« 花の粉に花の水 | トップページ | 建築・建材展2009 »

2009年3月 5日 (木)

花の生涯

 昨日取り損なったブーケ。

 ここのはホント。感心するほど色目を綺麗に作ってくれます。

 このチューリップも良く見ると変わっています。


 切り花を長持ちさせる小ワザってのがありますが(lifehacker)、要は『花に養分を与える』と『水質の悪化を防ぐ』に終始するようです。

 しかしこれが。栄養分を足すと水は早く腐ってしまうんだな。ジレンマってしまっています。記事によるワザを使うなら、『砂糖ひとつまみ+漂白剤1滴』が良さそうな気がする。
 でも花に次亜塩素酸ソーダ吸わせたらやっぱ色が褪せるような気がするのだが。

 植物つながりのネタ。海外じゃ『植物共生建築』ってのが流行っているそうです(Web Ecoist)。





<広告>







花を飾りたくなる

« 花の粉に花の水 | トップページ | 建築・建材展2009 »

エコっぽいコト」カテゴリの記事

コメント

たびたびお邪魔します。実は華道のセンセの娘なのです、私。漂白剤、といっても水道水の残留濃度程度がお花にはいいようです。毎日お水を替えてあげるのが、一番です。器の内側も洗っちゃうのが効果的。替えるのと同時に少しずつ茎を切り詰めたり(切断面を新しくするとよく水を吸い上げる)、変色した葉っぱを取り除いたりすれば、雑菌の繁殖をある程度防げます。寸詰まりになってくる頃にはお花も傷んでくるので。傷んだ花びらだけ取ってあげると、きれいなままでいますよ。ブーケ、この時期だとミモザが入るんですね。ラナンキュラスも最近は種類が増えて、きれい。お花なら、お砂糖は要らないかな。華展などだと期間中花器は洗えないのでお薬使いましたね、薄荷を垂らして香りをプラスしたり。ウチのダンナは私の誕生日も間違えて覚えているみたいです。お花なんてもらったことありません。誕生日がイチゴのおいしい季節なので、自分でバースデーケーキを焼いて(子供が誕生日=イチゴの生クリームケーキという認識なんで)用意しておくと、帰宅後テーブルの上のケーキを見て気がつくようです。さて、今年はどうなのかしら。忘れてるかな。

ちゃーちゃん様毎度どうもです♪どんどんお邪魔しちゃってください。やっぱり菌の繁殖が切り花を痛める原因ですか。花器のヌルヌル取りなども確かに菌の除去ですね。私と女房は完全に一ヶ月違いなので覚えやすいのです。ダンナ様が思い出してくれるといいですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735624

この記事へのトラックバック一覧です: 花の生涯:

« 花の粉に花の水 | トップページ | 建築・建材展2009 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック