« リサイくるくる | トップページ | シャンピニオンエキスは効いたのか? »

2009年2月 4日 (水)

「アボガド」はスペイン語で「弁護士」らしい

 検索のトップはやはり『恵方巻き』がらみでした。今や『恵方巻きの歴史』とか『起源』とかで検索すると、私の記事がトップに出てきます。これわ大変なような気がします。

 ネットに落ちている情報の断片をつなぎ合わせて、想像と推理とで書いたことですから、事実かどうかは確かではない。でもこれが広まっていったら面白いわな。そのうちどこかでコピペされた記事に出会ってみたいモノです。

 で……。

 ウチでは節分なんてすっかり忘れていたりする。

 正月すらやってないし。どーしょもない臭気判定士です。

 夕べは、最近押し入れから発掘された圧力鍋で「高速カレー作り」にチャレンジして遊んでいました。
 何せ今日は健康診断でバリウム飲まなくちゃいけませんので、9時前に食事を済ませなくちゃいけない事情がありました。
 ……だったらもっと簡単な食事にするか、外で何か買ってくれば良いようなものですが、せっかく“マイスタームラカミ”が開いている時間に帰ってきたら、やっぱお肉を買わずにはいられません。

 先週の土曜日には『ボルシチ』を作ってみました。保温鍋で作った時よりも、肉が筋っぽくバラけたようにならず全体に柔らかく仕上がります。当分圧力鍋遊びが続きそうな感じです。
 何か『電機鍋』で放置クッキングってのも似たような感じですが(lifehacker)、エネルギー消費の点では圧力鍋や保温鍋ほ方が良いような気がするぞ。

 そう言えば朝食ヌキなので体温が上がりません。気力も出ません。コーヒー飲めない、のど飴もダメです。ああ朝の時間が長い……。

 先日“月組”観劇の帰りに女房がごちそうしてくれた銀座千疋屋の『アボカドサンド』(セットで\1575)

 1500円のサンドイッチなんて自腹では絶対に食べることはありません。その辺自信を持って言い切れます。
 しかし「一度は絶対食べさせたい」とのことでした。

 このように。スライスしたアボカドと、細切れのレタス。パンにうっすらマヨネーズが塗られています。それだけ。

 フォークが付いてきますが。はっきり言って、どう使って良いのか困ります。

 ひと口サイズのサンドイッチなのですから、手で食べたらよろしいのです。


 しかしこれがまた。



 「アボカドは、こんなにも美味いのか〜!」と立ち上がって、味王様のようにバックに宇宙しょって叫きたくなる美味さです。

 ウチではたまに百何十円のアボカドとゆで卵とイタリアンパセリとを、叩いてマヨネーズ入れてディップみたいにしたサラダを作りますが。とてもソレの比じゃない。
 缶詰のサバ味噌と関サバの刺身を比べるようなモノです。……いや缶詰のサバも好きで、常備しているのだけど。

 とにかく。たったこれだけの材料なのに、実に奥深く滋味。アボカドって食べ頃の見切りがもの凄く難しい果物だからな。アボカドソムリエの講座ってないのかな。
 そう言えば『アボガドロ』って呼び方があったような気がしたのだけど、それはモルの比例定数か?

 コレは女房のフルーツパフェ。見た目はどうと言うことありませんが、やはり果物とシャーベットの美味さは半端じゃありません。

« リサイくるくる | トップページ | シャンピニオンエキスは効いたのか? »

ムダなこだわり」カテゴリの記事

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

お銀座千疋屋ですか、セレブじゃあないですか。smileフルーツサンドも絶品ですよ。絶対お勧めです。smile

かなすぎ様どうもです♪女房が学生の頃から「旦那様と宝塚の後に千疋屋でお茶」っての、夢だったそうです。旦那が着ているのが全部ユニクロだったってコトは秘密です。生フルーツのカクテルってのにも惹かれました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735592

この記事へのトラックバック一覧です: 「アボガド」はスペイン語で「弁護士」らしい:

« リサイくるくる | トップページ | シャンピニオンエキスは効いたのか? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック