« 猫的趣向 | トップページ | 水の杜 »

2009年4月27日 (月)

欠点だらけの世界

 え〜。一部では連休に突入したって言うのに。札幌や青森は雪だそうです。
 昔札幌の隣の江別ってところに住んでた頃、やっぱゴールデンウィークに雪が降ったことがあります。油断がなりません。
 なので北海道ではクロネコヤマトもこんな特殊車両↓で荷物を運ぶ。

 どこで拾った写真だか忘れました。従って真偽のほどは定かではありません。
 限りなくホントっぽく見えるのだけど、これはどうやって曲がるのでしょ? ハンドル効かないし、クローラーの形状から見て前輪で起動してるみたいだし。
 前フェンダーの中にアブソーバーが見えているあたりがホンモノっぽいところ。ワイパー上げて雪に備えているようですが、何か甲虫っぽい姿に見えます。

 やっぱ昔の札幌で、郵便局が軽トラをハーフトラックに改造していたのを見たことがあるけど、クロネコヤマトじゃ4躯にクローラーアタッチメント付けたのを実際に使っているらしいです(アルファモザイク)。
 ハンドルは動くけど、実はステアリングじゃなくて回転に応じて左右のクローラー速度変えるのかな? まるでケッテンクラート↓だぞ(さぼり記)。

 第二次大戦中にドイツが作ったトラクターですが、バイクの体がキャタピラです(?)。

 ハンドル切ると、角度に応じて左右のキャタピラが速度を変える仕掛けになっているらしい。こんな馬鹿げた機械を実際に戦争に使って、何とか運用できちゃうのはドイツ人だけ。(ちなみにこれは売り物らしいです

 で、フランス人が戦場トラクターを作るとこうなる↑(TAMIYA)。
 ドライバーが頭を出している穴、フタを閉めると人の頭分出っ張ったドームになります。前は数ミリのスリットから覗きます。

 ……何をしたかったのでしょうかフランス人。閉所恐怖を楽しみたかったのでしょうか。トレーラーはまあそれなりに装甲らしいですが、後ろの大事な補給品が穴だらけになってしまいますが。ドラム缶燃え上がったら、やっぱトレーラーも燃えると思うのですが良いのでしょうか?

 きっとフランスの設計ですから非常に脱出しやすくトレビアンな設計にしてあるのかも知れません、でもフタが重いと開けにくいからそこだけ装甲薄くしてたり、逆に重くて開かなかったりとか……。

 え〜と……。何の話をしようとしていたんだっけ……。どーでも良いことばっかりいっぱい書いてしまったぞ。

 あ〜っと。そうそう、天変地異と凶事の多発だな。これでイナゴの大量発生に続いて疫病だな。為政者が悪いから天帝がお怒りになってるんだ。
 何か疫病始まっちゃったし(excite)。こーゆうの、絶対貧困地域に向かって広がっていきます。豚と世界の産廃が集まってくる中国が一番リスク高い






変わったデザイン

« 猫的趣向 | トップページ | 水の杜 »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735686

この記事へのトラックバック一覧です: 欠点だらけの世界:

« 猫的趣向 | トップページ | 水の杜 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック