« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

外風呂風情


 昨日調査で某『こうきうマンション』に向かう途中で見かけた家。


 住宅だけどスタジオなんだな。ぐぐってみたけど情報はあんま出なかった。


 手前角の物置小屋みたいなもの、エントツが付いていてどうやら外のお風呂らしいです。窓際にバスマジックリンとか見えていたから、もしかして現役?
 やっぱ洗面器持ってタオル提げて行くのでしょうか? 何とも優雅な気がします。

 それで思い出したのだけど、昔まだ風呂なしのアパートが珍しくなかった頃。アパートのベランダにユニットバス(現代のユニットバスじゃなくて、カプセル型風呂ユニット)を『ごん』と置いていた豪快な家を見たことがあります。
 もちろん密閉型通路が繋がっているワケじゃなくて。ベランダの窓を開けて、ユニットバスのカーテン開けて、一瞬外気に晒されて出入りするんだな。
 で、しばらくすると腰にタオル巻いたお父さんがまたベランダから戻ってくるワケだ。
 北海道だとその一瞬で髪なんか凍ってしまいますので、多分こっちで見たのだと思いますが。




物件リポート

2009年7月30日 (木)

放熱の方法

 ウチでも一度は庭に『緑のカーテン』を作ってみたいとは思っておりますが。やはりそう簡単にはいかないもので、へろへろの朝顔が2mほど伸びて終わったりします。
 無敵の生命力を誇るジャスミンをベランダに誘致するって手もありますが、今でさえエアコンの室外機に絡みついて迷惑してる有様ですので、ハイパーリスキーな話です。

 エアコンと言えば。

 今月の中頃になって、ようやくエアコン点けて寝るようになりました。リビングのを『涼快』モードにして寝ます。ちょっと前までアイスノン枕を使っていましたが、アイスノンを巻いたタオルがびしょびしょで気持ちが悪くなります。毎日枕干し。

 気持ち悪いと言えば。

 “にゃぢ”がフローリングのあちこちで『べたん』と寝転がって涼を取るもので、歩くとフローリングがまだらに熱くて困ります。寝跡を踏んで思わず「うお!?」と声が出てしまいます。
 最近ちょっと元気がないので、アルミの『ひんやりボード』とか買ってやろうかな……。
 アルミで放熱ジャケットとか作って着せたら……、絶対ムリだな。

 ちなみに。『ネコ用重武装キット』(GiGAZINE)。買うならペット用品店じゃなくて『トイザらス』だろうな。やっぱミサイル装備のを……、絶対ムリだな。




快適に過ごす

2009年7月29日 (水)

手も頭も休めない

 今日から調査3連戦です、でもまだ報告書を2件書かなくちゃならない。だんだん案件をこなしきれなくなって参りました。頭おかしくなりそう。


 で、またこんなモノも来る。クロスと糊。


 糊塗って〜。


 バッグに詰めて〜。


 恒温槽に放り込みます。


 45℃でじっくり焼きます。現場のニオイは再現できるでしょうか?


 焼き上がりを待つ間、別の現場で使うオゾン脱臭装置の改造をやらかします。ほとんどジャンク部品の寄せ集め。極狭空間にタバコ臭がこびりついちゃったので、普通の機械が使えないんだな。

 常時3つも4つもの案件を頭の中でごちゃごちゃ考え続けておりますので、そりゃおかしくもなるわな。

 しかし王子駅が石神井川にトイレ汚水タレ流してた件、東京都とJRで水質改善やらの費用折半ですか(iza)。

 あの辺で高速道路の工事をやったとき、ゼネコンに相談されて水質改善の“GB1003”ってバイオ剤撒いたら良く効いたんだけどな〜。その年はスカム(浮き汚泥)が全然出なかったそうだ。
 川底のヘドロがみんな分解されちゃったんだな。あれを毎年実施していれば、悪臭騒動なんか出なかったのに。

 多分川底のヘドロ汲み上げをやるだろうから、恐ろしいニオイが発生すると思うのだが。どう処理する予定なのか。

 今からバイオ剤撒いておいた方が良いですよ〜。都のヒト。




水辺がキレイな街♪

2009年7月28日 (火)

無視コナーズ


 この間の日曜は小平の住宅を調査&脱臭の下見でした。「鷹の台駅」を降りると、人は皆ぞろぞろと線路沿いを歩いて玉川上水沿いの小道に入っていきます。灼熱の商店街を抜けるよりはるかに快適。


 玉川上水を渡るささやかな鉄橋。


 絶滅危惧種に入り始めた新101系が渡っていきます。


 西武国分寺線は基本単線で、駅だけ複線です。鉄人としてはやはり単線には萌えなくてはいけません。タブレット交換とかはありませんけど。

 非常に静かで、車の通行も少なく。そこそこ暮らしやすいのではないかと思われます。虫は多そうだけど。


虫と言えば。



 何か「『虫コナーズ』が効かない、蝿がとまってやがる!」ってのが一部で話題になっております。
 しかし禁鳥じゃなくて金鳥の製品情報には『対象害虫:ユスリカ、チョウバエ』って書いてあるんだな。




つまり




ヤブ蚊やイエバエには効かない。



 ユスリカ(蚊柱の正体)はともかく、チョウバエなんてヘタすりゃ家の中で発生してしまいます。



ってコトは。




チョウバエが出て行かない。



 これは一体何のための効果だ? ちょっと金鳥に訊いて……、意味ないか。

 そう言えば、全然使っていないW-ZERO3(かめむし参號)が『電子香取り』に変身するソフトがあるそうです(窓の杜)。庭で試してみよ。でもその前に充電してやらんと……。




快適に過ごすために

2009年7月27日 (月)

シャワートイレの危険な盲点

 暑さと仕事の連続と風邪が微妙に残っていて、頭の働きが鈍っているような気がします。気力ない。調査報告書が3本残っている上に座長報告も書かなくちゃいけません、忘れないうちに。
 気力もないと体調も思わしくありません。もしかして、ついでに微妙に夏バテしてるのでしょうか?

 最近またトイレがらみの案件が出て参りまして、だいたい温水便座がおかしくなったのが原因だったりする。


 ちょい前のタイプだと『触媒脱臭でフィルター交換不要』なんてのが多かったようですが、ほとんど全てトラブってます。“脱臭装置”じゃなくて“発臭装置”になっちゃってる。
 たぶん触媒にくっついたホコリやら何やらが反応してニオイを出してるのだと思いますが、消耗部品も点検も不要なタイプの脱臭装置は要注意です。
 排気を嗅いでみて変なニオイが強く出ていたら、脱臭機能はオフにした方が良いです。もし触媒が詰まっていたら、そのうちファンも壊れます。

 あ、そう言えば。ヤフーニュースで『貯湯式の温水便座のタンクで細菌繁殖』ってのがあったな。
 洗浄シャワーの温水は、タンクに貯めて暖めておく方式と、瞬間的に過熱する方式があります。タンク式のはシャワーをずっと使っているとそのうち水になっちゃうタイプ。
 
 このタンクの中は36℃くらいに暖められているもので、すぐに水道水の塩素が飛んじゃう。すると菌の繁殖に絶好の条件ができてしまうんだな。

 結構今でも『衛生面で不安』とか『気持ち悪い』と感じて、温水便座があってもシャワーを使用しない人が少なくはないそうで、特に女性は6割近くが「使わない」らしいです(誠)。

 そう言えば、使う前の便座の消毒薬なんかを用意しているデパートは多いけど、温水便座自体の消毒なんて考えてもいないだろうな。

 う〜ん。温水タンク内の消毒かぁ……。また嫌がられるだろうけどINAXに訊いてみようかな。



安心安全のノウハウ

2009年7月26日 (日)

座長ブルー


 『第22回におい・かおり環境学会』の2日目でございます。ちなみに今日も現場があるので、フツーに出勤しています。曜日感覚が完全になくなってます。


 ぎりぎりまで講演要旨を読んで、何とか座長質問をひねり出そうと苦悩する私。


 講演者位置から。向こうに座長席が見えます。あそこに座っているだけで、もの凄いプレッシャーがかかります。
 何とか終えたのは良いのですが。安堵のあまり最後の学会委員長挨拶のアナウンスを忘れてしまい、非常に締まらない状態になってしまいました。

 今年のオーガナイズドセッション(あるテーマを決めて論文を募集し、そのテーマに沿って発表・討論を行う)は『新しいにおい提示方法の動向』ってテーマでした。

 こう書くと、何か難しいような気がしますが。実際はもっと難しくてもの凄い量の内容でした。それを……、怒られそうな気もしますがあえて3行にまとめてみると。(大暴挙)

・空気砲のシステムでにおい付き広告が打てる。
・においで視線と意識の誘導ができる。
・でもにおい情報は視覚イメージや音の情報に優位性で劣る。


 加えてあと1行

・人間はニオイの同定能力が低下しちゃってるから、どうしても視覚で追確認する必要があるので『視線誘導』が起こる。

 2行になっちゃったけど、これは重要なことだぞ。

『ニオイ情報だけでは充分ではないってことを脳が知っているので、視覚による追情報を求める。つまり無意識にニオイの発生源を探してしまう』

 ここまでは良い。しかし。

『そのニオイについて明らかな発生源を認めることができないと、不十分な情報によって“安全/危険”などの判断を下さなくてはいけない』

 ことになるんだな。

 これが。通り過ぎるだけの場所で出会ったニオイなら、忘れてしまえば何の問題もないけれど、『自分が住み暮らす場所』で不明なニオイに出会ったら、そりゃ不快で不安だな。ストレス感じるわけだ。
 住まいの嫌なニオイってのは、根源的な部分で人間にとって危険だとも言えるようです。


 2日目の座長弁当、ゴハン4種入り。もしかして去年と同じか? 唯一私が嫌いなチェリーのシロップ漬けが入ってるぞ。
 もういっこの“イカの塩辛"は嫌いなのじゃなくて「食べられない」のだ。


 これは“ランチョンセミナー”の無料昼食。結構ボリュームある。「余ったからどうぞ」と言われたけど、朝に『メガホットドック』食べて若干胸焼け+座長緊張で辞退しました。


 ついでに。何だかよく分からない味だった『キリンコーラ』





「分からない」を解決

2009年7月25日 (土)

学会2日目

今日は座間長仕事があります。きっぱり専門外の内容です。
難しいから会場から質問が出ないと困ります。
















どうすればいいの?

学会初日


 会場の『東京工業大学』に向う直前に大雨が降りまして、そのせいか聴講者の出足が悪かったようです。
 でも午前の発表が終わる頃には去年並みの来場者数になったようでした。


 携帯の写りが悪かったので、も一度アップする。ゴハン多いです、いいけど。


 非常に気になったのがこの発表。口頭発表でも行われた長谷工と千葉工大の研究を技術的な側から補足した島津製作所のポスター発表。


 いろいろな建材から採取したにおいを『におい嗅ぎGC/MS』って機械で人の鼻で嗅ぎ分けて成分ごとに分解していきます。


 黄色い枠が『ナマ』を嗅いだ評価。それを分解していくと、赤い枠で書かれたニオイになります。まだ始めたばかりで手探り状態らしいですが、どんなことが解明されるのか期待です。





しっておきたいこと

2009年7月24日 (金)

座長弁当♪

初日午前中の発表が終わりました。家庭用ロースターの排気効果とか。
長谷工さんが新築住宅の室内におい測定とか、住宅生活関連の研究発表が増えています。VOCがひと落ち着きしたから『におい』に向いたんだな。
ところでこのエビ、割り箸だけでどう食べたら良いんだ?

変身!先生モード!

今日から『第22回におい・かおり環境学会』です。まだ先生モードに切り替わっていません。
今日は座長じゃないから大丈夫か。

















チカラUP講座

2009年7月23日 (木)

何が『チン』なのだ?

 一日療養ちうです。

 置き薬屋の咳止め。『ストップチン』

 ストップは良いとして、『チン』ってのは何を表しているのだ?



しかしこれ




もンの凄く苦い


 これを飲んだら寝てなんかいられなくなります。思わず甘いもの食べる。成分は……、『リン酸ジヒドロコデイン』か。間違いなく効くヤツだな。
 でもこれだけ苦けりゃ、違う目的でごっそり飲むのなんて不可能だな。

 この苦さ。もしかして食欲がない時のカロリー摂取促進作用か?



知っておきたい知識

皆既大作戦


 部分日食ちうの東京新宿です。別に変わったことはありません。少しは薄暗くなったり肌寒くなるかと思いましたが、何の変化もないです。
 「太陽と月の見かけの大きさがほぼ同じだなんて、誰かが仕組んだ奇跡としか考えられない」とか故アジモフ博士がおしゃっておりましたが、確かにそう思う。

 主星(地球)のサイズに比べて衛星(月)のサイズが異常にでかいし、しかも異常に近いし。さらに自転と公転がおかしいし。誰かが何か考えて仕組んだに違いありません。

 本日、やっぱり風邪で臨時休業しております。学会の委員はどうあっても休めませんので。熱はないけど喉と鼻のコンディションが最悪。これで昨日はよく2箇所も調査をこなしたこと。

2009年7月22日 (水)

ペーパーワーク

 線香花火ってのは、いかにも『日本の花火』と感じる風情があります。30本入って95円って言うお値段も物悲しくて良いです。火薬のニオイが郷愁をそそります。


 でも最近は花火セットの中で肩身が狭そうに、まるで弁当の柴漬けみたいな添え物扱いでしか売っていません。

 あちこち探して、ようやく吉祥寺はロヂャースの片隅で入手。何しろ境には純粋な玩具屋さんがなくなってしまいましたので。
 こんなコヨリに0.08gの火薬が入った花火でも、しかっかり煙が出ます。火薬ってのがいかに凄い化合物なのかがよく分かります。
 しかしそれ以上に。紙とちょびっとの火薬と、さらにちょびっとの金属化合物でもってこんなはかなくも美しい光を作り出す技に改めて感心。

 ってなことをやって遊んでいたら、どうやら風邪をひいてしまったらしいです。花火の煙でノドが痛いのかと思っていたら昨日から鼻水も出て来た。
 どうも札幌から帰ってきた時から体調良くなかったのはコレか。相変わらず、風邪をひいても気がつきません。もう今月は学会やら何やらで休みがないのでかなりヤバいです。

 いや。私の風邪はどーでも良くて……。良くないか。今月もまだ調査2件こなさなくちゃいけないから。

 紙の技術ってのは日本が一番かと思っていたら、そうでもないらしいです。ドイツで発明されてスイスで製造されている『スイスセル』って資材は「1平方メートルで200トン以上を支えることができる」そうです。どうもハニカム構造のセルロースに樹脂を含浸させたものらしい。
 これで住宅を造ると、何と6000フラン ( 約51万円 )で充分暮らしていけるものができるそうです(swissinfo.ch)。


ちなみにこんなの


 キッチンが1つと寝室が2つ、シャワー、そして外には畜殺場。これが広さ34平方メートルのアフリカ用もしくは紛争地帯用のニーメラー式モデルハウスだ(記事より)。

 さしかけの部分が『畜殺場』でしょうか。住宅にそのような場所を設けることを考えられるあたりが、さすが西洋人って気がします。トイレは屋外共同なのかな?
 
 それはともかく。セル(空気)を抱いた紙ですから、断熱性能と強度を兼ねた良い資材だと思います。全体の重量がどれくらいなのかが気になります。
 男手6人で持ち上がるとか、牛で牽けるなら引っ越しも簡単。でもしっかりアンカー固定しないと風で飛んでいくな。もし壊れた時は木工用ボンドで修理できるのかな?



和の暮らしを見直す!モダンジャパニーズ

2009年7月21日 (火)

検証不能

 調査の現場続きでデスクワークが追いつきません。報告書書きだけじゃなくて、実験もやらなくてはいけません。


 現在3検体が『発臭試験』ちうです。建材が犯人としか思えないニオイでも、現場で確認するためには壁を壊さなくちゃいけない場合もあります。
 「家を壊してでも確認して」とおっしゃるお客さんはめったにいませんから、メーカーからテストピースを取り寄せて実験することになります。これがまた手間と時間がかかる。

 昨日の現場も、やはり建材臭としか考えられないニオイでした。


 システムキッチンの下、怪しいモノは何もありません。でもずーっと気になるニオイが出続けています。

 こうなれば、やはりメーカーに頼んでテストピースを……。え? この間倒産しちゃったの?

 マンション販売不振で品物の動きが悪くなったとこ持ってきて、デベの破綻2件喰らってトドメ刺された? う〜ん、変なところでこっちにまで不況のしわ寄せが来たなぁ……。




手間を少なく

2009年7月20日 (月)

うナ擬?

 昨日吉祥寺の熊本物産館で買ってきた『長ナス』全長およそ60センチ。ウナギにしか見えません。
 ベーコンをはさんでチーズを乗せて焼きました。それでもまだ半分残っています。

 今日は朝から船橋で調査、午後はたまっている報告書にとりかからなくてはいけません。




ちょっと目新しい

2009年7月19日 (日)

地平に咲く

 書き忘れていました。夕べは調布市多摩川の花火大会でした。


 ウチでは恒例になっている屋上開放がありまして、結構住民の方が見に出てきていました。


 上の写真は超高感度、普通に撮ったらこんなです。夜に入っても結構暑い、持って行った缶ビールがたちまち温くなりました。


 調布の飛行場との関係で、南側には高層建築が建ちません。従って飛行場がある限り、近所ではここが一番高い建物。

 この次は25日に立川まつりで昭和記念公園の花火だな。多摩川よりちょっと距離があるけど、立川の方が空が暗いから良く見えるはずです。今度は双眼鏡を持ってこよう。




見に行こう!

雑排水管目視調査

 札幌強行出張から帰ってきて、今日はマンション管理士先生による雑排水管の目視調査です。これがあるので急いで帰らなくちゃいけなかったんだな。

 配管が必ずしも図面どおり施工されているとは限りませんし、工法まで読めない部分もあります。それに何せ大昔の図面ですから……。


 和室の畳を上げて、その下がどうなっているのかを調べます。
 このために和室からかなりの荷物を運び出しました。家中引越し直後みたいな状態です。


 合板の下に空間があり、さらにその下に捨て板が張られて、また空間があってコンクリになっているらしい。道理で断熱が良いはずだ。
 合板を上げずに構造がわかってしまいました。タンスを移動する場所まで準備していたのですが、まあ良かった。




事前の準備が大切

2009年7月18日 (土)

空飛ぶ臭気判定士


 調査2日目。今度はイレギュラーな空気流入を探します。こうなると這いずるしかありません。ちなみにご婦人トイレ内。

 あれやこれやで空気と臭気の侵入ポイントを特定して、緊急補修。


 終わったらもう開店寸前、お客様がいらしたら笑顔でお迎えしなくてはいけません。そんなコトにならないように、裏方は慌てて引っ込みます。デパート丸ごと調査全6時間でした。



 助手として来て頂いていた代理店の人に、最近お勧めの店に連れて行ってもらいます。今やもう『札幌ラーメン』のスタンダードってのは、何なのか判らなくなってしまったそうです。


 見た目は今風デザインですが、タマネギ挽肉モヤシを炒めてスープを注いで作る、昔ながらの作り方でした。懐かしい味です。


 日のあるうちに帰ります。明日も大変なので。おお瑞雲、違った太陽の傘か。


 雲の上で1時間ぼーっとできるっての、なかなかの贅沢です。ちょっと揺れるけど。


 このミズノのスポーツバッグ、レースのツナギ入れだったんだよな。もう25年くらい使ってるってコトか?




長く使うために

2009年7月17日 (金)

空挺調査


 手荷物検査場で、定期入れに入れてあったカードツールが引っかかりました。身に着けていた時はスルーできたのですが、さすがにX線では「ちょっと待って!」になりました。


 北海道の電車は、窓のガラスがポリカーボネートになるらしです。窓下のファンが実験車両っぽくて良い。
 どーでもいいのですが、向こうに見える黒い角型のトンネルが新千歳空港駅への入り口。何て唐突なのでしょ。


 で、空路はるばる札幌に来て、天井裏に入ります。


 空調機の中にも入ります。


 終わったらこんな時間でした。食の国に来たって言うのに、今日口にしたのはコンビニ食だけです。今日も引き続き昼まで調査です。




住まいのノウハウアーカイブス

2009年7月16日 (木)

出張ちう


 渡島半島上空、減速降下ちう。


 隣の座席に何かいます。




これはなに?

高層階で蚊に遭遇!

 『マンションの高層階に蚊などの虫はいるか?』って件、エキサイトニュースでも話題になっています(excite)。

 結果として……。って、私が勝手に結果を出すこともないが。いや、あるか。だって前に刺されたもの。


 現場はここ。確か14階。


 外の眺望はこう↑ 見事に都心あたり。

 こんな環境のこんな場所に蚊がいるってことは。この場所でボウフラが湧いていない限り外から侵入したってこと以外考えられません。

 一体どこから入ってくるのかと言えば。一番上の写真で右手にはエレベーターがあります。
 ここからの侵入の可能性は『2枚の自動ドア→エントランス→エレベーターホール』となり、必死に人間にくっついていない限りかなりの困難が予想されます。
 「高層階に住むセレブの血を吸うのだ!」と不屈の意志を持った蚊でなければ難しいでしょう。

 では次なる侵入可能箇所と言えば。やはり最初の写真奥の右側に、ちょっと引っ込んだドアがあります。そこはギャベージルーム(ごみ収集室)で、サービスエレベーターがあります。地下駐車場の清掃車ヤードまで降りていけます。
 空気的な遮断はかなり甘く、侵入の可能性が高いのは恐らくこっち。


 正面入り口周辺には植栽も多くあって、ヤブ蚊が発生できなくもない。しかも地下ピットの排気も出ています。

 タワーマンションのエレベーターは、モノによっては1階エントランスの空気をもの凄い勢いで吸い上げている場合もあります。カゴの扉が開いたら、蚊ぐらい簡単に吸い込みます。


 こーゆー中空天井抜け構造だと吸い上げ現象は起こらないかと言うと、そうも行かない。
 1階のエントランスホールは密閉構造だから、ちゃんとエレベーターシャフトが煙突現象を起こします。正面の自動ドアが開いた瞬間に突風並の外気吸い込みが起こります。
 その辺に蚊がいたら、あっという間に不法侵入です。

 さらに虫は蚊だけじゃなくて、意外なことに高層階にチョウバエが出ていたこともあります。原因は地下雑排水ピットの改修工事。
 あ、上のとは別のマンションです。


 後から設置した制御盤の配線鞘管がシールされていなかったのがそもそもの原因。
 サービスエレベーターシャフトの空気吸い上げでもって、雑排水槽からサイホンみたいに臭気とチョウバエを吸い上げて、あっちこっちのフロアにチョウバエを配布しちゃったんだな。




快適に過ごせるように…

2009年7月15日 (水)

何もかも過剰

 今週の『FLASH』に“美人すぎる「働きマン」日本全国縦断撮!”って記事がありまして。大嶋が出ております。


 いつものように、器材もどっさり写り混みますので相対的に本人の写真が小さくなってしまう。


 で。『エアコンからのニオイ』に関する相談が後から後から来ております。新潟からも札幌からも。
 だいたいは熱交換コイルなどに発生したカビが原因なのですが、薬液洗浄した後でもまたすぐに発生してくる事例もあるようです。こうなってくるとニオイの検査だけじゃ解決は難しい。トイレの時みたいにメーカーと協力したあたらないとムリっぽいです。
 そう言えば“サイキンのオハナシ”さんがエアコンのカビを捕まえる実験をやっています。これは実に良い実験です。結果に期待。

 エアコンに限らず、『殺菌消毒』と言うと塩素剤を考えてしまいます。消臭も同じような感じなのですが。
 しかしほとんどの薬はアルカリで、酸と言うと『過酸化水素』程度しか使われていません。


 で、こんなサンプルをいただきました。『過酢酸系洗浄除菌剤“アクトリル”』アルカリ性の薬では反応しなかったニオイ物質もこれなら分解できるかも。
 酸の雰囲気って作るのが難しいと言うかムリだったのですが、これならドライミストで発散できます。早いとこどこかで試したいです。




「長持ち」は過剰なぐらいに!

2009年7月14日 (火)

エコ暮らしネコ暮らし

 昨日は代休を取っておりまして、課題だったエアコンの掃除を実施。実はまだ今年になってエアコンを使っておりません。
 従ってと言いますか、先月の電気代は3千円台だったそうです。冬は暖房使いまくって1万2千円くらいだそうな。

 古い建物でコンクリートが厚いせいか、夏でもあまり暑くなりません。ここに来る前に2年ほど住んでいたところは、断熱が悪くてエアコンが全く効かない建物でした。

 そう言えば、無動力セミドライミスト発生装置をどこに仕舞ったっけ?


 エアコン掃除を終えて、庭で『におい・かおり環境学会』の資料に目を通します。もう来週の24・25日なのですが、忙しくて全然見ているヒマがなかった。

 向こうで“にゃぢ”が寝ておりますが、午後はあの辺が快適らしい。何せ優秀な温度センサーですから。


 朝はベランダのウッドデッキ上か、お向かいの駐輪場の屋根上。


 見られて落ち着かないのか、抗議しに来たらしい。どーでもいいけどお腹の『たるみ』が垂れてます。


 さすがに暑いのか、すぐに木陰に逃げ込む。そのまま夕方まで定位置で寝まくります。


 玄関ドアにスペーサーを噛ませて隙間を開けているので、夜になると良く風が通ります。ついでにネコも通ります。
 ここから出て行って、建物を半周してベランダから帰ってくることもあります。



快適エコライフ

2009年7月13日 (月)

スタンド・アローン


 またキルマークが増えてしまった『にゃぢっぽ』です。下の牙一本ないのによくハンティングすること。


 昨夜7時過ぎ、6階の理事さんから電話がかかってきました。「管理人室で何か警報が鳴っているらしい」とのこと。


 一緒に見に行く。確かにベルが鳴っているけど、外から見たのでは何の警報なのかが判らない。火災じゃないのだけは確か。各部屋の非常警報盤にも何も表示されていない。

 エレベーターとかの重故障警報についてはセコム介してオンラインになったはずだが、それ以外の単独警報についてはどーなっているのか判りません。
 ちょうど今、消防水槽の補修工事をやっているので、水槽が空だから渇水警報が出た……、はずないよな。消防水槽に液面センサーなんて付いているはずがない。

 仕方ないから管理会社の緊急コールセンターに連絡してセコムに来てもらう。
 電話が終わると、それを待っていたように警報が止まる。何で復旧した?

 セコムさんが来るのを待って一緒に盤を調べてみましたが、何の警報だったのかさっぱり判らない。もしかして警報自体の故障か?



安心安全のノウハウ

2009年7月12日 (日)

相模に詣でて願を喰う

 朝っぱらから『にゃぢ』がネズミ獲ってきました。しかもでかい。これでしっぽのキルマーク何本目でしょうか? 管理組合に感謝状を申請しようなか。
 おかげで朝から穴掘りです。もう埋めるところがありません。最初の犠牲者はもうお骨かな。


 まあそれはそれとして。

 腰の治療のため(?)に、移転した相模大野二郎に行ってみたりしました。あの看板の字は店主直筆ですか(ラーメン二郎ブログ)。

 ここは仮店舗なのか、それとも完全移転なのか気になります。駅からかなり離れてしまいました。しかし前のお店から比べれば夢みたいにキレイで快適です。

 大野国じゃなくて、元大乃国関から。

 ……何かあります。

 何でしょう。『マシの神』でしょうか? 大豚完食の願をかける時にはお賽銭を入れてあの鐘鳴らすのでしょうか。
 激しくやってみたいような気もしますが大顰蹙になる悪寒が大アブラマシです。何せ異様に静かな店ですから。
 みんなよけいなこと話してる余裕なんかありません。必死で食べなくてはいけないから。

 この暑いのに熱いラーメン、『少なめそのまま』です。ここではニンニクを入れることによって味の完成を見るのですが、当然臭気判定士にニンニクは禁物です。
 『小』だって食べようと思えば食べられるけど、食事じゃなくて「作業」になってしまいます。

 相変わらずうめぇなぁ。でも、だんだんカネシが強くなってきているような気がするぞ。塩分控えめ生活を強いられる身としてはちょっと辛かったり。
 『黒ウーロン茶』を飲みながら食べているヒトちょくちょく見かけるのですが、何となく潔くないような気がしたりしなかったり……。 

 体を気にしているのかいないのか、どっちなんだ自分。



先々を気にして…

2009年7月11日 (土)

手の内を読む

 最近は住宅マンションと共に「テナントから苦情が〜」って案件も増えています。
 建った時の図面が残っていないなんてことも珍しくはありません。ひたすら観察、あとは推理。改装工事をやった業者の手の内を読むなんて、もはやニオイ調査の域を越しております。

 このように。外装まで変えてしまいますと、マンホールが埋まっていたり、配管が隠れてしまったり。もう調べるのが大変なんだな。

 ところでコレは何でしょ? 活け作り用の水槽?

 「ご自由にお持ちください」と言われましても、こんな180センチ水槽を「ひょい」と持って行くヒトはいないと思うぞ。たぶん。

 帰りに寄った『三田製麺所』。最近あちこちに出店しているらしいけど、やはりここが本店ですか?

 これは中盛り(700円)。まるで麺がうどんです。

 濃厚スープが良くからみます。これは美味い、酸味立ってないし。
 普通に食べていてもスープ割りするほど残りません。言えば注ぎ足ししてくれるらしい。歌舞伎町にもあるのか。今度行ってみよ。



いろんなところへ行ってみよう

2009年7月10日 (金)

冷え冷え30分

 会社の近所の、スナックみたいな店が閉店して『エゲレス風エールの店』ってのができました。


 偵察に行った連中によると。「店自体は結構なのだが、客のほとんどがタバコを吸っているので非常にケムい」らしい。スモーカーたちがこーゆー店に集中しちゃってるんだな。


 何を食ったのか聞き忘れてしまったが、この『本場のフィッシュアンドチップス』は本場通りにマズいのかどうか気になるところです。しかしタバコの煙もうもうでは、入る気が起こりません。


 ところで。


 以前にいただいた『皆勤賞』のアマゾン商品券。何に使おうか悩んでおりました。
 特に買おうかどうしようか悩んでいたのが『冷え冷えジェルマット』。寝るときに体の下に敷いて体温を吸収発散してくれる、この季節には非常に有り難いモノなのですが。

 ほとんどの製品がたった30分しか保たなかったんだな。(excite)

 これでは寝入りは良いとしても、やはり夜中に寝苦しくて目が覚めてしまいます。買わなくて良かった。

 何かジェルじゃなくて結晶状の塩でもって体温発散する製品もあるらしいです。(GiGAZINE→RX-7乗りの適当な日々)
 私は今年もアイスノン枕で凌ぐことにしよう。アマゾン商品券で『ゲバゲバ90分』買っちゃったし……。



まとめて買っちゃいたい

2009年7月 9日 (木)

空飛ぶロッキー君

 地方出張が来週末に決まってしまいました。もう今月は予定がぎっしりです。


 新幹線では行けない場所なので、1年ぶりくらいに航空券を予約。
 今ではネットで予約すると自動チェックインすら不要なんだな。IC付きカードかおサイフケーターイがあればそのまま乗れちゃう。そう言えばSUICAでも乗れるんだな。便利すぎるぞ。

 新幹線乗りっぱなし3時間はかなり苦痛ですが、手続き込み3時間の航空機移動は全然苦になりません。何せあの『数十秒で時速300キロにまで加速』って興奮が味わえます。
 でも札幌や福岡みたいな混む路線だと、乗客と燃料で機体が重くて難。閑散路線のMD-81なんかの方が加速感が味わえます。機体も地上に近くて、747に乗り慣れていると着陸がかなりスリリングです。

 スリリリングと言えばデビハランドDHCボンバルディアですが、これは幸か不幸か乗ったことがない。乗りたいとも思いませんが。

 喜界島に行ったときのSAAB340-Bも楽しかったなぁ。窓の外1mくらいのところでプロペラが回ってるのは、なかなか怖面白いです。



お出かけガイド

2009年7月 8日 (水)

星に願いを

 ベガとアルタイルの逢い引きがどうなったのか、地上からではのぞき見がかなわなかったようです。


 何せこんな“ミラクルロマンス”な月夜では星が見えません。


 高感度で撮ったら、もっとあやしいことに。間違えて月見ダンゴ供えてしまいそうです。
 昔の宮中では“索餅”って、麦粉と米粉を練って縄状にしたお菓子を食べるのだそうですが今ではどうなっているのでしょうか。冷泉家あたりでは現在でも普通にやっているかも。


 七夕とは何の関係もありませんが。


 ここ1ヶ月ほど毎朝これ↑です。弱り気味の時は糖分たっぷり「バリ半端なく甘い」MAXコーヒーなんか飲んだりもしますが。あーゆーミルクと砂糖が入ったコーヒーは飲んだ後で口の中のニオイが気になります。

 そう言えば前にも『コーヒーと口臭の関係(1)(2)って記事書いたな。

 それが今度はイスラエルの研究チームcが『コーヒーに口臭予防の効果あり』って発表しちゃったんだな(GiGAZINE→CNN)。
 
一体どっちなのよ?

 と誰かの胸ぐらつかんで問い詰めたくなりますが、やはりミルクと砂糖の添加が口臭の原因であって、コーヒーそのものは原因ではないってことだと思うぞ。

 しかしコーヒーの市場が不安定なことに加えて、時々起こる投機的な取引(一時暴騰してその後急落)。そーゆー現象はモロに農園の経営を直撃するそうです。
 するとコーヒー農園が荒れてこのまま行くと市場に充分な量のコーヒーが供給されなくなる恐れもあるそうです(ECO JAPAN)。

 どんな物も、世界の『何か』に繋がって思わぬ影響を与えたり被ったりするんだな。




価格見直しの影響が都内に!?

2009年7月 7日 (火)

ブラックディケイダー

 土曜は肉体労働(半分は農作業)日曜は調査と働きまくっていたもので、すっかり曜日感覚を失っております。
 注意力も集中力も減衰しております。ヤバいです。今日が何日なのか、しょっちゅう分からなくなる。
 それに、腰が痛くて座っているのが辛いです。立っていたり歩いている分にはどうってことないのですが、デスクについているのがものすごくしんどい。

 そこ持ってきて、どーやらまた遠くで調査やらなくちゃいけないらしいです。出張です。営業時間は外さなくちゃいけないから日帰りはムリです。相手はでかい建物ですから、もしかすると調査だけで2日かかるかも知れないです。こんな短期滞在グッズを揃えておいた方が良いかも知れません(誠)。


 もうすぐ『鈴鹿8時間耐久』なんだな〜。
 

 何だこりゃ、マーシャルマシンか。最近のはバイクだかスクーターだかわからない形してるな。


 ところでこれ、“DN−01”って、もしかして『ディケイダー』(G.S.R)の素体じゃないのか? しかし良いなこれ。


 特に小さい方が。



快適ツーリング

2009年7月 6日 (月)

青果主義

 転倒してしまったインキュベーターですが、農場からチェーンブロックの簡易なモノを借りてきて起こしました。
 二人でやろうと思っていたのですが『素人じゃ危ないから』と、わざわざ作業に来てくれました。確かに危険、二人じゃムリでした。どうもありがとうございました。

 これは私の草刈りの手間賃。労賃を全て野菜で支払うことを“青果主義”と呼ぶそうです。
 ナスにモロッコインゲン、巨大キュウリ(炒めて食べたら美味かった)ジャガイモ3種。トウモロコシは写真を撮る前に食べてしまいました。
 そう言えば。トウモロコシは水から茹でるのか熱湯に放り込むのか、塩はどのタイミングで投入するのか諸説ありますがどれが一番美味しいのやら。

 私は昔何かで読んだアメリカの農場式が正しいと思っています。

 『大鍋にたっぷり熱湯を沸かしてから畑に出る。トウモロコシを茎からもいだら全力で走って戻り鍋に放り込む。もし途中で転んだらそのトウモロコシは豚にでもくれてやり、新しい物を採りに戻る』

 ちょっと極端すぎます。それにトウモロコシ畑がないと不可能ですが。そして皮はいつむくのだ?
 

 この、火星の衛星みたいになっているのはオケラに掘られた跡。ミミズ食ってるのかと思ったら、雑食なんだな。

 ところで。起こす作業で腰に不具合が生じたようです。座っているのがけっこう辛いです。




緑と一緒に

2009年7月 5日 (日)

ミントカオス

 またもや群馬県の巨大ホームセンターに来ております。ここ、マジで1日じっくり見に来て見たいです。でも金使い果たしそう。

タイトルは『れとろん』さんとミントつながり。


 農家が多い地域のホームセンターってのは、ちょっとしたカルチャーショックを味わえます。


 これは芝刈り機とか発電機とか、今や絶滅危惧種となりつつある2ストロークエンジン用混合ガソリン。ガソリン25に対しエンジンオイルが1混合されています。ちなみにカストロールR30の場合は20対1でした。
 農地で使用されるものだから、燃料も生分解性なのかな?
 

 今日の一番の目的は実験室の引越し準備なのですが、「ある事情」で中断して実験農場に向います。実験植物の収穫準備、つまり雑草取り。
 左上にミントの群落が見えます。勝手に交配しちゃって何ミントだかもう解りません。たまに刈払機にひっかかると、エンジン排気よりも強く良い香りが漂います。こんなカオス的ミント群落があっちにもこっちにも。


 やれやれ。よーやっと4割くらい刈ったかな? トーモロコシとアスパラが発掘されました。天気もそう悪くないし、ジンギスカンでもやりたい気分です。ちなみに私は『生ラム』なんてない時代に北海道で暮らしていたので、マトンの方が好きです(iza)。


 日没で作業は終了です。フィナーレはおちびさん作業員たちの花火。


 それで……。私たちは中「ある事情」で断しちゃった引越し作業の続きがあるんだよな。


 これどーしましょ。コケちゃったインキュベーター(170kg)。




こけないように

2009年7月 4日 (土)

家庭用ドライミスト(量産型)

 お世話になっている会社が出展しているので、これ↓をちょっとだけ覗いてきました。


 『スプレーイングシステムスジャパン』に、「問い合わせがすごく多いから作ってみた」と言う『家庭用ドライミストユニット』が展示されたおりました。


 小型の2流体ノズルに小型コンプレッサーを直結しています。これでノズルがサイフォンで水を吸い上げます。
 ノズルの後ろにACファンが付いているけど、これ無くても良いんじゃないかな?


 水タンクは500ccペットボトルです。間違って『CCレモン』なんかセットしないように気をつけましょう。口の部分が合えば2Lペットボトルもセットできます。
 500ccを噴き切るのにだいたい30分程度かかるそうです。少々量が少ないような気がしますが、霧が超細かくて気化効率が良いので大丈夫でしょう。



 市販価格は18万くらいだそうです。エアコン並みですが、電気代はこっちのほうがずっと少ない。


 このままでも良いけど、格好良いカバーがあれば商品価値は上がるな、でもそうするとコンプレッサーの廃熱をどうするかが問題になってくるぞ。

2009年7月 3日 (金)

靴箱の湿気(+ニオイ)対策

 業者さんと一緒に調査に伺いますと「せっかく臭気判定士さんにに来てもらったので、他に何かニオイが気になる場所とか……」って話になります。

 やはり一番多いのが台所と玄関のシューズボックス。靴箱ですな。瓶入り重曹を置いたり備長炭を置いたりと、いろいろ工夫してはみるものの。だいたいの場合イマイチ満足できないことが多いようです。

 しかし『瓶に入れた重曹』がどうして脱臭効果が発揮するのか、臭気判定士的にはイマイチ理解できません。その状態で化学反応するはずないから、きっと湿気を吸収する際にニオイ物質も一緒に取り込んでいるのではないかと……。

 前に『はなまる』で実験をやったとき、湿度の低いテスト用バッグの中では全く脱臭効果が確認できませんでした。

 ってコトは。吸湿能力があれば一応何でも効果が出るってことで、『カラダのキモチ』でやったみたいに新聞紙を敷き詰めるだけでも効果は出ます。
 つーか。靴を充分に乾燥させてから入れるようにするだけで、ニオイは結構防げるのですが。

 で、ちょっと調べてたら。トステムからこんなモノが発売されていたのですね。『モイスNT』って珪藻土固めたような板で吸湿するワケだ。『エコカラット』と同じような効果だな。


 こんな風に↑デザイン性を持たせた『小割タイプ』ってのもあるそうです。
 だったらこれを棚板の裏だけじゃなくて、靴箱の中一面に貼り付ければ良いカンジで脱臭できるんじゃないか? 厚さ6mmだからそんなに空間食わないし。

 注意しなくてはいけないのは。吸い込んだ湿気とニオイは『モイスNT』の中にそのまま残っていますので、定期的に扉を開放して風を通して吸い込んだ湿気+ニオイを吐き出させてやらなくちゃいけないこと。湿度が下がる冬にやっておくのが効果的かな。



快適な玄関に

2009年7月 2日 (木)

菌ちゃんのどこまでやるの

 今さらですが。七月になってしまっております。

 もう5月あたりからじわじわとお仕事ピークが始まって、先月中頃からは週に2件のペースでこなしていかないと間に合わない勢いになってきております。
 何か『夏休み取ってね♪』のスケジュール表も回ってきておりましたが、「見た」ってハンコだけ押して回しました。これは毎年か。どーせ休もうとしても、狙ったようにその日に依頼が来ちゃうから。

 今年の夏は『何とか倒れずに乗り切る』ことが目標でしょうか。だんだんカラダに自信なくなってきました。

 そんなこともあるので、衛生面には気をつけなくてはいけません。

 何か台湾の歯医者さんが『3週間使用した歯ブラシには100万個以上の細菌が付着していることがわかった。これはバケツ9杯分の汚水に匹敵する細菌数だ〜!』(livedoornews)って発表なさったそうですが。

 ……しかし、20リットルとしても。たった100万程度の細菌しかいない汚水ってどこから出た汚水ですか? もしかして1ミリリットルあたりの水道水質基準をクリアしてないか? でも大腸菌が入ってたらダメか。

 実際、3週間どころか2〜3日で菌なんか増殖しちゃうと思うのですが、何せ歯の表面だってこんな状態ですから小太郎ぶろぐ)。細菌がいくらでも棲み着ける環境が整っております。抗菌ブラシなんて歯が立ちません。

 菌が心配なら使用後の歯ブラシには毎回オキシドールぶっかけて、口の中は最後にイソジンで濯いでおけば良いと思います。
 私実際に毎日やってます。ウチには恐るべき消毒毒薬がいくらでもありますから。

 消毒するにしても、歯ブラシってほぼ全体がプラスチックですから。熱湯なんかかけたら毛はチリチリ、柄は変形してしまいます。
 エタノールに浸したら、初めのうちは良くてもだんだん樹脂が劣化して表面がザラザラになったりします。
 キッチンハイターなんかに浸したら。きっとお口の中がさわやかな塩素の香りで満たされます。
 ハイターの濃度によっては歯の白さが増すかも知れませんが、そんな高濃度で使用するのはやめましょう。たぶん死にます。

 そこまでするなら週1で使い捨てた方がまだマシです。


 ……ん? まさか中国製歯ブラシの消費を増やそうって陰謀か?

 でも中国製安歯ブラシなんて、漏れなく最初から細菌が付いていても不思議じゃないって気もします。



 ……何せ。


 ファーストフードの中に『イヤなモノ』が平気で混ざっていたりする国ですから。GiGAZINE※虫注意



安心安全のノウハウ

2009年7月 1日 (水)

人間普請

 昨日の調査は都心の某所にある新築“こうきう”マンション。入居はとっくに始まっていますが、まだあちこち造作工事が続いておりました。

 リタイアした(らしい)初老のご夫婦から『引っ越したら家具に異臭が発生した』という相談内容でした。

 ご夫婦と一緒にオートロックを通過、笑顔で「お帰りなさいませ」と迎えてくれるコンシェルジェのおねーさんの前を通り、エントランスの先でもう一回オートロックを解除。これでよーやっと居住区に入れます。警戒厳重。


 しかし……。


 妙なのが、奥様の方が非常に神経をお遣いになっていらっしゃること。共用廊下ならまだ解りますが、専有部分に入っても小声で話し、物音をたてないようにしています。普通の声で話すと注意されます。何で?


 どうやら……。


 あまりにも静かな環境で、さらに防音が行き届いているものだから。


 自分たちの声や音が他所の部屋に筒抜けになっちゃうと思っているのではないかと。


 安普請のアパートじゃないんだから。どう考えたってここ1億近い価格の物件じゃないですか。中でカラオケやっても大丈夫なはずです。

 とりあえず音に関して気を遣うのは悪いコトではありませんのでスルーして、ニオイを調べます。お買いになってだいぶ経つのに、ニオイのためにまだ引っ越されていないらしいです。


 そしたら。


 家具は全然関係なくて、原因は壁内の建材臭でした。


 これ居住者じゃなくてデベロッパーが依頼してくるべき案件です。

 管理費も修繕積立金も高いだろうに。早く引っ越さないと損です。急いで報告書を書いてデベに対応してもらわないといけません。気を遣わないのもまずいですが、気を遣いすぎると損します。


 修繕積立金と言えば。


 こんなご時世なモノだから、管理会社による修繕積み立金の横領が続発しているらしいです。(GiGAZINE→asahi.com)
 面倒なものだからつい『白紙の請求書に捺印しておいた』とか『通帳と一緒に印鑑まで預けちゃう』なんてのは言ってみれば自業自得ですけど、「消せるボールペンで金額を書き直して横領」なんてのは防ぎようがありません。まさに犯罪。

 最悪、日本賃貸住宅管理協会の保証制度に加入している管理会社を選んでいないと、管理組合にも落ち度があるってことになってしまいます。





管理形態はマンション選びの重要選択肢!

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック