« 手の内を読む | トップページ | スタンド・アローン »

2009年7月12日 (日)

相模に詣でて願を喰う

 朝っぱらから『にゃぢ』がネズミ獲ってきました。しかもでかい。これでしっぽのキルマーク何本目でしょうか? 管理組合に感謝状を申請しようなか。
 おかげで朝から穴掘りです。もう埋めるところがありません。最初の犠牲者はもうお骨かな。


 まあそれはそれとして。

 腰の治療のため(?)に、移転した相模大野二郎に行ってみたりしました。あの看板の字は店主直筆ですか(ラーメン二郎ブログ)。

 ここは仮店舗なのか、それとも完全移転なのか気になります。駅からかなり離れてしまいました。しかし前のお店から比べれば夢みたいにキレイで快適です。

 大野国じゃなくて、元大乃国関から。

 ……何かあります。

 何でしょう。『マシの神』でしょうか? 大豚完食の願をかける時にはお賽銭を入れてあの鐘鳴らすのでしょうか。
 激しくやってみたいような気もしますが大顰蹙になる悪寒が大アブラマシです。何せ異様に静かな店ですから。
 みんなよけいなこと話してる余裕なんかありません。必死で食べなくてはいけないから。

 この暑いのに熱いラーメン、『少なめそのまま』です。ここではニンニクを入れることによって味の完成を見るのですが、当然臭気判定士にニンニクは禁物です。
 『小』だって食べようと思えば食べられるけど、食事じゃなくて「作業」になってしまいます。

 相変わらずうめぇなぁ。でも、だんだんカネシが強くなってきているような気がするぞ。塩分控えめ生活を強いられる身としてはちょっと辛かったり。
 『黒ウーロン茶』を飲みながら食べているヒトちょくちょく見かけるのですが、何となく潔くないような気がしたりしなかったり……。 

 体を気にしているのかいないのか、どっちなんだ自分。



先々を気にして…

« 手の内を読む | トップページ | スタンド・アローン »

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

おお!!ジローを召し上がるのですねhappy01相模大野へは、移転前に行こう、行こうと思っていたのですが。なにせ,近くにメグジが在るので禁断症状が出るとそちらで収まってしまいます。量的にも、胃に優しい、値段的にも懐に優しい、回転も速くて立って待つ事も短時間。中高年に優しいお店です。だけど、助手くんにはあまり優しくないんですけどね。sad

ひろぽん亭主さまどうもです♪会社から徒歩60秒のところに『小滝橋二郎』があるのですが、最初にあそこのを食べて「もう二度と喰わない」と思いました。各店でここまで味から何から違うところも珍しいですね。そう言えば『めぐ二郎』はまだ行ったことがないです。ウチでは昼に二郎を食べる時に「アブラとニンニク禁止」令を出しております。

臭気判定師匠殿相模原には小があるんですね。横浜は、小がないので、年に一度くらいしか行きません。普通盛りでも、あの量ですからね。despair

かなすぎ様どうもです♪30過ぎたら週イチ限度、40過ぎたら月イチまででしょうかねぇ。さすがに最近は『少なめ』でも途中で箸が止まります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735862

この記事へのトラックバック一覧です: 相模に詣でて願を喰う:

« 手の内を読む | トップページ | スタンド・アローン »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック