« 産業ハイ棄物 | トップページ | 諜報に重宝な眺望 »

2009年1月30日 (金)

機動判定士サイバーン


 駅前の、元駐輪場だった武蔵野プレイス建設工事現場。立ち木の移動が始まっております。
 でかいケヤキやイチョウを、こーやって1本ずつ植え替えして行くらしいです。これだけでも大工事です。

 武蔵野市は府中市に次いで『引っ越しても同じ市内(区内)が良い』と感じる町らしいです。(excite)
 その『武蔵野市』が、三鷹駅を挟んで東と西とのどっちなのかが気になるところですが……。西側は大学が多くて静かです。イトーヨーカドーあります。


 それで。こっち↓は何かって言いますと、『裁判資料』です。久々の裁判がらみのお仕事です。まさしく『におい探偵』です。
 このブログ4年かかってよーやく事件簿らしくなってきました。臭気判定士、再び裁判所に出廷でしょうか?

 そう言えば以前の裁判ネタ、まだ書いてなかったな。

 書類1通ごとに「甲第○○号証」って番号付けられています。およそ4年にわたる調停の経緯に目を通すだけで約2時間かかりました。これでも抜粋。
 
 ビルの1階にあるテナントで、飲食店の厨房排気が隣に入ってしまうトラブルです。言ってみれば「よくある事」なのですが、あれこれ改善を行っても一向に終息しない。そのうち排気の侵入を受けている側が『臭気流入差止請求』ってのを起こしちゃった。

 資料を読んでいると、リフォーム屋とか空調屋とかが天井裏に入っていろいろ調べてはいるのですが、イマいち突っ込みが足りていない。
 パッと見て目に入った事象に手当てを行うだけで、明白な異常が存在していることに気が付いていないんだな。

ニオイどころか煙まで入ってくるのだから大元がおかしいことに気付けよ。

 被害を受けているテナントの従業員のメモを読むだけで、どこにトラブルの元があるのか何となく判ってしまいました。

 しかし対策を任された業者は隣への侵入経路を必死になって塞ぐばかりで、明らかに異常がある厨房排気システムを全く調べようとしていません。
 これでは手間と時間と裁判所まで使って、事態は一向に解決しませんな。経費と税金のムダです。

 私が調べたらたぶん実調査2日、報告書6〜7枚だな。費用は……、両方のテナント重調査で8万×2かな? 出廷とかの費用は別、つーか。最初に私が調べてたら事態はここまでこじれない。

 しかし……。よその会社が出した調査の見積があったけど。35万ってどんな凄い調査やるんだ? それともウチが安すぎるのか?






再開発

« 産業ハイ棄物 | トップページ | 諜報に重宝な眺望 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735587

この記事へのトラックバック一覧です: 機動判定士サイバーン:

« 産業ハイ棄物 | トップページ | 諜報に重宝な眺望 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック