« やっと入れた | トップページ | 混み混みのコミ »

2008年12月29日 (月)

椿姫三十郎

 え〜。暮れも押し詰まってまいりました。

 ヲタ年中行事を済ませて、早仕事再開でございます。って言っても年賀状ですけど。
 ってワケで出社しています。ダメ社員モード全開です。
 宛名プリントするのはあっという間なのですが、裏のメッセージを手書きするのがもう大変……。
 
 夕べ織田裕二の『椿三十郎』を見たのですが。
 ……テレビで映画を全部見るっての、実は滅多にやらない。最近で全見したのは『紅の豚』くらいかな。

 まあその……。何だ……。血がしぶくの、を映像じゃなくて効果音だけで現すっての、何か違和感ばっか感じるな。

 さすらい浪人の着物が擦り切れても垢じみてもいないってのは何よ。そこでもうリアルってモノがどこにもなくなってしまうのだが……。
 役者も演出も表現がテレビだから、映画じゃなくてドラマ見ているような気がしてしょうがない。女房も「セリフの間合いが悪い」と言っていた。

 最後の豊川悦治との斬り合いも。斬新な殺陣で良かったのに……。三船敏郎の抜き打ちなんか今や誰にもまねできないからあーゆう演出したのだろうけど。まあアレはアレで良かった。

  でもスロー再生なんかするな。

 ただその後のシーンに繋げば『じんわりとした余韻』があってそれで充分だったのに。
 キメのアクションシーンは絶対スロー再生しなくちゃならないって思い込んでるのかな? あそこで何もかもぶった切られてしまったのだが。
 肝心である最後の「馬鹿野郎!」まで白々しく聞こえてしまった……。

« やっと入れた | トップページ | 混み混みのコミ »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735552

この記事へのトラックバック一覧です: 椿姫三十郎:

« やっと入れた | トップページ | 混み混みのコミ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック