« 怒りの手打ち | トップページ | 産業廃貴物 »

2008年12月19日 (金)

木石混合

 都内某所のお屋敷街でございます。

 カーポート脇の丸石も高そうです。玉砂利じゃなくて、握り拳大です。
 子供の頃、札幌は豊平川の近くに住んでいたことがありまして。河原で石を割って遊んでいました。
 『丸い石の中には化石が入っている』と何の根拠もなく思っていたらしいです。火成岩も堆積岩も区別付きませんから、手当たり次第に大きな石に叩きつけまくってたんだな。何とも不毛な遊びでした。

 そー言えば。
 中国で400年前の明代のお墓から腕時計にしか見えないモノが出土しちゃったんだな(GiGAZINE)。
 まるで『イエスのビデオ』(掬ってみれば無数の刹那)みたいなお話です。つまらないオチで終わらなければ良いのですが。


 え〜。それで。

 大型の住宅や地下部分にも部屋がある住宅ですと。道路の下水管より低い場所から生活排水を出さなくちゃなりません。
 当然、ただ下水管に繋いだら、下水管から住宅側に下水が流れて来ちゃいます。その場合部水道局からお金を貰えるかどうかは別として、やっぱりそれは困るからそれなりの設備を作ります。
 やっぱり地下2階とかがあって、下水管よりはるかに低い場所から排水するビルなんかと一緒で、排水を一度溜めてポンプでもって下水管に流してやらなくてはいけません。

 ってコトは。家の地下に台所やお風呂やトイレで使った水が常時何百リッターか溜まってるのですな。
 数年前からぽつぽつ出始めたのですが、最近やっぱトラブり始めました。一般住宅の汚水ピット。大きな建物のピットですと中で水が腐らないようにエアレーションをかけるのですが、実効1トンあるかないかの住宅用ピットじゃそんなものありません。
 なので。夏頃になるとピットの中にあんなモノやこんなモノが溜まって汚水の表面に浮いて、そこで腐って大変なコトが起こります。
 さらに悪いことに。汚水槽にはエア抜き管って物が必要でして、ビルだと屋上に出せば別にどーってことありませんが。住宅だと高くに付けたって屋根の上しかない。で、隣がそんなに離れていなければ2階の窓を直撃です。

 こーゆう場合、バイオ剤を使って槽の水が腐らないようにするしかありません。『デオクリーン1003』って粉か、脂が固まっていなければ『GB610』でも効くかな。


 近所には昭和初期っぽい住宅も残っております。

 昔の部分を一部残して、新しい建物作り足しています。屋敷稲荷もちゃんとあります。

 新築だけど全部木造のアパート。これいいな……。




いますぐ見られる新築

« 怒りの手打ち | トップページ | 産業廃貴物 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735539

この記事へのトラックバック一覧です: 木石混合:

« 怒りの手打ち | トップページ | 産業廃貴物 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック