« 銀座の濃い味物語 | トップページ | 燃え上る有機 »

2009年1月24日 (土)

水菓子付の景色

 月に2度、相模大野にある大学病院に脱臭装置のメンテに行きます。でかい病院ですから当然レストランがありまして、入院患者さんと同じような食事を食べることができます。たぶん厨房は同じ。
 昨日は薬剤(劇薬危険)の納入があったもので、朝の9時から作業を始めて。12時前に終わってしまいました。

 毎度病院メシってのも何かこう辛気臭いモノがありますので、相模大野の駅まで戻って昼食ってことになりますが、そーすると今度は一気に不健康な食事↓になったりする。

 気分的に多量の油脂を摂取したくなかったので、ヨソをあたろうとしたら。今度は選択肢があまりない。新宿と同じようなモノしかないんだな。地方性を大事にしていないようです。

 彷徨ってても仕方ないのでテキトーなところで妥協したらやはりこうなった。
 まあ魚貝系だし、昆布も入っているから獣脂たっぷりよりは少しはマシかも知れない。

 で。昼食で思い出したけど。渋谷陽一さんだったか、外国のミュージシャンを迎えてのランチに、良く『お弁当』を使ったそうです。
 もちろん『のり弁』とか『しょうが焼き』とかじゃなくて。多分『松花堂弁当』みたいな豪華なのだろうな(フラメンコな日々)。

 「蓋の上に花が付いた小枝なんかが載っていて、皆どうしたらいいのか戸惑うんです。それで『こう脇に置いて蓋を開けるんだ』と教えて、蓋を取ると必ず『オーッ!』と声を上げるんです」
 って確か、NHK-FM『サウンドストリート』で話していたのを覚えています。ホント食い物に関しての記憶だけは凄いこと。

 最近の「外人さんに食べさせたいモノ」は、『寿司・お好み焼き&たこ焼き・ラーメン』だそうですが(excite)、ファンタスティックな驚きと感動を味わってもらうには、小さな箱の中に景色を詰め込んだ『お弁当』もよろしいのではないかと。

« 銀座の濃い味物語 | トップページ | 燃え上る有機 »

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

相模大野の店というと駅近にはあまりないですかねぇ。大野銀座商店街(線路沿いに西へ)とか、少し歩きますが伊勢丹の前の通り(西でも東でも)いくと、何軒かあるとは思います。もっとも、隣の町田のほうがいい店はおおいですけどね。だから、いい店が少ないって話も。。。

謎院さまどうもです♪いえ。それなりに店はあるのですけどね。その…、昼食にかける費用と時間を考えると選択肢が非常に狭くなってしまうんです。…って、彷徨ってちゃ意味ありませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735581

この記事へのトラックバック一覧です: 水菓子付の景色:

« 銀座の濃い味物語 | トップページ | 燃え上る有機 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック