログが見つかりました。(テンメイのRUN&BIKE

 『認定試験受験料26250円・月会費18900円(年会費226800円)』

 だそうです。


 この『月会費』って何よ?


 『NPO空気ソムリエ協会』のHP見ると。

 認定セミナーで基本的な知識や実践方法も学びますし、その後入会するメンバーシップ制の継続的な営業支援サービスによって、商材仕入れからスキルアップ研修・情報収集等……

 この『営業支援サービス』を受けるための会費なんだな。たぶん。そーすると資格を取っただけでは商売にならないワケだ。
 う〜ん。臭気判定士の国家試験+嗅覚検査の費用と大差ないな……。あ、でもソムリエはセミナー付きか。協会の技術講習会は別費用だ。試しに取ってみるにはちょいと高いなぁ……。




湿気も対策

2008年12月15日 (月)

ペテルギウスは「ビートルジュース」と発音する

 え〜。今朝の中央快速線、『青梅線内カセン凍結のため遅れ』だそうでした。川が凍って鉄橋が流されたんじゃないよな。きっと架線に霜が張ったんだよな。境でも水たまりに凍り張ってたくらいだから。

 どーりでゆうべ、オリオン座がよく見えたはずだ。放射冷却だな。

 昔のオレンジ201系は『霜取りパンタ車』なんて、1両だけ一本足パンタが付いた編成があったけど。E233には霜取りパンタ付いてないのか? 架線が対霜仕様になってないんだから、ソレはないよな。

 へ〜。架線に霜張るとパンタからめっちゃスパーク出るんだ三十GDB てるいんぐ)。それじゃ氷の抵抗に加えて放電でもパンタが痛むわな。

 それはそうと、今朝は三鷹でもう乗車率250%を越していました。ちなみに乗車率の目安ってのは。普通(20m車体)の電車ですと。

0%   0人 人がまったく乗っていない。
50%  70人 ほぼすべての座席が利用されている。
100% 140人 定員乗車。座席に着くか、吊革に捕まるか、ドア付近の柱に捕まることができ、ゆったりと乗車できる。
150% 210人 肩が触れ合う程度で、新聞が楽に読める。
180% 250人 体は触れ合うが、新聞は読める。
200% 280人 体が触れ合い相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める。
250% 350人 身動きは取れない。揺れに対して踏ん張れない。体が浮き上がる。人の圧力でドアが開かなくなる。
300% 420人 物理的限界に近く身体に危険がある。
320% 450人 物理的限界であると考えられる。

 だそうです(「通信用語の基礎知識」様より)。
 身動き取れなくて足の置き場が体の真下にはなくなって、電車の発進停止のたびに車内に呻き声があがっておりました。
 吊革に掴まっている何人かが必死で支えないと、車内人雪崩が起こる危険がありました。あれは首都高速の渋滞並みに要らん体力の消耗です。


 つーか。病み上がりの体にはこたえるぞ……。

 ※追記:ブログの中にコメント書いたラベルをペタペタ貼れる『ラベコミ(GiGAZINE)』ってサービスが面白そうだったのに。どうもスマッチには貼れないらしい……。



通勤ラクラクマンション

2008年12月14日 (日)

しょおがくせえ

 ハチミツ生姜湯1.5リットル、鍋の薬味の生姜、アサヒジンジャードラフト150cc。何かもう血液の5%ほどが生姜成分になっているのではないかって気がします。で、12時間近く寝てみました。何か治ってきたような気がします。
 昨日水分以外日中はほとんど食事ができませんでしたので、出るものも出なくなったらしいです。どーやらそっちの方も元に戻った。
 で、今日はいっぱい食ってその分取り戻すと。晩飯は豚肉と生姜どっちが多いかって生姜焼き作ったろ。

え〜それで。

 昨日のexciteのに『空気ソムリエって何?』って記事があったんだな。名前だけは耳にしたことはあったけど、実際何をやってるかは初めて知った。

 『対処しきれないこびりついたニオイや、そこから発生する汚れた空気をどうやってキレイにするかをアドバイスできる資格なんだとか。たとえば、油でべたべたの中華料理店なども、空気ソムリエの技術を持ってすれば、あっという間に、いつも清潔な空気が保てるお店にかわるんだそう』
(記事より)

 ほぉ。何か凄いような気がします。
 何か私がやってることとほとんど一緒らしいです。で、何を使うのかって言うと『強アルカリ水』の発散らしいです。まさか何から何までそれで対策するのではないと思いますが。
 その『魔法のアルカリ水』電解アルカリ水なのかそれともpH調整した塩素なのか知りたいところですが。塩素水じゃないかって気がしますが。
 しかしHPを見ると『新たなビジネスチャンス。収益が確保できる活かせる資格』と勢い良く歌い上げております。
 ……確かに臭気判定士は、稼げる資格ではありませんが。
 受講料はそんなに高くないと書いてあるから、面白半分ネタ半分で受けてみようかな。でも協会に「余計なことするな」って怒られるかもしれないな……。

 あ、関係ないけど。『地名の由来−世界版・ヨーロッパ版』ってのが発売されたそうです(GiGAZINE)。
パリの由来は「City of Boatmen(ボートこぎの街)」だそうです。……それが何でパリになっちゃうのか良くわかりませんが。イギリスで作られたそうですから、フランス人が抗議するかも知れませんな。

 日本だと漢字ですから、どんな由来あったのか何となく判る漢字がいたします。『久保』とか『窪』はくぼ地だったとか、『沼』はそのままずばりだとか。
 ホントかどうか知りませんが、北海道にある『標津』だか『士別』はもともと『死別』と書いたとか。

 探せばそんな辞典がいろいろ出てくるんだろな……。あ、『古地名による東京都の災害危険性分析』(PDF注意)ってのみつけたぞ。今日はおとなしく古地名でも調べて過ごすか……。

2008年12月13日 (土)

不調を化工

 え〜。急に調子悪いです。朝からトイレに通ってます。昨日の夕方急にセキが出るようになったから、もしかしてカゼでしょうか?
 とにかく『脱水症状やべ〜』なくらいの勢いですので、ぬるい緑茶いっぱい飲んで、今日はおとなしく家に籠もるか。ビックサイトの『エコプロダクツ2008』を見に行くつもりだったのですが、この状態では何度か途中下車をするハメになりそうです。

 あ、でも『シュトレーン』↓を買いに行かなくてはいけないのだった。

 駅の近くに最近できたパン屋でして。どう読んだらいいのかわからないような店名です。

 ウチでは『踏み切りパン』と呼んでいますが、聞いて見たら実際にフランス語で『踏み切り』なのだそうです。

 名物、かどうか知らないけど『顔のメロンパン』。ここのバゲットは危険です。美味くてつい1本全部食べてしまいます。
 フランスでは「パンが美味けりゃだいたいのことはガマンできる」なんて言うそうですが。まあわからないでもない。ここのバゲットと赤ワインがあれば他はどーでも良いって気になります。

 その日、最後のバゲットを買った人には余った生地で作ったミニバゲットがオマケに付きます。あくまで「生地があまったら」なので、毎日あるとは限りませんけど。

2008年12月12日 (金)

イエロークリスマス

 え〜。朝の7時なのですが、早速時間がありません。ないと言えば毎日なのですけど……。
 この忙しいのに障害がもういっこ増えてしまいまして。静電気だな。

 これが欠かせない状態になってしまいました。しかしこの女性的な香料何とかならんのか。『男性用エレガード』も出してくれ。
 吉祥寺のユザワヤに縫製作業で使う静電防止スプレーがあったけど、あれきっと香料は入ってないから使えそうなのだが、如何せん缶がでかい。カバンに入れたら他に何も入らなくなってしまう。


 新宿には黄色いクリスマスツリーが出現しています。あれ電飾したらキレイだろうな。

 関係ないけど。『変な階段特集』(ひろぶろ→J-tokkyo)。




自然と暮らす

2008年12月11日 (木)

ベンゼンヘクサクロリド

 何かまたスマッチ鯖の調子が悪いみたいなんですけど……。反応遅いぞ、また落ちるかな?

 先日、喜界島やら能登半島の山の中に呼んでくれたゼネコンから相談があって。土壌から出てくるニオイを1ヶ月とか連続で監視したいそうだ。
 ドジョウだと私はヌキ鍋が好きですが、このゼネコンは昔のゴミ埋め立て地を再利用するようなプロジェクトをやっているんだな。
 だから土壌汚染やら地中ゴミの臭気を予防するためにド僻地まで私を呼んでくれる。
 1ヶ月連続とかになったらもう『においセンサー』を使うしかないから、センサーメーカーの技術者を紹介しておいた。


 そしたら。昨日その技術者から連絡があって。

 『BHCの漏出調べたいって言ってるけど、センサーじゃムリ』だそうだ。
 サプリメントや基礎化粧品測るのか? それはDHCか。

 え? 塩素系ガスだと酸化と還元反応が打ち消し合ってマイナスの数字が出る?

 塩素つーと。昔懐かしDDTとかの仲間の殺虫剤ですか。

 へ〜。昔使用禁止になったモノは全部埋め立て処分しちゃったんだ。で、そこ掘るんだ。それわ大変ですね〜。



 ……って。



それじゃその件また私の所に戻って来ちゃうじゃないか。


 この間見たこれ↑とかじゃないだろうな。『腐植土』って名前が不吉です。
 きっと落ち葉なんかでグズグズになった土のことなんだろうけど。何か鉄の棒刺したら「シュ〜」とか煙を上げて溶けそうな気もします。


 そうそう……。


 今朝の『めざまし』で紹介していたのだが。IKEAでは“生クリスマスツリー”を販売していて、クリスマスが終わったら商品券と引き替えで引き取ってくれるそうです。



 実物のセットと飾り付けがこのブログよっしーのよこしま日記)で見られます。
 上のブログでも書いていますけど。紐でしばって積み上げてあるので、中にはこんな風に寸詰まったツリーも出来上がってしまうようです(ざったな日記)。

 良いシステムだけど、枯れたモミの木どうリサイクルするんだろ?



自然で暮らす

2008年12月10日 (水)

見なけりゃ解らん

 え〜。リスペクトに1票頂いているそうです。ありがとうございます。もう3年も毎日毎日毎日書いているワケですが、ほとんど日課ですな。
 『匿名ブログの方が、非匿名のmixiより本音が言えるVENTURE VIEW)』なんてコトも言われているようですが、非匿名で顔まで知られちゃってるブログで本音言いまくっていても良いのでしょうか? って今さら言ってもどーしょもありませんが。

 前に“洗面台下の下水臭”で相談を受けていた『ラモーン』さんのところ、無事に解決したようです。
 たまりかねて大家さんに苦情を言いに行ったところ、水道工事屋さんがきてくれたそうです。

 洗面台の下にすっぽり入ってしまえそうな、小柄で器用そうな方が来られて、洗面台の排水部分を見てもらったところ、原因がわかりました。
 排水管と下水管のつなぎ目で、隙間を埋めるはずのゴム製のドーナツ状のカバーが、劣化して上にずり上がり、そこにできた隙間から下水の臭いが上がってきているとのことでした。
 新しく、何層も弁があるゴムに取り替えてもらったところ、臭いはピタッとなくなりました!
 このHPのおかげで、勇気と執念を培うことができました!
本当に感謝しております。どうもありがとうございました!


 やはり原因としては結構単純なものだったようです。何はともあれ解決して良かった良かった。でも「執念」って……。確かにあきらめないから執念で良いのか。
 まあそのように。『見るべきところを理解している人間が見て初めて状況が解る』ってのがトラブル解決の要でございます。外側ばっかりしつこく見ても、床下に原因があったのでは何の意味もありません。



 で。またトイレの現場なのですが。……今年はホントにトイレのニオイトラブルが多いです。何年かおきにまとまって発生しますが。何で?
 この間の“日経住まいの(以下略”で、出展していたトイレメーカー全社に話してきたけど。絶対に何か理由があってこうなっているに違いありません。どっか誰か研究してくれ、資料は全部見せるから。

 え〜それで。今度の現場はいつものトラブルとはちょっと違ったんだな。良く発生している症状としては『便器と床の隙間から、家の中の負圧が原因で下水臭が出てくる』ってモノですが。今回はそれがない。
 そのかわり、上の写真左にあるコンセントからニオイが出てくるんだな。はて、何か変だぞ。
 悪いことにこの家は築20年の住宅をリオフォームしたもので、床下は一部入れない。

 仕方ないから床下換気口をムリやり外してニオイを確認してみる。
 これが、別に異常なニオイじゃない。ってコトは、ニオイの原因は床と壁そのものになるのだが……。カメラ入れて写真撮ってみる。
 ん? 何か変だぞ。
 床と床下の湿気を遮るはずのビニールシートが変にたわんでいます。まるで中に何か溜まっているみたいに……。
 もしかして、水漏れてませんか? この中……。増築したから床下つながってない。ってコトは上から床を剥がさなくちゃいけませんが……。どーすんでしょこの家。

2008年12月 9日 (火)

前の宮で後の祭り

 長野県某市にあります、住宅の天井裏です。

 さすが寒冷地です。すンごい厚さの断熱材層です。気密もそれなりに半端じゃありません。
 はい。それでお約束の気密トラブルですね。片道2時間かかって、1時間で終わってしまいました。


 で昨日もアップした諏訪大社上社本宮。『布橋』って廊下みたいな参道の入り口からアップしようとしたのですが、神域からは写真不可だったようです。いちお昨日の記事には写真追加しました。
 
 非常に清々しい場所です。神社ですから当然なんですけど。

 でも出雲大社のような神様ですが何か?って感じの圧迫感が全くありません。出雲に行ったらもう、ひれ伏すばかりです。



 平日ってことで、諏訪大社はひっそりしていましたが。こちらはさらにひっそり。上社前宮です。

 どこも猿が出て悪さをするらしいです。でも今日は姿を見かけませんでした。熊だってコトがばれたのでしょうか。

 鳥居と社務所のところから、参道つーか田舎の坂道を登ります。

 景観は大事に保存しなくてはいけないそうです。

 どうやらちゃんと保存されているようです。絶対戦前の建物じゃないかと……。あのガラス、今は入手不可能だろうな。



 下の鳥居との関係を疑ってしまうほど離れていますが、ここはただただ清冽です。仙人みたいな姿の神様が、うつらうつら居眠りしているような雰囲気。

 清らかさのあまり、その辺あちこち凍っております。そう言えば息が白いです。

 ここの清水は銘水のようです。工事看板は無粋だから見ないように……。(これが間違いだった)

 柄杓がちょいと藻で汚れているのが気になりますが。まあ、自然の汚れですから大丈夫ってコトで……。
 何かちょっと砂っぽいモノが混ざっていますが、まあ濁ってはいないからいいか……。おお冷たい。


 で……。あらためて看板見たら。



 おい! 飲めないなら柄杓置くなよ!



再開発

2008年12月 8日 (月)

仕事終わって

諏訪大社。う〜ん。出雲大社とは違うじんわりパワーです。ひたすら清浄。

写真があがってなかった…。





古き良き


霜が降りてる

調査で出張ちう。さすがに冷えます。




















室内暖房

2008年12月 7日 (日)

無料お試し

 展示会でお願いしたサンプルが届いてきております。

 水性の光触媒スプレーらしい。かなり凄い技術。

 これは同じく水性のセラミックコーティング剤。上のと違ってやたら効果を宣伝しているのがイマイチ……。

 何だコレは? いまどきこんなサンプルを出すところもあります。もしかしてウケ狙いか?

 展示会と言えば……。


 先日こんなモノを目撃してしまった。厳しく詰まっちゃった下水管の中を掃除する器具らしいですが。

 もしかして1分の1ガンダムハンマーか?

2008年12月 6日 (土)

コーヒーと口臭の関係(続き)

 今年も終わりに近づいてまいりました。なぜなら。冬コミのカタログが売り出されるからですGiGAZINE)。何せ1年中バタバタ仕事しまくってますから、コミケぐらいしか節目ってモノがありません。
 台車引いて吉祥寺にカタログ買いに行くか。1冊40キロはあるからな……。(嘘
 不況だろうが台風だろうが、コミケは全然影響受けません。でもホンダは影響くらってF1撤退です……。でもきっと戻ってきます。なぜならホンダF1は『走る実験室』なのですから。

 それで昨日の続き。茶渋の話はやめた。

 資料ひっくり返したら、出てきました。『嗜好品の香気成分1・6・2 コーヒー編』何からコピーされたのか、いつどーやって入手したのか全く覚えていません。こーゆう謎な資料をいっぱい持ってます。

 それでと……。まず『タンニン』が凝集する時に何の成分を捕まえるかってところだな。焙煎したコーヒー豆を減圧蒸留して採ったコーヒーエッセンスの分析結果が出ています。
 え〜と。あら……。『脂肪酸』どころか『酸類』が全く検出されていません。これは予想外。

 『アセトアルデヒド』に『3メチルブチラール』多分いがらっぽい香り成分ですな。『蟻酸メチル』に『酢酸メチル』はエステルだ、これは芳香成分だな。
 『アセトン』『ダイアセチル』『メチルエチルケトン』ふ〜ん。これはクセモノな物質が……。
 『2.5-ジメチルフラン』って、バイオ燃料じゃないか。こんなモノまで含まれてるのか。

 あ、『硫化メチル』に『二硫化メチル』と。に……『二硫化炭素』!? 0.2って、これppmか? すげー物質が入っていること。これマヂで液中に出てくるのか? いや沸点50℃くらいだからお湯注いだ時点で飛ぶか。しかしコーヒー侮りがたしです。

 さて……。こんなモノか? しかしこれではコーヒーって「どくいりきけん」な液体としか思えないぞ。

 う〜む。怪しいのはやはり硫化物だな。『硫化メチル』と『二硫化メチル』は非常に薄いと『江戸むらさき』みたいな海苔の香りに似ています。濃いともう、典型的な下水臭の成分。
 アセトアルデヒドが分解して酢酸になって、劇的に変なニオイになるってのもありそうだけどな〜。人間の体内酵素が絡んでの話だから、どうなんだろ。

 ここはやはり『ダイアセチル』って物質が怪しいとにらんだ。だって『バター類似臭、漬物類似様』って脂肪酸と似通ったニオイなんだもの。しかもこれはケトン類って揮発物だから体内に取り込まれたらそのまま呼気に出てきたりするぞ。
 ダイアセチルの閾値閾値……。何かビールの醸造のことしか出てこないんだが……。

 調べてるときりがないので、そろそろ独断と偏見に基づいた結論。

 コーヒーを飲むと。コーヒー液に溶け込んだタンニンが『あく』として舌を主とする口の中に残留する。その際タンニンは二硫化メチルなどのイオウ化合物を取り込んでしまうために口の中に独特のニオイが残る。
 なおかつ。体の中に取り込まれたケトン類が血液から肺に出てくるため、息も独特のニオイになってしまう。ケトン類の一部は、やっぱりタンニンにくっついてそのまま口の中で独特のニオイを出すかも知れない。

 平たく書いちゃうとこんな感じ。『微粒子どーのこーの』より何となく説得力があるような気がする。まあ上で書き出した成分は全部『微粒子』って呼べないこともないけど……。

 まあこれで、コーヒーが口臭の原因となる理由はお分かりになったかと思います。

 ところで。ペーパーフィルターやネルを使ってコーヒーを淹れますと、コーヒー豆に含まれている油分が全部フィルターに濾し取られてしまうそうです。つまり香りが減る。
 それを防ぐにはこのような↓器具を使うと良いらしい。



 ハリオの紅茶用。これだと金属メッシュなので精油を濾し取らずに、薫り高いコーヒーを淹れることができるそうです。でも口臭がどう変わるかまでは知りません。

 さて……。コーヒーコーヒー。

 あ……。

『マイルドカルディ』が切れてた……。

2008年12月 5日 (金)

コーヒーと口臭の関係

 今朝の“猫だまり”の様子です。

 こっち見んな。

 今週はデスクワークが多かったもので眼精疲労気味です。昨日は首が動きませんでした。磁気ネックレス使用ちうです。これの静電気防止機能付きってのないのかな?

 え〜、それで。

 『コーヒーと口臭の関係』がムカついたまま途中で終わってましたが……。

 ブログをあちこち見てみると、『コーヒーに消臭能力があるってのはウソだった』って極端な意見まで見られます。どうもコーヒーのカスと抽出コーヒー液をごっちゃにしているらしい。
 どうも元ソースは『アメーバニュース』らしいのだが。
「コーヒーの出し殻を靴箱に入れるなど、消臭作用を信じていた人にとっては目から鱗の話かもしれない。(記事より)」

 う〜ん。どうも浅いなぁ。
 『その焙煎された豆にはたくさんの微粒子が存在し、これが口臭の原因となっているのです(生活情報局)』って部分の“微粒子”が何であるのか、皆疑問を持たずにそのまま記事にしているんだな。困ったモンだ。
 
 で、考える。

 生のコーヒー豆を焙煎する時ってのは、もンの凄い悪臭が発生します。家から駅に行くと途中に自家焙煎のお店があるのですが、周囲1キロに焙煎臭が漂います。
 たまに境名物『きら星』のトンコツ臭と混ざって大変なコトになったりもする。よく苦情が出ないこと。

 で、この悪臭が『アルデヒド類』と『脂肪酸類』なんだな。他にもたばこの煙並にいろいろいろいろいろな物質が入っていますが……。資料あったはずからまた調べておこう。
 それで。生豆をコゲるほど加熱したためにそんな大変な悪臭物質が発生するのですが、全部が全部煙になって飛んでいくワケじゃない。何せ後で活性炭代わりにまでなるコーヒー豆ですから、相当量の物質が豆の中に残ります。
 多分『糖』とか分子のでかい『脂肪酸類』だな。それが豆を砕かれてお湯に浸されることによって溶け出します。はいブレンドお待ち。

 このうち。『糖』は豆の組織にくっついて、コーヒー液には出てこないそうです。それでコーヒー滓は発酵しにくいらしい。
 で、その他水に溶け出した成分がコーヒー独特の味と香りとなって中毒症や依存症を引き起こすワケだ。

 問題は液中の『脂肪酸類』じゃないかって疑っているのですが。これが『微粒子』って言ってるモノの正体じゃないかと。
 コーヒー液ってのは、抽出して時間が経つとだんだん黒っぽくなってきます。酸化してたぶんタンニンが強く発色するのじゃないかと思いますが。

 そう言えばアメリカ海軍が真珠湾攻撃に遭った時、急いで平時軍服(白)から戦時軍服(カーキ色)に着替えるよう命令が出たんだけど。着任したばっかでまだ戦時軍服を受け取っていなかった将校が、浴槽に大量のコーヒーを入れてそれで染めたって話がありましたが。
 ついでに、一生懸命コーヒー軍服を作っている最中に『日本軍はカーキ色の軍服を着ていることが判明したので、すぐに白い軍服に着替えよ』って命令が出たそうです。その後どうしたんでしょ。

 え〜。ニオイと関係なかった。

 それで。『脂肪酸類』に次ぐキーワードは『タンニン』だと思います。お茶のタンニンは『茶渋』の原因ですので。

 ……あ、茶渋と言えば。



 − 時間がなくなったので明日に続く −





住み心地家出コーヒーを

2008年12月 4日 (木)

アメリカン・ブリーズ

 今日はタワーマンションの地下に潜っております。

 え〜と。あれが上水であっちが雨水で……。

 マンションも巨大になりますと、それに付帯するいろいろな設備もまた巨大になってしまいます。それは当然として作業をする方はまたいろいろな苦労が発生します。
 ここで作業をする予定のですが、水道栓が見あたりません。あの栓は雨水につながってるし……。傍には100トンの受水槽があるのですか水がないぞ……。

 現場で苦労が絶えないと言えば……。

 洗面台の下なんか。こうのように↑なっていてくれると、とても助かるのですが。

 こんな↑状態のままで調べなくちゃならないことも珍しくありません。
 まあ、別に良いんですけど。「普段のままにしていてください」って言ってますから。

 でも、ひとつだけ。非常〜に困るアイテムに出くわすことが増えてまいりまして。それが。





こいつだ↑



 アメリケンな柔軟剤の“ダウニー”でございます。これのニオイがもう邪魔で邪魔で邪魔で邪魔で……(以下略
 これを使われてしまいますとレーダー攪乱状態、もうニオイ調査の中山大障害です。

 洗濯機周辺や収納の中は仕方ないとしても。これを大量に使った衣類を着たヒトも困ります。タバコに次ぐにおい調査の障害物です。

 ニオイの調査を呼ぶときは、できたら2〜3日前からはダウニーの使用は止めておいてください。



湿気対策

2008年12月 3日 (水)

苦い珈琲


 家を出るのが夜明け前になってしまいました。

 新宿に着く頃、よーやっと早朝の雰囲気に。普通はこれくらいに起き出すものなんだよな。あ、エアダスターかけたらレンズのゴミ取れた。

 家で『クレベリンゲル』を試しておりますが、どーにも塩素臭が強すぎて困ります。
 トイレに置いてみたら、入るのにためらうほど塩素十万じゃなくて充満状態になるし……。まあこれだけ塩素が漂っていたら、水道水並に殺菌されているってことだと考えられなくもない。
 何か“パンミデック(大流行)”って用語をよく目にするようになりましたが、水道水はほぼ安全らしいですexcite『インフルエンザ予防のために期間限定塩素特盛りサービス』とかやったりして。お茶もコーヒーも塩素味だな。
 
 あ。コーヒーで思い出した。

 「コーヒーが口臭の原因」って話を聞きましたが、その説明を読んでもさっぱり解らない。つーか文章も論理も破綻してる。
 ブラックで飲んでもミルクと砂糖を入れても同じなのか、エスプレッソとアメリカン飲んだ時ではどう違うのか。

『焙煎された豆にはたくさんの微粒子が存在し、これが口臭の原因となっているのです』(記事より)←何を言っているのか全く解りません。

 え〜と……。何でこんな記事にかみついているのでしょうか。
『コーヒーが口臭の原因となる理由はお分かりになったかと思います。』(記事より)←きっとこの辺が激しく気に入らないんだな。
 意味不明なこと並べて「お分かりになったと思います。」も何もないだろ。へたくそな催眠商法みたいだ。

 え〜。マヂであんな文にキレてても仕方ない。コーヒー飲んで落ち着け自分。コーヒーは体に悪くないらしいぞGiGAZINE)。
 落ち着いたらちょっと『コーヒーとニオイ』ってものについて考えてみよう。でももういっぱい字を書いてしまったんだな。

 仕方ないからネタ写真の在庫放出する。

 行きそびれてしまった酉の市。

 先週の土日が三の酉だったんだな。

 これは22日、弐と参の間だ。

 写真ウラ焼きじゃありません。でもいかにもな見世物。

 会長お元気ですか?




実物で確認すれば間違いなし!

2008年12月 2日 (火)

大幸薬品にきいてみた

 日が落ちると、いきなり寒くなる季節です。寒い夜にはお鍋と芋焼酎のお湯割りなんかが良いですな。(←燗酒が苦手)

 ウチではよく“肉豆腐”って鍋を作ります。実は学生時代に良く通った飲み屋の料理。
 材料は豚バラ肉、木綿豆腐、水菜、ネギ、シイタケ、ショウガ、あとは適当に好きな材料。
 え? 量ですか? 『食べたいだけ』です。手っ取り早さが命な料理ですから、煮えやすい材料にしてください。

 昆布でダシ取ったら、酒とショウガひと切れとバラ肉入れてアク取って。シイタケと斜め薄切りにしたネギ入れて。煮えたらテキトーに切った豆腐を入れて、暖まったら醤油とみりんでチョイ甘こってりに味付けて。(昆布なしでそばつゆ使ってもOK)

 水溶き葛粉でトロミ付けたら、切った水菜の茎入れて、煮えてきたら葉っぱの方入れて。そのまま食卓にドンと持って行きます。食べるときにおろしショウガか山椒利いた七味を振るのが良。暖まって風邪予防にもなります。
 でも独りでちんまり飲むならこんな手抜き湯豆腐も良いかも知れない(LifeHacker)。ヘタすりゃ侘びしくなりそうだけど、今度やってみよ。


 え〜それで……。

 ここに置いていたら、お向かいの机(大嶋)から苦情が来ました。ノドに来るそうです。

 大阪の大幸薬品お客様相談係にきいてみました。スマッチライターじゃなくて臭気判定士で。
 やっぱその窓口じゃ資料読むくらいしかできなくて、感染管理の担当さんから電話をいただきました。クレベリンじゃなくて“WI'LL SHIELD”の部署かな?

 二酸化塩素の説明を聞いても仕方ないので、単刀直入に聴きたいこときいてみました。

・メーカーとしては部屋の空間内に0.1ppm程度の濃度で使う想定。
・0.03ppmで殺菌効果に明確な優位性を確認。(「効いた」ってこと)
・二酸化塩素の閾値(ニオイがするかしないかギリギリの濃度)実験は行っているが、データの公開はできない。
・ニオイを感じるほどの強く使うことは勧められない

 う〜ん。やっぱり、かなりキツい薬であることは認めているなあ。でも結構ガードが固くてあんま聴き出せません。

 ちなみに、あのゲル粉の中に混ざっている白い顆粒の正体は何だか秘密だそうです。まあいいや、ゲル粉ごと水に溶いてpH測れば分かるだろ。たぶん酸だ。

 そう言えば、箱の取説に『濡れた洗濯物の近くで使用すると脱色が発生するかも』とか書いてありました。
 ゲルから気散した二酸化塩素が洗濯物の水分に溶けて、そこで還元反応しちゃうんだな。

 ……って。


どんだけ強いんですか!


 ってコトは。クサくなっちゃったタオルの脱臭消毒ができるってコトだな。今度やってみよ。





湿気も対策

2008年12月 1日 (月)

クレベリンを買ってみた

 え〜。……またスマッチ鯖が落っこちておりましたが。大丈夫でしょうか? もしかして私が写真バカスカ貼るからでしょうか?

 とうとう12月になってしまいまして。師走ですな。普段からバタバタ走っているような状態ですから、今月は全力疾走しなくてはいけないかも知れません。
 あ、そうだ。『においフェチに捧ぐコミュニティ“nioibu”』ってサイトが新たに公開されまして、私もちょっとだけお手伝いしています。何かいろいろ“におい”にこだわりまくったコミュサイトらしいので、良かったら入部してあげてください。

 え〜それで。

 話題の『ラッパのマークの“クレベリンゲル”』を買ってきました。

 箱の中に入っているのはこれだけです。取説は箱側面ですな。何か早速写真貼りまくります。

 これは『ゲルの元』。鮮度保持剤とか乾燥剤じゃありません、間違って捨てないようにしてください。これがないと“クレベリンゲル”になりません。

 ゲルがパウダーで入っているってコトは、ボトルの中は二酸化塩素の液だけですな。ちょっと嗅いでみましたけど、あんま塩素くさくありません(※危険ですから直接嗅がないでください)。でも蓋開けた時にちょっとガスが出ました。
 安定化してなきゃ結構臭うはずなのですが。そう言えば店頭にあったサンプルは結構塩素くさかったぞ(※しつこいようですが直接嗅がないでください)

 ゲル粉を見てみますと……。おや、明らかに吸水樹脂とは違う白い顆粒が混ざっています。多分活性化させるための有機酸じゃないかな?
 これが入ればpHが崩れて二酸化塩素が発生……。でもそれじゃまるっきり安定化二酸化塩素じゃないか。珍しくも何ともないぞ。

 ゲル粉を入れてみました。別に反応はしないようです。入れたらそのまま15分放置して、ゲル粉が二酸化塩素液を吸うまで待ちます。
 試しに白いキャップをもう一度閉めてみましたが(※危険かも知れないのでマネしない方が良いです)、別にガスは出なかったようです。

 ゲルが固まりました。この状態だと少し塩素くさいです(※くどいですけど直接嗅がないでください)。やっぱ活性してるのかな?

 スリット付き蓋を取り付けて準備完了です。これでお部屋に設置するとインフルエンザも怖くないらしいです。

 交換の目安はキッチン・リビングみたいに広い空間で1ヶ月、トイレなど狭いところで2ヶ月だそうです。
 ……しまった、今日の日付を書いちゃった。



 ところでと……。ここまでのレビューなら、別に臭気判定士でなくても書けます。こっからが本題。

 二酸化塩素の殺菌効果ってのは、ウィルスや微生物のタンパク質に吸収されてそれを破壊するからなのですな。確か加水分解して亜塩素酸になって阻害するんだな。
 大幸薬品の売りって、もしかするとこの加水分解が起こりにくいってところなのかな?

 それで。

 米国産業衛生専門家会議(ACGIH)によりますと。
『通常1日8時間、週40時間での許容値(TLV-TWA)』が0.1ppm
『15分間内における平均値が越えてはならない値(TLV-STEL)が0.3ppm


『LC50吸入毒性(おネズに4時間吸わせ続けて、全体の半分が死ぬ濃度)』が32ppm
 やっぱ効くだけあって、結構ヤバい化学物質です。

 でと……。閾値閾値(ニオイを感じ始める一番薄い濃度)……。え〜と、どこにも出てないぞ……。
 あ、『安全衛生情報センター』ってところに出てた。「臭いのしき(閾)価」って書いてるけど、「いきち」です。

え〜と。 9.4ppmか。





……え"?





9.4ppm?






……マヂですか?





『1日8時間までなら吸い込んでも大丈夫じゃないかな〜』って濃度は0.1ppmです。



 よーやっとニオイが判る濃度が9.4ppmの物質で、0.1ppmだったら全くニオイなんて感じません。0.3ppmだって同じ状態です。

 これじゃクレベリンが臭ったら、そこには15分以上居てはいけないレベルをはるかにオーバーした濃度だってことになりますが。

 確かに箱の取説には『成分臭を感じない状態でご使用下さい』『成分臭がするときは換気をしてください』と書いてあるけど、そりゃそうだわな。これは危なすぎる。

 う〜ん。う〜ん。これわもう、大幸薬品に聴いてみないといけないような気がします。

※2009年5月4日追記:クレベリンの使い方についてはこちらを読んでください。


マニュアルが大切

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック