« バルト9 | トップページ | ペットボトルの忌避効果について »

2009年8月16日 (日)

ミドルスクーターの優秀機

 先日東映の陰謀にハマって観に行った映画、『シンケンジャー』の方の役者さんが新型インフルの疑いで舞台挨拶中止だそうです(iza)。
 ディケイドは撮り終わっているけど『シンケンジャー』はまだ後半続くでしょうから、影響が出なければいいのですが。

 で。

 ウチのマンション、駐輪場と別にバイク置き場がありまして、月額800円だったかな? いちお雨があたらない場所に置けます。
 と言っても。何しろ昔のモノでございますので、最近のスクーターなんか持ってこられたら、250ccでもハミ出します。今のところ皆さん原付ばかりなので問題ありませんが、駐車場使用細則を作り直す時にはその辺も考えないといけません。

 で、先日そのバイク置き場でキャンセルが2台分発生しました。

 そしたらこれがまた。止まっているた中でも一番の骨董品『リトルホンダPc50』と『ダイハツソレックス』。

 ちょっと! あれどこにやったの まさかスクラップ出したんじゃないだろな!?annoy

 マフラー破れて凄い音になっていたけど、あのリトルホンダは惜しかったぞ。最近はバイク買取が盛んだから、そっちに流れて無事次のオーナーさんに大事に乗ってもらいたいものです。

 そうそう。『バイク王』みたいな業者が頑張ってくれるせいか、最近は「え? あれ再生産したの?」と思ってしまうような「骨董品の新車」が走っているのを見かけます。
 先日見かけたのは『ホンダ スペイシー250』の旧型。あんなモノがどこに眠ってたのやら。
 ビックスクーターの元祖で、水冷エンジン積んだのもこれが初めてじゃなかったかな? 現在のビックスクーターみたいにやたら長くありません。運動性はバイクに負けなかったから、結構報道バイクでも使っているのを見ました。

 再生産して欲しいのはホンダの『リード80』かな。

Ss
 これ↑は後期の『80SS』ディスクブレーキとか付いたけど、設計変更と重量アップで軽快さがなくなちゃったモデル。
 確か初期のTVCMにはビヨン・ボルグが出ていたな。旧型はステップのところにベルレイオイルの12本入りケース置いて運べます。
 さらに旧型はシートエンドと純正キャリアの高さが同じだったので、とんでもなく大きな箱でも積んで走れました。たぶん違反ですけど。
 今のモデルみたいにメットインは付いていませんが、車体に似合わない驚異の積載能力がありました。

 その、仕事に使っていた初期型リード80で『1時間耐久』ってレースに参加したことがありまして、あれは楽しかった。走りに関係ないモノ全部外して、エアフィルター外してマニホールド研磨してキャブ調整して。タイヤは今はないダンロップTT100の10インチ。
 直線でメーター振り切りました。タイヤのエッジ溶けて、その後エンジンスカスカになりましたけど。さすがは『スポーティースクーター』で無改造クラス2位に入りました。

 最近のスクーターは全部4ストになってしまったから、あんなに元気良く走る車体はなくなっただろうな。

« バルト9 | トップページ | ペットボトルの忌避効果について »

ムダなこだわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735901

この記事へのトラックバック一覧です: ミドルスクーターの優秀機:

« バルト9 | トップページ | ペットボトルの忌避効果について »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック