« 白金裏道 | トップページ | 昼夜健康 »

2009年1月19日 (月)

総会近づく意識は遠のく

 先週のことですが、閉鎖になった旧駐輪場で何かの準備が執り行われておりました。

 『武蔵野プレイス』って、図書館を中心とした公共施設らしいです。

 1階がカフェにギャラリー。2階が図書館エリアなんだけど、一般図書が半分程度で、もう半分は児童書なんだな。
 その一般図書も『料理・健康・子育てを中心とした2万5千冊』だそうだ。文芸だの歴史資料だのはどうなるんでしょ?

 学習室に市民活動エリアとか、『ワークテラス』ってのも設けられていて「個人の書斎的スペース」らしい。何だか面白そうではあります。

 で昨日は早くも舗装の引っぺがし工事が始まっていました。

 え〜、それで。土曜日は通常理事会でした。相変わらず暖房効きません。2時間で体が心から冷えます。私が冷えるのですから他の人たちは大変でしょう。
 懸案になっていて手を付けかねていた『居室の火災報知器』は、以前から消防設備点検を依頼していた業者を斡旋するって方向でまとまりました。
 70歳以上の方が住んでいる世帯には、市から2万円の助成があるそうです。負担は数千円で済みます。

 雑配水管の点検と交換準備に200万円の予算計上には、一部の理事から反対の声が出ました。
 「詰まりが発生したらその都度の対応で十分で、今まで各世帯古がそれぞれにやっていたのだから全交換を行う必要はない」とおっしゃるのです。
 まあ最近リフォームを行った世帯はそれで良いのでしょうけど。問題はず〜っとそのままのところで、配管劣化が原因の漏水事故が発生した際には責任が管理組合に来るってことなんですね。
 床面を貫通して下の住居の天井裏を通っている配水管は共用部分と見なされますので、保守管理は管理組合の責任です。

 ってコトは。『漏水によって発生した損害なんかは管理組合が補償しなくちゃいけない』のですが、40年排水管交換を行っていないマンションの保険を受ける損保会社なんかありません。

 ってことは。『そのうち必ず起こる漏水で発生する保障を修繕積立金などを取り崩して充てていけば良い』ってとんでもない意見なのですが。言っている本人はそのことには全く思い当たっていないらしい。

 今までこうだったからそのままで良いと言い続けているうちに建物も住人も年をとって、危うく自治会マンション管理の機能不全を起こしかけたことを、もう忘れています。
 総会では重大で深刻な議案がいくつも出されますが、理事がこの有様では思いやられます。進行は大変だな〜。誰がやるんだ? やっぱ私か?




大きな家

« 白金裏道 | トップページ | 昼夜健康 »

自治会ドタバタ日記」カテゴリの記事

コメント

毎日楽しく読ませていただいています。築年数の古いマンションって管理組合の理事会構成員も古く、しかも順番制でなく、固定しているケースが多く、中には「困ったチャン」が居たりしますね。うちの悪臭マンションも「持ち主が変わった時、リフォームさせて、 その時壁裏の共用管をチョコチョコ直していけばいい」って、考え方みたいです。その場しのぎ。資産価値の維持なんて頭にない。住まなくちゃならないから仕方なく黙ってるけど、内心「これは訴訟起せば勝てるな」と思ってます。

Kさんどうもです♪「固定理事」はいけませんねぇ。管理会社とナアナアになったり、『理事だから偉いんだ』と勘違いしちゃったり。アマチュアの集団ですから、時々はマンション管理士の指導を受ける必要があるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735576

この記事へのトラックバック一覧です: 総会近づく意識は遠のく:

« 白金裏道 | トップページ | 昼夜健康 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック