« 海中都市008 | トップページ | 水菓子付の景色 »

2009年1月23日 (金)

銀座の濃い味物語

 昨日、仕事で銀座に行きまして……。例によって寄り道してしまう。

 その、銀座の裏道で何とも懐かしい物体に遭遇しました。

 いや。10円玉じゃなくて。コレです。何だかわからない?

 これ北海道のキャベツです。東京じゃ化けモノサイズだけど、これで普通です。
 これがホクレンマーケットなんかの店先に山のように積まれると、もうすぐ冬ってことになります。

 こうしてみると、笑っちゃうほどでかいですな。通る人も、これが一体何なのか理解できないでいるようです。

 こいつをザクザク大振りに切って、ダイコンもザクザク切って、麹と塩と身欠きニシンと一緒に樽に放り込みます。1〜2ヶ月もすると美味しい『ニシン漬け』のできあがり。
 ただし、発酵中は最高気温が0℃って気候条件じゃないと雑味や酸味がでちゃってガタッと味が落ちます。

 寄り道の目的はこちら。銀座三河屋さん。日曜は休みなのでこんな機会でもないと来れません。

 これはお江戸の調味料『煎り酒』。日本酒に鰹節と梅干しを入れて、全量が半分になるまで煮詰めて作ります。この間私がヨソの家でやってたのはこれのインスタント。
 本物はやはり滋味でございます。蒸したキャベツにかけても美味いらしい。

 江戸の製法で醸した日本酒もあります。試飲を勧められたけど、残念ながら仕事ちうです。







大きな家

« 海中都市008 | トップページ | 水菓子付の景色 »

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

師匠、いけますよ、それ。ウチでは白身魚とか、サラダとかで使ってます。以前、池波正太郎の何かで読んで、ずっと試してみたくて、ようやく、見つけたときには即買いでした。

ひろぽんさん毎度です♪早速バラ肉とネギと豆腐のシンプルな鍋を作ってみました。激ウマ!醤油の代わりにいろいろ使えるのですね。次は何作ろ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735580

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座の濃い味物語:

« 海中都市008 | トップページ | 水菓子付の景色 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック