« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

火器厳禁

 住宅やオフィスの『ニオイ調査』は、居住者やテナントさんの都合があるために何日か候補日を伝えて選んでもらうようにしています。

 これが……。

 問い合わせが殺到してくるともう管理しきれない。

 未確定の調査予定日ばっかりが増えて行きます。もはやこんなサービスをやっていられる余裕がなくなってきました。

 最近の問い合わせ内容も若干変わってきまして『リフォームしたら建材か何かのニオイが消えなくなった』とか『ハウスクリーニングを頼んだらニオイが出ちゃった』とか、若干特殊な事例が出てきております。そう言えばリフォーム専門業者からも相談が増えてきているな。

 調査実務と報告書以前のスケジュール管理で、すでに耳煙。



 そう言えば。ロシアで『55万円でソマリアクルーズ海賊退治ツアー』(rocketnews24)ってのが募集されていると報じてたニュースはどうやらデマだったらしい週間オブイェクト)。

 素人がRPG7なんか使ったら、自分とこの船内大火災とかバックブラストを他の客に浴びせて同士討ちとか危険杉と思っていましたが。

 面白いと言うか「?」なのが、ネット内の議論では海賊に同情する意見が多くあったこと。

 『海賊は生活のために船を襲っているのに、娯楽のために海賊を襲うなんて信じられない』とか。ってコトは海賊行為は許せるって言っているんだな、こいつらは。

 まあいいや。ウソニュースだったんだから。

 とか書いていたら『ECO JAPAN』からソマリア海賊と環境問題についてのニュースが配信されてきたぞ。国も政治も環境もメチャクチャになってるんだな。あそこ。


dangerネコ捨て厳禁danger



真実を見抜けるように

2009年6月29日 (月)

本能に従う

 先週の『世界一受けたい授業』の中で「娘がお父さんのニオイを嫌うようになるのはナゼなのか?」ってことについて。

 『女性は“HLA”と呼ばれるタンパク質をかぎ分けることによって、遺伝的に遠い男性をパートナーに選びます。その二人の間にできた子供は両方の遺伝子を受け継ぐので、免疫の遺伝型のバリエーションが豊富になる』と説明されておりました。

 遺伝子的に近い個体はHLAのニオイでもって忌避されてしまうのですね。つまり人間の持っている動物的本能に従った、言ってみれば『健全』な反応なんだな。

 このように、ニオイがらみで本能的な反応を引きおこすことは珍しいことではありません。
 『コゲ臭・腐敗臭』ってのは身に危険が迫っていることを伝えるニオイですので、非常に薄いコゲ臭でも感知されやすい。
 腐ったモノを食べるとやはり具合が悪いですから、腐敗発酵が起こっているモノのニオイには敏感です。

 しかし人間には慣れってものもありますので、『焙りくさや』なんて発酵+コゲの最悪のニオイブレンドなのですが。このニオイを「美味そう〜♪」と感じる人だって間違いなくいます。
 逆に、どうしてもニオイを許容することができずに『ニオイ神経症』を起こしてしまう人もいます。
 人間だって動物なのだってコトを忘れないようにしないと、おかしなところで本能と意志のせめぎ合いが起こって苦労することになります。




 で、昨日劇場の中からちょっとモブログした『ここ』です。


 最近は必ずこちらに立ち寄ることになっています。団員さんに差し入れ。
 もちろん直接渡すなんて不可ですから。団員さんの名前と自分の名前を書いて置いて行きます。


 今日の演目は『薔薇に降る雨』とレビュー『Amoureそれは…』


 二階席の一番前。ここは「体の乗りだし禁止」が厳守です。この↑風景は「乗りだし」した状態。こうしていると後席のお客さんからはステージが見えなくなってしまいます。迷惑ですから公演中はやめましょう。

 ちなみに普通に座っていると手前側の銀橋はほとんど見えません。でも私たちはトップさんより端役の人を追っていることが多いから、あまり苦にならない。


 オペラグラスじゃなくて完全なダハプリズム双眼鏡(8倍)。レンズは明るいですが、ステージの手前と奥を見分ける場合に操作が必要です。これが結構煩わしい、それに重い。
 やはりこーゆう場合は5倍程度のオペラグラスの方が良い。


 二階席の楽しみは、オーケストラボックスの中とか舞台のセリとかが良く見えること。指揮台に赤のストロボライトがあるのだが、一体何のためだ?




「これって何?」がわかる

2009年6月28日 (日)

観劇ちう

宙組。本日は2階席、最前列だと銀橋がよく見えません。

丘を下る

 昨日も一日丘の上にいました。お部屋の中はいいカンジで脱臭できてきました。

 時間だけはたっぷりあるので、麻布十番まで昼食を食べに出る。何か熊山さんと時間差したらしいです。

 シブいお店発見。

 中も良い渋さです。

 良い枯れ具合です。酒は一人二合まで肴はあり合わせ一品のみ。

 呑み屋モードのメニューも面白いし、けっこう安いぞここ。機会があったら呑みに来たいな。

 本日のお肉の定食、『手羽元と野菜の山椒煮』。小鉢が2個も付いてます。デザートは甘藷の練りもの。これで988円。
『出汁巻き玉子の定食』ってのも非常にそそられます。この店気に入ったぞ。

 気になると言えばここも非常に気になるのだが。『おプランス』ですか? どんな可笑しなお菓子メニューがあるのでしょうか?




気になる場所

2009年6月27日 (土)

ヒルズ属

 最近ここ↓に通い詰めです。

 もはやここの専属調査対策技士みたいな状態です。消臭作業の合間に、あっちの棟の空調調べてこっちの部屋見て。

 しかし私が頻繁に出入りするってことは、物件にとって良いコトが起こっているはずもありませんので「○○の仕事してるんだぜ〜」と公言できないのが何とももどかしい。

2009年6月26日 (金)

天空でしろ!


オゾンの現場はオゾン層に近かったりします。

 今回撃滅すべき敵は『タバコ臭』です。それもただのタバコじゃなくて『パイプタバコ』です。かなり香料くさい。


 装備は2番「重」です。

�@オゾン発生装置(6台)
�A消臭剤噴霧器(電動)
�B消臭剤(しみこんだニオイをそこで固めちゃう)
�Cサーキュレーター(乾燥&攪拌用)
�D天井裏用小型オゾン発生装置
�E養生テープやら小道具
�F養生用ビニールシート

 この上の装備は『対○○○○』用で、2〜3年に1度くらいしか出動しません。って言うかできたら出動したくない。


 湿度が高く、また外と建物内の温度湿度差が大きいこの時期はセンサーを使うのが難しいです。嗅覚じゃ十分臭うのだが、センサー反応はいまひとつ。双葉の持ってきたほうが良かったかな。




大荷物にはいくらかかる?

2009年6月25日 (木)

オゾンぶっこく


 某ヒルズの居室を消臭ちうです。部屋の中でオゾン発生ユニットが7台全力運転。
 本日の敵はパイプたばこのニオイです。いがらっぽいのは取れたけど、やはり香料は残るなぁ。
 明日になっても残っているようなら、も少し凶悪なクスリをもち出さないといけません。














安心安全のノウハウ

ハイランダー

 最近ますます『こうきうマンション』やら『ビンテージマンション』の現場が増えています。

 先日お邪魔したのは港区の丘の上。20年ほど前に『月系萌え聖地』であった街ですした。
 そう言えば、私もこの付近の神社に詣でました。元少女漫画の設定をリアルで再現しようとして結構街の中ウロウロしたんだよな。


 某アニメが全盛だった頃には荒れ地だった場所に建ったマンションの調査が終わって、エレベーターホールで気になったのがこれ↑。


 『下膳棚』ですと? 出前のお皿回収用? それともここには配膳サービスがあるのか?



 こうきうタワーマンションの近くには素敵に熟成が進んでいる廃墟。


 人形焼き屋さんのワッフルプチ・グルkasumi)。歩き食いしていて、思わず足が止まるほど美味かった。皮が「ふんわり」ではなく「もっちり」してます。
 これはアニメにも出てこなかったぞ。




マンション購入トクする鉄則

2009年6月24日 (水)

全てミドリになる日まで

 昨日は結婚記念日だったもので「早く帰るからね!」と宣言して、見事五時半に事務所を退けました。

 で、記念日には必ずブーケを作ってもらう『花蔵』さんへ向かいます。


 今の時期は花の香りよりも、力強い『緑の香り』に満ちております。


 植物が生長しまくる季節だからでしょうか。そう言えばここは普通の花屋さんと違って、店の中にもの凄く植物のパワーを感じます。


 こんなちょっとしたモノにも演出が効いています。


 誕生日の時には撮りそこなったので、店員さんにお願いして持って貰う。周りの葉っぱはオリーブでしょうか? 生命の象徴です。
 ア・ラ・カンパーニュのケーキとシャンパンも持っていますもので、重い重い。
 


 これもいつもの『ヴーヴクリコ』。そう言えばクリスマスの頃、これ輸入している会社から相談受けていろいろやったな。あの件どうなったんだろ?


 『ますのすし』。これの人気って、鱒のピンクと笹のミドリの組み合わせなんだろうな。
 濃厚なお味で美味かったけど。何かひと周り小さくなって、ご飯層が薄くなってないか?




ミドリが多い街に住む(都内で)

2009年6月23日 (火)

一筆献上

 何か妙に『スーパーカブ110』の記事がピンポイントで観られてると思ったら、2ちゃんのバイク板にリンク貼られてたんだな。ついでだからスレ読んでみたけど、やはり賛否両論。どっちかと言うとやや「否」の方が多いような、やはり樹脂ボディってのが致命的か。

 だって鋼板プレスバックボーンなら、転んでもそう致命的には壊れない(乗ってる人間は別)けど。樹脂のボディじゃ割れてしまう。
 『サビサビのボロボロだけど、ちゃんと走って止まる』ってカブの大原則が危ぶまれているんだな。

 大原則と言えば『時間が来たら弁当廃棄〜! エコよりブランドイメージ!』のセブンイレブンスタイルがよーやっと改善されるようです(iza)。

 どーせ添加物使いまくりで腐りもしないんだから賞味期限も何もないだろ。


 そうじゃなく。


 見栄で食い物粗末にするな。


 バチあたるぞ。



 それで。



 室蘭の爺ちゃんの土地の件。役所から書類が来ました。


 図面どっさり。


 面白いのは、崖の上の方にも爺ちゃん名義の地所があったんだな。どうなってたんだ? 畑にしてナスでも作ってたのかな?


 北海道に寄付しなくちゃならないのは、崖下から建物の隙間1mほどらしい。何かこの辺の建物のことが『珍風景』として紹介されていますmuroran便り)。
 『御崎駅』は無人になっちゃったのか(ホビタスステーション)。私が母に連れられて行った頃はでかくて乗降客もそこそこあったのだけど。元が貨物駅だし、工場が撤退したら利用客はなくなちゃったんだな。

 それで……。こっちから登別まで電話してやらにゃならないのか。やれやれ。寄付したお礼に塩鮭でもくれないのかな?




スマイル・エコ・プログラム

2009年6月22日 (月)

中間検査

 日曜の朝は、だいたい7時頃に起き出して。“にゃぢ”撫でて、皿にカリカリ足して。それからコーヒー淹れて。
 ニュース見ながらヒゲ剃って、7時半から『シンケンジャー』と『ディケイド』見ながらコーヒーとだいたいコンビーフサンドの朝食。それから部屋にこもってニュースサイト巡回してスマッチの記事を書くのですが。

 ゴルフか何かで特撮は全部休み、おまけにパソコンは立ち上がらないで、すっかりいつもの日曜の予定が狂ってしまいました。


 休日でも『何らかのスケジュール』に支配されていると気がついてしまったり。“にゃぢ”は年中予定なんて関係ありませんが。

 
 20日の土曜は管理組合の定例理事会がありまして。塗装工事の完了検査。


 と言っても雨で作業が遅れまくっていましたので、8〜9割終了の中間検査になってしまいました。
 溶剤のニオイ苦情で一部水性塗料での施工になったり。それでもさび止めだけは溶剤系を使うしかありませんが。色が以前のと違うと苦情が出たり。
 話を聞いてみると、以前は前の管理人さんに頼んで応急の塗装とかをやってもらっていたらしいのですが。ナゼかその時に使っていたペンキの色の記録がない。
 さらに聞くと。色見本帳などを使わずに、隣のドアの色に合わせてペンキを調合していたらしい。

それはわざわざ退色したペンキに合わせて色を作っていたってことか?

 そんな塗装仕様、普通は誰も考えません。なのでペンキ本来の色が『違う』ってことになっちゃう。やはり素人の方は油断がなりません。こちらが考えもつかないようなことを要求して来ます。

 さて来月はさらに大変な『雑排水管目視検査』が待っております。

 ウン十年前の図面と現在の配管施工がどう違っているのか、あるいは違っていないのか。実際に見てみないことには解りません。
 何せ自治会時代には、お部屋を買った住人または業者が好き勝手に工事をして記録なんか残っていないから。


 そう言えば。ここも何とかしなくちゃならないんだよな。棟屋の隙間にハトが入り込んで糞を落とすんだな。ネットもテグスも張れないから、ハト避け薬を使うしかなさそうです。



お休みするなら

2009年6月21日 (日)

起動捜査

 ヨドバシに持っていってリカバリーをしてもらいました。また同じ症状が出るようならメーカーに診断してもらわないといけないようです。

 保証書を探してあちこちひっくり返していたら、こんなモノが出てきた。どーやって使うのか、いまだにわからない。家でも、だたの一度も使用したことがなかったサービスでした。

 何かで貰ったけど、結局使い途がなかったPDA(だったか?)

 ……え〜と。『真夏のオリオン』観たいです。

 これが何かと言いますと、参議院の中のトイレ。洗面台の横にあるモノは何と『痰吐き』。ちゃんと使用後は水で流すようになっています。こんな変な写真がいっぱいある。ネガが劣化しないうちにデータに落としたいところです。

 最後の『グラチャン』in富士スピードウェイ。わざわざ白黒で撮った。おかげでカラ写真は『写ルンです』で撮るしかなくなってしまい、ひどい出来栄えに……。



収納したものを出してみると…

起動せんし‥‥。

ASPIRE ONEがストライキを起こしてしまいました。ファンが回る音はするのですが、起動しません。
放電とかやってみたけどダメです。まいったね。この雨のなか吉祥寺ヨドバシまで行ってこなくては。

2009年6月20日 (土)

状況証拠


 東京駅を見下ろす新築ビルに来ております。


 まだ内装工事ちうです。


 さすがに建材臭ぷんぷんです。


 ニオイの主体はコレだな、タイルカーペット。独特のビニールっぽいニオイ。


 資材の山の中にも潜りこみます。何をやっているのかと言いますと、既にテナントが入っているフロアで原因不明の臭気が発生しているのです。どうやら建材か溶剤のニオイらしい。

 『らしい』ってのは。その会社は外部の人間を入れることができないので、同様の内装とレイアウトの別のフロアでもって資材をいっこづつ調べ出すしかないんだな。


 言うまでもなく、特A級に困難です。『現場のニオイ』は私が確認したものではなく、内装業者を通じて聞いた社員の苦情ですから。

 どれくらい困難かと言いますと。『吉野家と松屋とすき屋と、らんぷ亭とついでになか卯の牛丼を全部ごった混ぜにしたモノにたっぷり七味を振って。それを他人に食べてもらって、その味の表現でもってどの店の部分を食べたのか推理する』ってぐらいの超絶さです。書いてて気分悪くなりました。

 その他いろいろな情報を集めて、現場でもって『何か』を探し出す。探し出すモノが何なのか、見つかってみなければ判りません。久々に『におい探偵』モードです。


 これはモロに『酢酸エチル』だな。でも薄まると甘くなるから苦情にはなりにくい。参考人程度だな。


 現場に残された遺留品を探すため、ゴミ袋の中も捜索します。とにかくフロアの造作に使われたモノを全部調べて、『におい容疑者』を洗い出します。

 こうなるともう探偵じゃなくて『におい刑事』状態。『においの出るゲーム』(excite)でもって推理アドベンチャー物があったら名人になれるかな?


 ボンド? 違うなこれは水性だ、「チッ。ガセか……」



あなたの「見抜くチカラ」は?

2009年6月19日 (金)

再戦を誓う

 朝の7時に事務所を出て、さっき戻ってきました。何か日に日に出勤の時間が早くなってきているような気がします。


 本日の戦闘車両↑。カメムシ色です。


 現場はこんな状態。これで臭気を採っても青草のニオイしかしませんけど。藪をこいで踏み分けて、敷地境界ギリギリまで行ってみましたが、却って草のニオイが強くなってしまった。
 まあ施設のニオイではないことは明白だから、これはこれでデータにするしかない。


 近所のウシさんたちの方がよほどニオイます。それでも農家の方から苦情が出る矛盾。


 採り終わったら急いで帰ります。何でこんなに低いんでしょうか? 信号機。


 あっ。惜しい! もう2〜3分早ければ秩父鉄道の石灰石列車が見られたのに。何か今日は全てタイミング合わないぞ。


 例のふざけた蕎麦屋は健在なようです。金曜定休って……。暖簾出して電気点いて熱烈歓迎の札まで出してます。やってるのかやってないのかはっきりしろ!
 オマケに『カレーライス280円』って、どうせ常時売り切れってヤツだろ。今日は急いで帰るから許してやるが、今度来たときはただじゃおかないからな。そのもりそばより安い『そば定食』っての大盛りで食べてやるぞ。




緑とともに

2009年6月18日 (木)

無敵の走機

 本日朝イチの仕事は青山のあたりでして。無事終わらせて青山一丁目から帰ろうと思ったら、HONDA本社の前で何かやってる。


 何やら取材の様子も見えますが。


 おお! これわ新型スーパーカブ110ではありませんか。明日が売り出し日ですかモーターマガジン今日の編集後記)。


 長らくカブの特徴でもあった無骨なボトムリンクサスがテレスコピック式になって足元すっきり。でもサスとしての性能は別として、ボトムリンクの形状は好みなんだけどなぁ……。
 樹脂ボディってコトは、鋼板モナカフレームじゃなくなったんだな。


 電子制御燃料噴射機構?


 発動機温度感知機構?


 自動遠心はそのままだが四段変速?(確認したら裏技の『半クラ』はこれも可能だそうです)


 触媒式低公害排気機構?

 カブを何にしたんですか? つーか時代の要求に合わせるとカブもこんなに機能てんこ盛りになってしまうのか。
 旧型と共通の車体部品って、ほとんどないんじゃないだろか? どっちかと言えば、ハンターカブが進化変身したような気がします。

 昔のカブは「同型のスクラップを3台分集めてきたら必ず1台は再生可能」って言われていたものですが、こいつにそんな不死身性はあるのでしょうか?
 

 でもこのフルオプションモデルは格好良いぞ。しかしレッグシールドは付けておいた方が絶対良い。
 ちなみに。ウインカーのスイッチはだいぶ以前に左に移されたから、やっぱりこれもオカモチ持って運転はできません。


 しつこく見ていたらカタログくれました。カブ90がこの110に代替わり。他の70……、ってまだあったっけ? 50と小カブはそのままです。
 でもホンダで『110』って聞くと。どうしてもこれを連想してしまいます。


 でも『こいつで日本縦断だ〜!』って、無敵の信頼感を覚えないのはなぜだろう? 樹脂部品がやたら多いからか?

 旧型カブなら木っ端微塵にバラけても元通りに組み立てられる自信があるし、ネジの5〜6本忘れたって平気で動くものなのだが。新型110にそんな扱いしたら「ボク。ダメです……」って言い出しそうな雰囲気が漂っているなぁ。

 生産中止になった旧型スーパーカブ90にプレミアが付いて取引されるんじゃないかな。




昔のものでも、いいものはいい

夏香漂う

 昨日はペンキ職人さんのために、ベランダで一日中蚊取り線香を焚いておりました。咲き始まったラベンダーにでかい蜂がひっきりなしに来ておりましたが、蚊は来ませんでした。

 梅雨が始まったばかりだけど、もう夏の香り。

 それが、作業が終わって夕方に消した途端、やって来たんだな。蚊取り線香って、ホントに効いているんだな。


 よくこのヒト平気だこと。一度頭のてっぺん刺されて膨れあがってたこともあったけど。

 虫ネタつながりで。JFEとアースの共同開発で『防虫ステンレス』(高砂鐵工)ってのが開発されたそうです。システムキッチンをこれで作ればホイホイ要らず。ピレスロイド防虫剤の皮膜が全体を覆っているそうですが、長期使用でも大丈夫なのかな。



安心安全のノウハウ

2009年6月17日 (水)

サイクリング麺

 溶剤臭から逃れるために、久々に関前の『あおば』に行ってみることにする。迷ってわざと時間を潰せるように、1年前のおぼろな記憶だけをたよりに自転車をこいでみました。

 いつもならば耳から煙出して仕事しているはずですが、休みなのだから思い切りムダなことをやってみる。

 で、狙い通り(?)見事に迷う。でもこんなの↓発見。

 明星食品の研究所だそうです。劉昌麺のレシピが残っていないかどうか訊いてみようかな。
 

 やっと到着。何のことはない五日市街道沿いだった。迷わずに来て15分だな。ここ、武蔵境からも田無からも遠いです。

 ここ、有名な中野の『青葉』とは関係ありません。スープも煮干じゃなくてたぶん鶏ガラ主体。最近こんなにスープをたっぷり注いでくれる店が少なくなったような気がします。
 しかしこのスープ、いろんな味がするなぁ。と思ったらガラじゃなくて丸鶏使ってたのかラーメン一期一会)。
 

 帰りにも変な道たどって行く。あ、枝豆だ。月末あたり直売に出るかもしれないから、また来て見よう。




西東京市に注目!

有機のたまもの

お昼ぎりぎりになってよーやっと来ました、下地塗り。


 ウチは前回の一斉塗り替え時に空き家だったので、物置扉は10年くらいそのままだったようです。中はモルタル塗りっぱなしがあまりにも殺風景だったので自分で明るい色に塗りました。


 しかしプライマーが凄いニオイです。終わったらちょっと昼飯食べるついでに1時間くらい避難してようかな。にゃぢもどこかに逃げていってしまいました。

工事待ち

 今日はベランダの鉄部塗装が入りますもので、仕事を休んで立会いです。しかし現場が山盛り入ってきておりますので、そのうち携帯鳴りまくるのは必至です。
 携帯でキャッチ入るのって凄く腹が立ちます。「こっちは至急の用事で携帯使っているのに、自分の都合で勝手にかけてくるな!」と理不尽に怒ったりします。


 自分で養生までやっちゃう家も珍しいだろ。午前にケレン(サビ落とし)とサビ止め下塗りやって、午後に上塗りです。しかし何時になったら来るんだろ?




マンションの修繕積立金の相場って?

2009年6月15日 (月)

殿堂ドライバー

 ヲタ夫婦ですので、ウチはやたらにモノが多いです。特に本。家の中にある物を種類別にして重量で比べたら圧倒的に本の目方が多いはず。床が歪んでいるくらいですから。


 で、収納場所を増やすために組み立て3段棚を購入。何だこのネジの多さは。これでも最下段だけのネジ。
 しかしこうやってどのネジがどこに使われるか解るようになっているのはありがたい。


 しかしこれだけのネジを手で回していたら時間もかかるし腱鞘炎になってしまいます。従って電動ドライバーを会社から借りてくる。
 やっぱ24Vのはパワーあるな。12Vだとトルクがなくてストレス溜まります。


 感心したのがこの『カムロック』


 このように、力がかかる組み立て箇所にボトルネックのボルトを仕込み、この穴にカムロックを入れて「ぎりっ」っと回すと締めつけてくれます。

 写真を撮る余裕があったのはここまでで、手間がかかるのと暑いのでバテバテになりました。これ絶対電動ドライバーがなかったら挫折するぞ。




安心安全なものを

2009年6月14日 (日)

相模 oh! no!

 小田急の車両の中が順次香ってきております。


 ドア上のインフォメーションにウチの『フィトンチッドビーズ』の紹介もあります。

 写真は『森のカプセル』ですが、あれが丸ごと入るほど電車のエアコンは大きくないはず。ビーズだけ入れてると思う。

 定期的に相模大野に行っているのですが、『ラーメン二郎 相模大野店』が駅前再開発に伴って移転になってしまいました。すっかり忘れてたぞ。最終日はかなりの並びが発生したようですworld of bandneet's)。

 この地図非常に判りにくいぞ。

 まだ開店していないことは承知で、場所だけ確認に行って見た。

 おお。正しく二郎の雰囲気が出ています。『のり天』の札が立っている。住宅街にあるので外の行列を少しでも減らすためでしょうか、店内がけっこう広いです。

 『ツルハドラッグ』とこの何だか怖い気がするマスコットが目印です。

 で、問題は移転のこと忘れて昼飯食いっぱぐれたことなのだが。ウロウロしていたらこんな店を発見。

 『超麺』と書いてウルトラメンと読むそうです。非常にソソられますが、ニンニク入りなので仕事中には不可です。

 なにやら『鯛節』ブレンドの出汁を使っているそうです。『鯛出汁』は私は少々苦手な味なのですが、ここのはクセがなく非常に良い。
 水菜じゃなくて白髪ネギの方が良いのだが、それじゃ色目が寂しいか……。

 うっかりスープを完飲。

 もう一軒、並びで非常に気になるお店。中がほとんど見えません。これはリスキーです。




気になるお金のお話

2009年6月13日 (土)

蚊の来ぬ前の

 昨日『TKG』のことを書きましたもので、当然貴重な休日の朝食はshineゴージャスたまごかけごはんスペシャルshine、略して『GTKGS』になるかと思いきや。

 何か全然違うモノ食べてます。優雅っぽくベランダでブレックファーストです。まだ薮蚊の数が少ない今のうち。
 ベーコンは『マイスタームラカミ』、パンは『しげくにや』のグラハムです。
 このように野外での食事となると、どーしたって洋食になってしまいます。ベランダでTKGに焼き海苔と味噌汁&漬物ってのは、どうにも画にならない。
 和食で屋外が似合うものとなると、やはりお握りでしょうか? さもなければお弁当のように『持ち運ぶことが前提』になったものになりますな。しかしベランダですぐに食べるためにわざわざお弁当詰めるのも何だか虚しい。
 

 それにベランダ占拠すると怒るヒト↑がいるし。

 「ニャによ。そんなもの気にニャンかならないわよ」

 にゃぢの昼寝箱。女房が似顔絵描きました。そっくり。

 関係ないけど『猫を使用したトレーニングの方法』(GiGAZINE)何で猫でやる必要があるのか良くわかりませんけど。




快適に過ごそう

2009年6月12日 (金)

森のたまごは森の香り

 “TKG”と略すのが今時のスタイルだそうで。“たまご・かけ・ごはん”のことですが、はたして略す必要があるのかどうか激しく疑問に思っていたりします。
 
 と思ったら。『TKG』を広めるべくイセ食品でサンプリングプロモーションとかやっていたのね猫deいっぱい)。

 イセ食品と言えば『森のたまご』です。HP内に“TKG地域別こだわりの食べ方大集合”ってサイトもありますな。

 私が最近凝っているのは、『塩を振らずにサニーサイドアップ(黄身は完全に生状態)に焼いた目玉焼きを飯に乗せ、黄身の部分に煎り酒を垂らしてから飯とタマゴをかき混ぜる』って方式です。生タマゴでないあたりがクレームになるかも知れませんが。

 子供の頃なんかはるかに凶悪で。

�@ご飯に“雪印北海道バター”を乗せて完全に溶けるまで待って黄色いバター飯にする。
�A納豆と刻んだタクアンを適当に乗せてまた混ぜる。
�B真ん中をひと口食べて凹ませて、そこに解いて醤油を垂らしたタマゴを半個分流し入れる。
�Cまた混ぜる。
�Dかっこむ。

 とまあ、子供でなければとても受け付けないような(特にバターの量)レシピで食いまくっておりました。

 ところでこちらのイセ食品様、日本中に美味しいタマゴを供給するために消臭&鶏の健康維持にドライミスト消臭システムを使用して頂いております。電気もそれほど使用しないし排水も出ない、廃棄物も出ません。
 『森のたまごに森のフィトンチッド』ですな。

 そういえばプレミアム“伊勢の卵”は美味かったなぁ。また特売してくれないかな。


 何か枕が長かったぞ。やっぱ食い物ネタ最初に持って来ちゃダメだ。

 え〜。大嶋が何かやっております。


 某写真週刊誌の取材です。カメラマンは『ひろぽん』さんの旦那さんです。『あまり世間に知られていない仕事をする美人を直撃』だそうです。いつ掲載になるかはまだ未定。
 当人取材のことを忘れていたらしく。「縦ロールにするの忘れた〜!」と無念がっておりました。

 旦那様が持参してくれたひろぽんさんセレクトのおみやげ。ありがとございま〜す♪
『生マシュマロ』と『五本木サブレ』ベリーの香りが鮮烈〜。




おいしくお菓子をいただくなら

2009年6月11日 (木)

戦争前からそのまんま?

 北海道は室蘭の近くに母の実家がありまして。母が亡くなり、向こう方の祖父母も亡くなって以降すっかり疎遠になっておりました。

 それが突然、弟の所経由で『至急連絡を取りたい』と伝言が来たんだな。

 はて。一体何事?

 その従姉妹に会ったのはもう何十年も昔、中学生だった姿しか覚えていないのですが。とにかく電話してみた。

 そしたら。

 家(母の実家)の裏にある崖が崩れそうなので、『室蘭土木現業所が予防工事を行うから市に土地を寄付をして欲しい』との申し出があったらしい。
 何せその崖。家専用の防空壕が掘られている位で、私が母と訪ねていった頃にはまだ残存していました。埋めるの大変だろうから多分今でもそのままになっているはず。
 あれがホントに崩れたら、室蘭市内に入る幹線道と室蘭本線が埋まってしまいます。

 室蘭は現新日鐵があったために、戦艦ミズリーの艦砲射撃喰らったりグラマンやカーチスにしつこく爆撃されたり、散々な目に遭った街です。しかし朝鮮戦争特需で立ち直るのも早かったらしいです。

 そう言えば。

 親父方の爺ちゃんが戦中に『銀色に光るでかい飛行機を見たことがある』と言っていたのですが。北海道を爆撃したのは空母からの小型機だけで、B29は飛来していないことになっているんだな。偵察だったのかな?

 その、母の実家は新日鐵輪西工場の中で食堂と売店を営業していたこともあって、一時は結構景気が良かったらしい。
 戦中だって親父のところはカボチャとデンプン滓しか食べるものがなかったのに、母は混ぜモノが多いとはいえまともなご飯を口にできていたそうです。

 関係ないけど私の所ではわざわざ米より高い雑穀を混ぜて飯を炊いています。


 それで。

 室蘭の家の事情が何で私に関係してくるのかと言いますと。

 『崖を含んだその土地の名義が亡くなった爺ちゃんのまま』だったんだな。


 爺ちゃん死んだの20年も前だろannoy


 さすが北海道。ハイパーにアバウトです。

 市に寄付するためには親族全員の同意が必要なのだそうですが。それが私と弟にまでひっかかるんだな。

 叔母さん叔父さんたち(母は10人弟妹)も結構『あっち』逝っちゃった人もいたり、病院暮らしだったりで、従姉妹が一人で親類縁者に連絡を取りまくって。一番最後が私だったそうです。

 母に連れられて遊びに行くと。まさに昔の大家族が暮らす家で、誰が誰の子供なのやらさっぱり解らない状態だったことを思い出します。

 従姉妹に教えられて40年近く後に初めて知った関係もあったり。室蘭の『天勝本店』の天丼は美味かったなぁ〜。とか急に思い出したり。




時代は流れる

2009年6月 9日 (火)

霧の祭典

 まだ続いております“家庭用ドライミスト”祭り。限定20セットに対していったい何千人の申し込みがあったのでしょうか? 東京理科大に行列ができそうな勢いです。

 

ところで。

 こう話題になりますてぇと、出てくるのが便乗商売。ヤフオクにも『家庭用ドライミストキット』が格安で出品されております。

 私がホームセンターで集めた材料でテケトーに作ったモノと非常に似通っております。水道直結ってところも。

こんなの↓



これは丸山製作所の農業用霧吹きシステムと同じモノじゃないか。

……ってコトは。

全然ドライミストになんかならないのだが。

 蛇口もとで良いとこ0.3Mpaの水圧をこんな細い配管に通したら、抵抗で水圧が低下してしまいます。元々たいした圧力じゃない。何せ手で押さえて止められる。
 しかもノズルが直列に配置されているから。端のノズルほど水の圧力が下がってしまうので自然とミストも粗くショボくなります。

 ノズルのオリフィス(孔)径がコンマいくつで空円錐か充円錐か書いてないけど……。あ、商品説明のところにノズルの吐出量書いてあった。『毎時2リットル』? ってコトは毎分333cc。これを×6本だと、毎分約2リットル。

 ……1分ごとに、でかいペットボトルをまるまる1本ベランダに撒く計算になりますが。

(※「1ノズル毎時2Lってことは、2L/h=2000cc/h=33cc/min
6ノズルで200cc/minでしょう。1分ごとに牛乳ビン1本で、10分ででっかいペットボトル1本じゃないでしょうか」という指摘コメントをいただきました。ここに加筆して修正させていただきます)

30分だと30本。
(修正:30分だと3本)

 これのどこがエコですかannoy (ちょっと説得力弱くなったsweat02それ以前に水道料金考えたら、とても連続噴霧なんてできないと思います。これは庭やカーポートの水まき用にしか使えない。

 いずれにせよ、これをベランダに付けたら周辺はびしょ濡れになります。飛沫で窓開けられません。

 ってコトは、コレを使う時はベランダの戸を閉めなくてはならんのか? ……良いのか? それで使い方合ってるのか?

 どっちにしろ本家システム(nikkeiTRENDYnet)みたいなわけには絶対行かないぞ。ドライミストは6.0Mpaって超高圧のポンプがあってこそ作り出せるものです。

だがちょっと待て。

2009年6月 8日 (月)

ドライミストに良い季節

 いきなり昨日、凄い勢いでPVが跳ね上がったと思ったら。TBSで東京理科大学のドライミストプロジェクトを紹介したからなんだな。

 『家庭用ドライミスト』と検索すると“ドライミスト研究・開発blog”の次に“家庭用ドライミストの作り方(その1)”が出ますから、検索したヒトはどうしてもこっちも見てしまう。おこぼれ頂戴状態です。

 理想的なスペックのポンプが見つかったようで、数量限定で一般に販売するらしいです。キットで26万円、取り付け工事費込み30万円。う〜んやっぱり安くはないなぁ。ポンプの値段かな?




安くはない買い物だから…

2009年6月 7日 (日)

コールドゲーム

 先月末から『共用鉄部の塗り替え工事』ってのが始まっております。


 ベランダの手すりとか、こーゆートコ↓とかの塗りなおしです。自治会時代には個人で管理人さんに依頼したり勝手に塗っちゃったり、いろいろやってたのでワケわからないことになっておりました。

 今回は管理組合ができての工事なので、当然組合で費用は負担です。どうせなら色を変えたいとか、水性塗料にしろとか、始まってからいろいろ言い出す住人もいて面倒なことおびただしいです。


 当然ベランダにペンキ屋さんが入っての作業ですから、邪魔にならないようにいろいろ片付けておかなくてはなりません。
 なモノで、最近の休日は部屋とベランダの掃除+整理に費やされております。
 

 去年つくばで拾った稲の苗から実った籾、そろそろ田植えしなくてはいけないのだが、工事終わってからの方がいいかな。


 しかし雨天が多いので休工ばかりで進みません。予定までに終わるのかな?




「いつかな?」を知るために

2009年6月 6日 (土)

無視できない

 隣にスーパーがありますし、家に人が居るときは『にゃぢ口』は開けっ放しですし、『にゃぢゴハン』も出っ放しですから。これで『黒いの』が出ない方がおかしいです。
 なのでベランダと部屋のあちこちに『ホウ酸ダンゴ』仕掛けてあります。したがってそう頻繁に目にすることはありません。そう言えば、『ヒトデに虫の忌避効果がある』ってのは知らなかったなぁ。(excite)

 しかしそんなのが効果ないヤツらが庭におりまして、たまにベランダのボードの上にまで上陸してまいります。低速で。
 これが夜に洗濯物を取り込もうとして踏むと、恐ろしくキモチ悪い。


 最近はこんなモノも発売されて言いますが、以前バカ売れしたのはケロシンが入っていて危険だってんで回収されちゃったんだよな。
 これはフロンを使っています。安全だけどオゾン層には危険です。おまけにこーゆーのは高いです。

 さらに凍殺スプレーにはひとつ具合が悪いコトがありまして、植物の傍にいる「低速のアレ」にぶっかけると、ほぼ間違いなく植物まで被弾させてしまいます。もっとピンポイントに攻撃できる仕様にしてもらいたいところ。


 ウチではこれ↑を使用しております。カセットガスバーナー。ブタンガスだからオゾン層にも安全です。おまけに3本セットで298円です。
 え? 二酸化炭素? 出ません。出ないように使います。その秘技をこれからお目にかけましょう。
 でも、非常に危険な技ですからお勧めはいたしかねます。


 ここに、このように「低速のアレ」を発見捕捉したとします。
 どーでも良いコトですが、コンニャクを切り抜くのがこんなに難しいとは思いませんでした。さすが斬鉄剣でも切れないだけのことはある。


 バーナーを冷線砲モードに切り替えます。上下逆さにして、振って、缶圧を上昇させます。目標は低速とは言え移動していますから、ロストしないように注意が必要です。


 逆さのままバルブを開きます。冷線砲発射!(※大変危険ですからお勧めいたしかねます)


 約1秒の射撃で目標はカチカチに凍りますので、ヘラか何かでポイして土に還します。
 溶けるとその後酵素か何かの働きでグズグズに崩れ始めて手に負えなくなります。ガスも扇いで拡散させてください。もちろんコレをくわえタバコでやる命知らずなヒトはいないと思いますが。

  danger非常に危険ですからこの技お勧めはしません。danger




安心安全のノウハウ

2009年6月 5日 (金)

生活必臭品

 日経夕刊に『らいふプラス』ってコーナーがありまして、2日の記事が『気になる? 夫の臭い』って内容でした。
 ダンナさんの寝具のニオイがイヤだからって、寝ているところにリセッシュやファブリーズ撒かれちゃたまりませんな。そんなモノじゃダンナは消えません。
 愛情があればそんなに不快を感じるモノではないと思うのですがねぇ。ペットのニオイが気にならないのと同様。

 ウチではよく、朝に“にゃぢ”にフトンを占拠されてしまうことがありまして。仕方ないのでそのまま二人とも仕事に出かけ、夜に「あ、フトンがにゃぢくさい」とか言いながらそのまま寝てしまうことがあります。
 家族のニオイだから別にどーってコトありません。さすがに「ケロケロ」されてたら騒ぎになりますけどdespair

 実際、家の中からどんどんニオイが追放されているために、自然とニオイを持った『もの』が目立つようになってしまっているのではないかと考えているのですが。
 ……ってコトを記事の中でコメントしてます。



 そんなワケで。


 今日も家の中のいろんなモノを嗅ぎます、臭気判定士。

 これは、現在では生活必需品となってしまった器具の中に入っている基盤です。
 この器具がないと現代では生活に支障が出ることも危惧されています。

 それで新築のお宅で発生した異臭の原因が、どうやらコレなんだな。

 特に不具合トラブルが発生しているのではないのですが、放熱したときに樹脂が熱せられたニオイがします。
 設計通りで何の問題もないことなのですが、その時に発生するニオイが問題になってしまうんだな。これは困った。解決策がないぞ。




和室は必要?

2009年6月 4日 (木)

今日も大川端

 またもや呼ばれてしまいました。隅田川べりです。最近水がらみのネタが多いぞ。


 やけに眺めが良いですが、屋上からラッタルでもって棟屋に上がり、さらに棟屋の上まで登っております。この上は避雷針しかありません。


 臭気判定士がこんな高い場所でナニをやっているのかは秘密です。『ニオイ的に問題がないことを確認する』って、結構やっかいな案件だったりします。


 URが高層マンションをボコボコ建てておりますが、これホントに売れるのでしょうか? どーでも良いことですが心配になります。
 そしてまたもやトラブル起こして私を忙しくしてくれないか、どっちかと言えばそっちの方が心配。


 関係ないけど。


 定額給付金を申請するために、『三和銀行』の通帳とキャッシュカードをよーやく新しくすることを決意する。
 三和銀行は東海銀行と合併してUFJ銀行になって、さらに東京三菱銀行と合併してだから、この通帳一体いつから放置していたんでしょ?




まとめてしまいましょう

2009年6月 3日 (水)

お江戸日本橋水浸し

 都営新宿線は東日本橋駅におります。『馬喰町』やら『久松町』やら、細かく分かれていて、その町名の由来も定かではない一帯です。


 昔は日本橋中学校のあたりに狭い堀が走っていたそうで、漢方薬を挽く『薬研』に似ていたから通称『薬研堀』と呼ばれていたそうです。浅草で売っている名物七味『やげん堀』もここが語源だとか。
 でも確か『両国薬研掘で売り出された』はずと思ったら、大川のこちら側にも『日本橋両国』って町名がかつてあったのね。

 今でもジャスト薬研堀があった近辺に『大木唐からし店』ってのがあります。今度買いに行ってみよ。

 このまま書いているとまた食い物ネタで終わりそうだから、詳しいことを知りたい方はこちらを見てください。


 え〜と。
 都営浅草線から新宿線に乗り換える通路の壁に、なにやら不穏な気配を漂わせている謎な窓が……。


 中は暗くて非常に不気味です。一体コレは何?


 『臭気判定士秘密の七つ道具−その2』DC9V白色6連LED投光機で照らしてみると。おお!コレわ妖しく美しい光景が。


 壁の内側を湧水が走ってたんだな。あまりにも奇景になってしまっていたから埋めるに忍びなかったらしい。良いコトです。


 と、喜んでばかりもいられない。この近辺は川やら運河に囲まれているようなものですから、ひとたび大雨台風が来たらすぐ水浸しになってしまう。


 このコンコースに設けられた、7.5cmPaK40L46でも撃ち抜けるかどうかって超ヘヴィな防水扉を見れば、いかに重大な浸水が起こる恐れがあるかってのが良くわかります。


 あれ? 溶接しちゃってる。これ閉まらないのか?





そんな中央区に注目!

2009年6月 2日 (火)

千早振る 神代もきかず 龍田川


 え〜、“ダクトテープ”です。これで修理できないモノはありません。いわゆる“ガムテープ”より修理能力は高いです。
 アポロ13号だって、ダクトテープがなけりゃ帰還できなかったかも知れないって位で。
 「ダクトテープで直せないのは男女の仲だけ」なんて格言がアメリカじゃあったりなかったり。壊れてしまったGMもこれで修繕できないのか?


 で。臭気判定士の素人修繕もこれで行う。何か知らないけど割れちゃった消臭剤噴霧装置のPE製タンク。


 PEの板をエポキシ接着剤で貼り付けて、その上からダクトテープ。この上に、さらに何重にも重ね貼りしました。どっちかって言うとダクトテープの方が主な修理だな。


 それで……。


 『ひろぽん』さんが言ってた“唐揚げ”って、もしかしてコレ↓でしょうか?


 『ひと口大に切った鶏肉に下味を付けて小麦粉をまぶして揚げる』つーオーソドックスな料理とは別物で、『縦二つ割りにした鶏に塩味を付けてそのまま煮えたぎる油に放り込む』豪快な料理です。

 注文を受けてから揚げ始めるので、持ち帰りするためには店の前で油煙にまみれながら15分ほど待つことになります。夕方にはここの商店街このニオイだらけになってます。マヂで。

 そして、めでたく鶏が揚がりますと、アチくて持てないようなのを経木に包んでビニール袋に入れて包装してヒモまでかけてくれます↓。「何て大げさな」とも思いますが、包みを手で持つなんてのは不可能です。



 そしてこれがまた。

 半端なく良いニオイを周囲2メートルほどに漂わせてしまうんだな。

 持ち歩くと後方5メートルくらいまでニオイの航跡引きずります。従って事務所に持ち帰るなんてことは不可能。(写真は以前の)

 で。航跡と言えば船なのですが。唐揚げ素揚げと来たらやはり竜田揚げを思い出さずにはいられません。
 どーでも良いコトですが北海道では唐揚げを“ザンギ”と呼びます。

 “竜田揚げ”の“竜田”ってのがナニを指すのか、あんま気にしているヒトいないと思いますが。知ってるヒトは自分をヲタかも知れないと疑った方が良い。
 
 在原業平の歌がどーたらなんて解釈もありますが、非情にこじつけっぽいです。
 それより『軍艦の厨房で唐揚げを作ろうとしたら小麦粉が切れていて、仕方ないから片栗粉で作ってみました』って説明の方がよほど説得力がある。
 小麦粉より片栗粉の方が安いし。海軍の中でそのレシピが広まって、さらに主計兵が退役してからあちこちで作って広めれば、一気にメジャーな料理にもなる。

 で、初めてそれをやった軍艦の名前が軽巡洋艦の“龍田”だそうです。……ってコトは“神通揚げ”とかにもなった可能性があるんだな。他にも“鬼怒揚げ”とか“球磨揚げ”とか“長良揚げ”とか“夕張揚げ”とか……(以下略)。

 ちなみに……。『竜』は『龍』の略字ではないそうです。それぞれ独立しているらしいんだな。何か神的聖的な意味合いを持っているのが『竜』だと読んだような気がしたが……。

2009年6月 1日 (月)

皐月水無月水だらけ

 え〜。昨日は午前中だけ現場確認がありまして、帰ってきてあれこれ片付けなんかやろうかなと思っていたらいきなり豪雨でした。いーかげんこの雨、どうにかならんのか? と思っていたらもう6月か。

一ヶ月早っ!



 いつもこーやって高速で時間が過ぎて、休出したのも忘れて代休取らないまま次の休出が来ちゃうんだな。現場いっこ延期になったからさっそく明日は代休取ろう。





で。唐突に

 『しげくにや55ベーカリー』の“きびなごクロワッサン”です。マヂです。サイドバーの“ハナちゃん”がニオイを嗅ぎまくっております。
 さっくりしたクロワッサンの中からつーか、お頭もシッポもハミ出してますが。一夜干しきびなごが潮の薫り高くミスマッチ的な面白さを……。

 う〜ん。確かに面白いし美味しいけど。これは「クロワッサンときびなごを一緒に食べた」だけだな。何かもうひと仕事欲しいぞ。
 きびなごのお腹にローズマリーの切れ端乗せておいて、パクッと食べた瞬間に香りが立つとか。セージでも良いけどインパクトはローズマリーだな。明日あったらまた買ってきて実験してみよ。



関係ないけど。潔すぎるそば屋。(ねたミシュラン) 



……ちょっと待て。




これで『営業中』ってコトは。



失敗したそばを出してるのか?


だとしたら、このそば屋並にふざけてるぞ。





まとめちゃったほうがいいもの

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック