« ファンキーモンキーベイビー | トップページ | オトコの薫章 »

2009年4月16日 (木)

ニオイ専門パラノイ屋

 これが来ました。

 実にケタクソ悪い政策ですが、元は自分の給料から出て行ったものだから「要らんわい!」と言うのもまたケタクソ悪い。
 1万2千円じゃ何に使おうか考えている間になくなっちまうような金だ。全部キャットフードにしたろか。あ、ちょうどの金額だからホームインスペクターの資料買おう。
 家一軒はムリでもこんなカプセル書斎くらい買える金出してみろ。虎ノ門あたりに巣喰ってるゴミ法人整理したら年間何十億だって浮くだろ。


 昨日は打ち合わせ2件に報告書2件分を書き上げてから夕方になって臭気のサンプリング、餃子屋さんの排気です。腹が減っていたら地獄な仕事。ギョーザのニオイを採取しているのは新米臭気判定士の島田君。

 オゾン水脱臭をかけてから活性炭フィルターを通しているそうです。結構脱臭できています。

 現場では市の環境保全課と近隣マンションの組合員の方々が立ち会いでした。
 以前に分析専門業者が測りに来たときは、技師が一人だけだったそうです。それが今度は二人も来て、しかも一人は何やら計器類をいっぱい取り出して難しい表情で取り方を指示しているものだから驚いていたようでした。

 この辺、業者の立場が違うので取り組み方に差が出てしまいます。分析の専門業者は『○月○日○○時の排気の状態を正確に測ること』が絶対です。
 基本的に現場の状態はありのままで作業します。依頼主に指示されたら、よほど問題のない限りはその通りに測ります。
 
 これがにおい対策会社の臭気判定士ですと。「ホントにこれで大丈夫なのか?」と全てを疑ってかかります。脱臭設備のことを良く知っているのに強いニオイの発生を見落としたなんてのは恥ですから。若干パラノイア。






お金は大丈夫?

« ファンキーモンキーベイビー | トップページ | オトコの薫章 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735674

この記事へのトラックバック一覧です: ニオイ専門パラノイ屋:

« ファンキーモンキーベイビー | トップページ | オトコの薫章 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック