« 猫的治療 | トップページ | 非情手段 »

2009年5月14日 (木)

失調に出張する

 注射と点滴のおかげで、にゃぢさんたちまち体調がよくなったようです。
 でも、心配していたとおり薬混ぜゴハンた食べません。センセイには「薬は必ず飲み切らせてください」と言われているのだが、どうしたらいいのやら……。

 注射と言えば……、じゃなくて駐車だ。最近ウチのマンションの駐車場、擦り事故が多発しているようです。
 もともとかなり窮屈な面積なのに、最近は車そのものがでかくなってしまったためか。それとも住人の高齢化が原因なのか。

 世帯数に比べてあまりにも収容台数が少ないってことが以前から指摘されておりまして、「リフト式にしたらどうか」なんて意見も出てはいました。
 しかし、たとえ3段リフトにしたところで世帯数の2〜3割分しか収容できない。焼け石に水ですな、それほど狭い。

 まあここまで↓超絶に狭くはありませんが。

 ちょっと見、何が変なのか気づかないんだな。どこで拾ったか忘れた。

 おまけに機械式駐車場ってのは定期メンテの費用が発生しますので、駐車場料金は値上げせざるを得なくなります。どう考えたってメリットが少ない。

 
 え〜。それで……。ここしばらく神奈川県にお住まいの主婦の方から相談を受けておりまして。以前に調査を行って、家の中の異臭の原因が『浴室が痛んでいたために発生したカビ臭』と断定して、結局ユニットバスに交換して一度は解決しました。

 それが……。

 今度は『1階の和室にニオイが残っていて気分が悪くなる』とまた相談が来ました。

 電話で聞いたらもう十何年表替えもしていなかったとのこと。

 で、畳丸ごとの敷き替えを勧めました。

 そしたら今度は……。

 『壁や廊下のニオイが気になって眠れない、家にいられない』

 と段々エスカレートして行きます。

 浴室が原因のカビ臭に数年に渡って悩まされていたそうですので、ニオイによるストレス症が疑われます。しかしこのままの状態が続くと、統合失調症になってしまうことも心配されます。
 統合失調症は100人に1人が発症する、言ってみれば非常によくある病気らしいです。

 『意欲低下や無関心といった陰性症状と、被害妄想や幻聴といった陽性症状がある』そうです(iza)。

 これには、“幻臭”と言う超やっかいなモノが含まれることもあります。ニオイの苦情で『隣の部屋の人が変なニオイを出している』という相談を受けて調査を行っても、問題の異臭を全く感知できないような現場です。
 極端に症状が進行している場合『壁を通してニオイの玉を撃ち込んでくるのです』と、被害妄想が激しくなって常識が働かなくなってしまっている方の相談を受けたこともあります。

 こうなると、もはや臭気判定士の仕事ではなく心理カウンセラーの守備範囲です。でもその人が訴える『ニオイ』に実態があるかどうかは、やはり臭気判定士でなければ判断が難しいところです。

 神奈川の奥様の場合も、そうならないようにフォローしてさしあげたいところですが、電話だけじゃ難しいなぁ……。



快適な部屋を目指して

« 猫的治療 | トップページ | 非情手段 »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735797

この記事へのトラックバック一覧です: 失調に出張する:

« 猫的治療 | トップページ | 非情手段 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック