« 人間普請 | トップページ | 靴箱の湿気(+ニオイ)対策 »

2009年7月 2日 (木)

菌ちゃんのどこまでやるの

 今さらですが。七月になってしまっております。

 もう5月あたりからじわじわとお仕事ピークが始まって、先月中頃からは週に2件のペースでこなしていかないと間に合わない勢いになってきております。
 何か『夏休み取ってね♪』のスケジュール表も回ってきておりましたが、「見た」ってハンコだけ押して回しました。これは毎年か。どーせ休もうとしても、狙ったようにその日に依頼が来ちゃうから。

 今年の夏は『何とか倒れずに乗り切る』ことが目標でしょうか。だんだんカラダに自信なくなってきました。

 そんなこともあるので、衛生面には気をつけなくてはいけません。

 何か台湾の歯医者さんが『3週間使用した歯ブラシには100万個以上の細菌が付着していることがわかった。これはバケツ9杯分の汚水に匹敵する細菌数だ〜!』(livedoornews)って発表なさったそうですが。

 ……しかし、20リットルとしても。たった100万程度の細菌しかいない汚水ってどこから出た汚水ですか? もしかして1ミリリットルあたりの水道水質基準をクリアしてないか? でも大腸菌が入ってたらダメか。

 実際、3週間どころか2〜3日で菌なんか増殖しちゃうと思うのですが、何せ歯の表面だってこんな状態ですから小太郎ぶろぐ)。細菌がいくらでも棲み着ける環境が整っております。抗菌ブラシなんて歯が立ちません。

 菌が心配なら使用後の歯ブラシには毎回オキシドールぶっかけて、口の中は最後にイソジンで濯いでおけば良いと思います。
 私実際に毎日やってます。ウチには恐るべき消毒毒薬がいくらでもありますから。

 消毒するにしても、歯ブラシってほぼ全体がプラスチックですから。熱湯なんかかけたら毛はチリチリ、柄は変形してしまいます。
 エタノールに浸したら、初めのうちは良くてもだんだん樹脂が劣化して表面がザラザラになったりします。
 キッチンハイターなんかに浸したら。きっとお口の中がさわやかな塩素の香りで満たされます。
 ハイターの濃度によっては歯の白さが増すかも知れませんが、そんな高濃度で使用するのはやめましょう。たぶん死にます。

 そこまでするなら週1で使い捨てた方がまだマシです。


 ……ん? まさか中国製歯ブラシの消費を増やそうって陰謀か?

 でも中国製安歯ブラシなんて、漏れなく最初から細菌が付いていても不思議じゃないって気もします。



 ……何せ。


 ファーストフードの中に『イヤなモノ』が平気で混ざっていたりする国ですから。GiGAZINE※虫注意



安心安全のノウハウ

« 人間普請 | トップページ | 靴箱の湿気(+ニオイ)対策 »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

お邪魔しまーす。とてもお忙しいようで…お疲れ様です。また、ヘンなリンクでびっくりしましたshock。食品は中国製を避けて(リンクの虫さん以前に)暮らすようにしていますが、日用品・雑貨はどうしても中国製は安価で重宝してしまっています。…歯ブラシ、いろいろな面で洗浄徹底したほうがいいですねぇ、口に入れるものだし。家庭にも殺菌灯のついた箱(俎板も毎回殺菌したい)が欲しいと考えたことはありますが…梅雨もピークなのでいろいろな除菌活動を試みたいと思います。ウチの娘は臭気判定師匠が予想された通り、今チャールズ・ブロンソンがカッコイイなどと言っております(ダンナのDVD「軍用列車」を見せてもらったようです)。なんでブロンソン?!アタシ、理解できないわ!

ちゃーちゃん様どうもです♪まな板は消毒後すぐ乾燥ってのが望ましいので、私は無水エタノールをぶっかけて、そのまま立てかけておきます。すぐ乾く。うむ、やはり渋好みですね。日本人にも目を向けさせて、「緒形拳さんが良い」とか言わせてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735852

この記事へのトラックバック一覧です: 菌ちゃんのどこまでやるの:

« 人間普請 | トップページ | 靴箱の湿気(+ニオイ)対策 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック