« 花の生涯 | トップページ | 無駄の境地 »

2009年3月 6日 (金)

建築・建材展2009

 臭気判定士たるもの、やはり最新の建築技術情報に通じていなくてはなりません。少なくとも私は。

 と言うわけで。ビックサイトで開催中の『第15回建築・建材展2009』を見学して来たんだな。決してネタのためだけに行ったのではありません。
 来週はまた現場が続くので、何かやるなら今週中。

 その前に燃料を入れておかなくてはいけません。何せ歩き回りますから。ビックサイトで値段相応のメシと言ったら、もうコンビニ弁当しかありません。

 それを西館屋上旧コスプレ広場で食べるのが『』のやりかたのような気がします。12時前だから貸し切り状態。

 船は通るし羽田に離着陸する飛行機は見えるし。晴れていれば非常に良い場所です。最近中央防波堤外側処分場の防爆蒸気臭は漂って来ないな。

 のんびりしている余裕はないので食ったらすぐ突入します。水に浮くモルタル。発泡スチロールビーズが混ざっているらしい。

 水に浮くアヒル。じゃなくて、軽量ブロック積んで塗ったら即防水ってスーパー塗料。EIFS JAPAN(株)の『ガーディアン』だそうです。コンパネ釘で打って箱作って、コレを塗ったらもう水槽になるんだな。これわ凄い。
 横に塗料のサンプルがあったけど、以外と『ねとねと』していなくて塗りやすかった。

 LEDライト付きキャップ『パンサービジョン』(ももたろうの独り言)ちょっと欲しい。帽子似合わないけど。

 これは凄い発明です。『向こう側に手が入らなくても板にボルト固定できちゃうぞ』システムだそうです。混んでてパンフもらえず。


 で。ここです。札幌の『(株)ホーム企画センター

 床下や1・2階間に炭を入れて空気の浄化を図る設計。それだけなら別に目新しくありませんが。

その量1トン


 吸着性能では活性炭に劣る木炭ですが、これだけの量があれば効果は出るでしょう。非常時に取り出して燃料にもできるし。しかも。

第2種24時間換気システム


 つまり吐き出す換気扇じゃなくて、ブロアでもって家の中に外気を押し込んでいるのです。これは一般住宅では初めて目にしたぞ。

 外気の吸入システムには、花粉除去の『高性能フィルタ』と『Nox除去フィルタ』が備えられています。これで清浄空気を1・2階間に取り入れて大量の木炭でさらに濾過して家全体に供給。排気は一箇所だそうです。

 家の中の空気を清浄に保ちたいのであれば、室内の気圧がさがってしまう第3種換気では難しい。変な所からニオイが入ってきちゃうのはこのブログで何度もネタにしている通りです。
 特に花粉対策で換気を行うなら、「入ってくる外気はフィルターで濾過されたものだけ」にできる第2種換気が理想的です。

 空気の出し入れをマイコン制御する第1種24時間換気であれば、ある程度の清浄度は保てますが。やはり若干の負圧が発生するのでドアの開閉や窓の開け閉めによって花粉が吸い込まれてしまいます。

 第2種24時間換気であれば家の中は『加圧状態』ですので、ドアを開けると家の中の空気が外に出て行きます。つまり花粉を吸い込むことがない。
 「キッチンで換気扇使ったらどうなるの?」とかの意地悪い質問は控えました。同時給排気型にフィルター噛ませて、さらにフィルタ付き差圧ダンパーで何とかなるだろ。

 ついでだから『ライティングフェア』も覗いていく。照明の展示会なのに薄暗いのはなぜでしょうか? まあそうじゃないと展示品の照明が目立たないわな。

 『有機EL』だけで照明しています。薄っぺたい板がぶら下がって光っている光景は、何だか『第四惑星の悪夢』を彷彿とさせてくれます。



湿気対策

« 花の生涯 | トップページ | 無駄の境地 »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

師匠、1トンもの木炭を入れるとなると、家も頑丈に作らないとダメ、ですよね、実際のとこ、フツーの木造で大丈夫なんですか?

ひろぽんさん毎度です♪うっかりコメ承認し損なっていました失礼。まあフツーの木造に見えましたけど。屋根の積雪がありますから、元々本州の住宅よりは頑丈にできてるとか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735625

この記事へのトラックバック一覧です: 建築・建材展2009:

« 花の生涯 | トップページ | 無駄の境地 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック