« 座長ブルー | トップページ | 無視コナーズ »

2009年7月27日 (月)

シャワートイレの危険な盲点

 暑さと仕事の連続と風邪が微妙に残っていて、頭の働きが鈍っているような気がします。気力ない。調査報告書が3本残っている上に座長報告も書かなくちゃいけません、忘れないうちに。
 気力もないと体調も思わしくありません。もしかして、ついでに微妙に夏バテしてるのでしょうか?

 最近またトイレがらみの案件が出て参りまして、だいたい温水便座がおかしくなったのが原因だったりする。


 ちょい前のタイプだと『触媒脱臭でフィルター交換不要』なんてのが多かったようですが、ほとんど全てトラブってます。“脱臭装置”じゃなくて“発臭装置”になっちゃってる。
 たぶん触媒にくっついたホコリやら何やらが反応してニオイを出してるのだと思いますが、消耗部品も点検も不要なタイプの脱臭装置は要注意です。
 排気を嗅いでみて変なニオイが強く出ていたら、脱臭機能はオフにした方が良いです。もし触媒が詰まっていたら、そのうちファンも壊れます。

 あ、そう言えば。ヤフーニュースで『貯湯式の温水便座のタンクで細菌繁殖』ってのがあったな。
 洗浄シャワーの温水は、タンクに貯めて暖めておく方式と、瞬間的に過熱する方式があります。タンク式のはシャワーをずっと使っているとそのうち水になっちゃうタイプ。
 
 このタンクの中は36℃くらいに暖められているもので、すぐに水道水の塩素が飛んじゃう。すると菌の繁殖に絶好の条件ができてしまうんだな。

 結構今でも『衛生面で不安』とか『気持ち悪い』と感じて、温水便座があってもシャワーを使用しない人が少なくはないそうで、特に女性は6割近くが「使わない」らしいです(誠)。

 そう言えば、使う前の便座の消毒薬なんかを用意しているデパートは多いけど、温水便座自体の消毒なんて考えてもいないだろうな。

 う〜ん。温水タンク内の消毒かぁ……。また嫌がられるだろうけどINAXに訊いてみようかな。



安心安全のノウハウ

« 座長ブルー | トップページ | 無視コナーズ »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

ウォシュレット。(こう呼ぶとINAXの人は泣いちゃうかしら?/笑)外では絶対使いません!だって気持ち悪いもの!…あたしも6割の人側に入るみたいです(笑)あたし、裸眼で1.5くらいの視力なのですが、何かの拍子にシャワートイレのノズルを見てしまったのですよ。あれを見たら、大体の人は使いたくなると思う…。

がらさん毎度どうもです♪確かにシャワーノズルの構造によっては『う゛ぁぁぁ』な状態もありますね。ご使用になる方の「ご使用方法」に依るところも大きいような気もします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735882

この記事へのトラックバック一覧です: シャワートイレの危険な盲点:

« 座長ブルー | トップページ | 無視コナーズ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック